1. 車査定のマニア
  2. 中古車
  3. ≫中古の金融車は手を出すべきでない?絶対に知るべきメリット・デメリットを解説

中古の金融車は手を出すべきでない?絶対に知るべきメリット・デメリットを解説

中古車を真剣に探していると、たまに目にすることになる「金融車」について気になっていませんか?

金融車とはローンの支払いが終わっていないにもかかわらず、中古車市場に出ている車のこと

ネットの記事を見てみると「金融車は安く手に入り、リスクもそこまで存在しない」と書かれています。

しかし実は中古の金融車はデメリットだらけで、購入することそのものが危険ということをご存知でしょうか。以下をご覧ください。

メリットデメリット
車体価格が安い保険会社によっては任意保険に加入できない
車検に通らなくなる可能性がある
永久抹消登録をする事ができない

このように中古の金融車には「安い」というメリットもありますが、どちらかというとデメリットばかりなのです。

もしこの事実を理解していなければ、最悪の場合、安さにつられて中古金融車を買ってしまい、後々にトラブルが発生したかもしれませんよ?

しかし、ご安心を。今回の記事では金融車とは何なのかという基礎知識はもちろんのこと、メリット・デメリットもしっかりと解説しています。

「金融車は基本的に買いなのか」「どうすれば金融車以上に安い車を手に入れることができるのか」という点も深掘りしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

【基礎知識】金融車とはどんな車?なぜ危ない?

中古車販売店

金融車とは自動車ローンを組んで購入した車のうち、前の購入者がローンを完済する前にやむ終えず売却又は手放し、ローンが残った状態で流通している中古車のこと。

なお、自動車ローンといってもすべての自動車ローンが該当するわけではなく、所有権者があなたになる銀行のマイカーローンの場合は、金融車には該当しません。

所有権者がお金を貸している会社である「信販系ローン」や「ディーラー系ローン」を組んだ場合にだけ金融車となります

中古の金融車はなぜリスキーなのか

金融車は「ローンが完済されておらず、所有権も留保されており、尚且つ名義変更もできない車」です。

早い話、名義変更ができないというのがリスキーな要因なのです。購入しても自分のものにならない中古車なんて、リスク以外の何者でもありませんよね。

たとえば、以下のような事項が発生した場合に「金融車」と化してしまいます。

  • 前使用者が金融車買取店に車を売却した
  • 車を担保にしていた借金の返済が滞り、担保としていた車が取り上げられた
  • 自動車ローン以外の借金の返済が滞り、車が代物弁済に充てられた

上記以外にも原因は考えられますが、共通するのは「自動車ローンを組んでいる会社以外の第三者に車が売却・手放されている」という部分です。

借金等の返済が滞った場合、普通は所有権を持っている信販ローン会社等が該当の車を処理するのですが、上記のような要因が発生すると、ローン会社を経由する事無く車を処理します。

そうなると、ローン会社的には所有権留保の目的を達成する事ができず、ローン会社は所有権を保持し続けざるを得ません。

所有権留保の目的は、債務者がローンの返済ができなくなった時に車を引き上げて、未返済部分を車の売却金額でカバーする事にあります。

残念ながらこういう状態にある金融車は、名義変更をすることができません。ローン会社が所有権を手放していないからです。

いろいろと難しいことを言ってきましたが、早い話ディーラーローンで買った車をそのディーラー以外で売ってしまうと、所有権変更ができないまま中古車市場に出回るというわけですね。

本来ならばディーラーローンが残っている車などは、なかなか買取されないものなのですが、業者によっては買い取りするため金融車が誕生してしまうのです。

ローンの完済さえすれば金融車ではなくなる

なお前購入者が自動車ローンを完済すれば、名義変更は可能になります。つまりは金融車ではなくなるというわけ。

ただ、金融車になった原因を見れば分かると思いますが、前購入者は車を手放さなければならないほどの借金を抱えている人です。

そのため、自動車ローンが完済される確率は低く、名義変更はできないものと考えておいた方が良いでしょう。

リスクのない中古の金融車もある?

自動車ローンの支払いが3〜4か月ほど滞ってしまうと、突然自動車ローンを貸していた会社ががやってきて、車を引き上げ(没収)してしまいます。

その後、没収した車は中古車市場に出回ることになるのですが、この没収された車であればそこまでリスクはありません

ここまで解説してきた金融車との違いは「ローン会社が引き上げたのか」それとも「ローン会社以外の第三者が引き上げたのか」の部分ですね 。

つまり、ローン会社以外の第三者が引き上げをしていないおかけで、所有者変更ができる車のままであり、金融者特有のリスクがなくなってるというわけ。

リスクのない金融車など存在しない

ただ、この形で売りに出された車は、中古車業界的には金融車とは言われません。どちらかと言うと、ただの「中古車」です。

「金融車=名義変更ができなくなってしまったローンがらみの車」と意味があるので、金融車とは言えないのです。

今回のケースのように比較的権利関係がはっきりしている車は金融車とは呼ばないので、つまるところ「リスクのない金融車は存在しない」といえますね。

価格が安いことだけ?中古の金融車を購入するメリット

メリット

ここまでは中古の金融車について、絶対に押さえておくべき基礎知識について紹介してきました。

では次に金融車を購入することによって得られるメリットについて、紹介していきましょう。

はっきりって金融車のメリットは1つしかありません。金融車の唯一のメリットは「安く購入できること」です。

なぜ金融車は安いのか

金融車は一般的な中古車の相場よりも、およそ50%ほど安い販売価格が設定されています。車種によっては60%近く安い販売価格が設定されていることも。

なぜこんなに安いのかというと、名義を変更する事ができないから。

金融車は名義変更ができないという理由から、一般的な買取店に売却する事はできず、金融車専門店へ売却するしか道はありません。

結果、足元を見られて安く買い叩かれる事になるのです。(金融車専門店はそれが狙いでもあるのですが)

名義変更不可以外にもある?金融車のデメリット

金融車は先ほども紹介したように「名義変更ができない」という点があります。そのおかげと言ってはなんですが、注意点とも言うべきデメリットが生まれます。

そもそも、名義変更ができない事自体がデメリットとなりますが、それ以外にも以下のような要素が内包されているので注意しなくてはなりません。

  • 保険会社によっては任意保険に加入できない
  • 車検に通らなくなる可能性がある
  • 永久抹消登録をする事ができない

それでは、それぞれの内容について詳しく紹介していきましょう。

デメリット1.保険会社によっては任意保険に加入できない

一般的に任意保険を契約できる「車の所有者」は、以下の3通りに限定されています。

  • 契約者本人
  • 契約者本人の配偶者
  • 契約者又はその配偶者の親族

車の所有者がローン会社や自動車販売店などの場合には、車検証に記載されている「使用者」を車の所有者として契約する事になり、上記のいずれかである必要があります。

しかし金融車の場合、車の所有者はローン会社、使用者は他人となるので、基本的に任意保険を契約する事ができません

例えば、イーデザイン損保では、以下のように使用者が他人の場合は契約する事ができないルールになっています。

(3) お車の所有者
お車の所有者が以下のいずれかに該当すること
ご契約者
ご契約者の配偶者
ご契約者またはその配偶者の親族

※出典:イーデザイン損保「お取り扱い範囲」より

なお、虚偽の申告をした場合は告知義務違反に該当し、保険金が支払われない可能性が高いですので隠蔽して加入しようなんて考えないように。

金融相専門店であれば保険をかけれる場合もある

金融車専門店が提携している保険代理店なら、金融車の事情を理解してくれているので、契約する事ができます。

任意保険に入る場合、いくつかの保険会社に問い合わせるのは面倒だという方には、保険会社を紹介してくれる販売店もあります。金融車販売店として、実績の高いGM AUTOでも、保険会社への対応が可能です。

※出典:金融車販売店GMオート「金融車の任意保険について」より

ただし、保険代理店の人間は保険を販売する人であって、実際に事故を起こした場合に保険金を支払う判断を行う人ではありません。

事故時に告知義務違反として、保険金が支払われない可能性もあります。

そのため、契約する際は事故に遭った場合に保険金が支払われるかをしっかりと確認しておいた方が良いでしょう。

デメリット2.車検に通らない可能性がある

車検そのものは、車が基準に適合していて必要書類が揃っていれば通ります。車の名義は関係ありません。

ただし、以下のような場合は車検には通りません。

  • 前使用者が自動車税を滞納している
  • 前使用者が交通違反や放置駐車の違反金を滞納している
  • 税止め手続き又は強制抹消が行われている

前の所有者が借金の返済に困窮したため金融車となったわけですから、自動車税や違反金を滞納している、そしてこれからも納付しない可能性は非常に高いです。

そのため、もし金融車を購入するのなら、販売店に自動車税や違反金の滞納状況を確認し、処理してもらってから購入するようにしてください。

ただ大抵の場合は、処理してもらえないことが多い(自分で処理してくださいと言われる)ので結局のところ、このような車は購入すべきでないという結論になるでしょう。

絶対に車検が通せないケースとは?

最もやっかいなのは「税止め手続」と「強制抹消」です。これらが行われると車検に通せなくなってしまいます。

税止め手続

税止め手続きとは、自動車税の課税者が税金を止めてしまう事です。この手続きが行われるのは「リース車両」に多いですね。

リースとは長期にわたる車のレンタル契約のこと

リース車両の課税者はリース会社なので、リース車両を勝手に売却されたリース会社は、すぐに税止め手続きを行います。

会社に戻ってくるか分からない車の自動車税を負担し続ける理由は、どこにもありませんからね。

こうなると、次回の継続車検には通らなくなります。そのため、金融車を購入するなら、当該車両がリース車両かどうか確認しておく必要がありますね。

なお、リース車両の所有者はリース会社なので、車検証に記載されている所有者名で確認できますよ。

ただし、それだけでは分からないケースもあるので、金融車販売店に必ず確認するようにして下さい。

強制抹消

自動車の通常の抹消登録手続き(廃車手続き)には「一時抹消登録」と「永久抹消登録」があります。

「一時抹消登録」は一時的に車を公道で走行できないようにすること。「永久抹消登録」は車を解体して二度と行動で走行することができないようにすること。

これらの手続きを行うには車検証やナンバープレート、所有者の印鑑証明書などが必要です。

そのため、車と所有者がバラバラに存在している金融車の場合には、通常の登録抹消が行われる事はありません。

しかし、車検証やナンバープレートが無くても、抹消登録が行われる場合があります。それが「強制抹消」です。

強制抹消とは第三者によって強制的に行われる一時抹消登録のこと

この手続きが行われると、たとえ手元に車検証やナンバープートがあっても金融車を車検に通す事はできません。

強制抹消登録が行われている事に気付かずに、警察に取り締まりを受けた場合は「無車検運行」の違反となります。

行政処分として点数が6点、刑事処分として6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が下されますよ。

車検証上の所有者であれば、印鑑証明書とその判子を用意することで運輸支局で強制抹消を行う事ができます。

このように結構簡単にできるので、早い段階で強制抹消される可能性が高いと考えておいてください。

デメリット3.永久抹消登録をする事ができない

二度と公道を走らせることができなくなる永久抹消登録手続には所有者の「印鑑証明書」とその判子が押された「委任状」などが必要になります。

金融車の所有者はローン会社なので、基本的にこれらの書類を現使用者の個人が入手する事は難しいでしょう。

そのため、金融車を廃車するために永久抹消登録をしたくても自分1人で行うのは困難と言えます。

金融車買取店が買い取ってくれるような車両状態ならまだ良いのですが、事故などで傷だらけになった状態では買い取ってくれるか分かりません。

金融車も取り扱っている廃車業者を探すぐらいしか方法は、おそらくないでしょう。

中古の金融車よりも安い車を探す方法

安い教習料金

ここまで中古の金融車について様々な知識を紹介してきました。

中古車市場には中古の金融車の多く出回っていますが、その性質上、基本的には避けるべきでしょう。

一部のネット記事では「金融車はアリ」だと紹介している場合もありますが、はっきりって無責任としか言いようがありません。

所有者が全く違うという、一般人が許容できないレベルのリスクがある金融車は、避けるべき対象です。

そもそも金融車を求める人は、安さを求めているはず。金融車という大きなリスクのある車を購入するのであれば、他の安い車を見つける方が良いですよ。

相場よりも安い車には必ずリスクがある

ただ相場よりも安い車を探すとなると、やはり何かしら問題があるもの。安くて完璧な中古車なんて存在しません。

ある程度のリスクを許容した上で、安い車を購入するということになります。

では一体どんなリスクであれば、許容しても良いのでしょうか。

あえて挙げるのであれば、走行や強度に問題のない部分を損傷してしまった車でしょう。

もちろん現在進行形で損傷している車は論外ですが、過去に走行や強度に問題のない部分を損傷してしまい、修理した車であれば購入しても構いません。

こういった車は「修復歴車」という扱いをされている車なので、相場よりも安くなりますよ。

車の前方を損傷した車であれば安くて問題のない車

具体的に走行や強度に問題のない部分というのは、以下のようになります。

修復歴ランクA※画像出典:佐藤秀樹「中古車選び完全マニュアル」より

エンジンルームの車の前方から「約3分の1」くらいまでの損傷が1つの目安です。

具体的に損傷を受けているパーツは、ラジエーターコアサポート、フロントフェンダーインナー先端までが許容範囲ですね。

このような車を探すのであれば、「グーネット」にアクセスし、車種等を絞っていくだけでOKです。

グーネットのTOPページ

グーネットの車種絞りこみ

グーネットの地域絞りこみ

画像出典:グーネット「絞り込みページ」より

上記のようにグーネットのトップページから、「車種」→「地域」とどんどん絞っていきます。

画像出典:グーネット「絞り込みページ」より

そうすると、このような絞り込み画面が出てくるため、青丸の部分をチェックをします。

画像出典:グーネット「絞り込みページ」より

そうすると過去に損傷した車(軽症)だけが一覧として表示されるでしょう。

そして、この中からめぼしい中古車を探し、業者に「修復歴ありと書いていますが、一体どの分を損傷したのですか?」と聞いてみるのです。

そして上記に説明した強度や走行に問題もない部分がだけが損傷したことを確認できれば「買い」ということになります。

もちろん損傷歴があるというマイナスポイントの分だけ、相場より安くならなければいけません。

しっかりと他の同じ車種と比べて安くなっているかどうかもチェックしてくださいね。

まとめ

以上、今回は中古の金融車について深掘りしてきました。メリット・デメリットとしては以下の通りです。

メリットデメリット
車体価格が安い保険会社によっては任意保険に加入できない
車検に通らなくなる可能性がある
永久抹消登録をする事ができない

中古の金融車は安いというメリットもありますが、基本的にはデメリットだらけで素人が手を出すべき車ではないと理解していただけたことでしょう。

中古の購入する際、金融車について気になっている人は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

シェアをお願いします。