車査定マニア
車の引き渡し

車の引き渡し

中古車を出来る限り安く買いたい!

中古車と言えども車は高いですから、そう思うのは当然の事です。そして、中古車の買い時は存在します。確実に安くなる時期・月があるのです。

また、安くなる時期があるという事は高くなる時期もあるという事です。中古車の買い時を知らずに大損している人も実際に沢山います。

この記事ではデータを元に中古車価格の変動を解説していきます。この記事を読めば、安くて良い車が買えること間違いなし!!

高値で売るならココで決まり
愛車の無料一括査定公式サイトはこちらから

中古車の価格は基本的に需要の影響を受ける

中古車の価格は、基本的に「需要」と連動して上下します。つまり、中古車市場が繁忙期となる時期は価格が高くなり、閑散期となる時期は価格が安くなります。そして、中古車の需要は、各月の中古車の販売台数を見れば、有る程度把握する事が出来ます。

中古車販売店が単独で行うセールスやフェアなどで価格が安くなる事も有ります。

以下のグラフは、登録車(普通車と小型車)と軽自動車の2013年から2015年までの各月の中古車登録台数を表わした物です。

中古車の登録台数推移(参考:自販連全軽自会

どの年も3月の登録台数が突出していますよね。つまり、3月は中古車が売れる時期で、やはり価格も高くなります。

その他の月の需要の変化をこのグラフで読み取る事は少し難しいです。そのため、以下で中古車の価格が高い時期と安い時期についてもう少し詳しく触れていきたいと思います。

価格が高い時期

中古車の価格が高い時期は、主に以下の時期です。

  • 3月
  • 7月
  • 9月・10月

3月

3月は「新車」が安くなる時期でも有ります。その理由は、決算を控えたメーカーや新車ディーラーが売上を伸ばす為に価格を下げたり、大幅な値引きを行うからです。そのため、新車を買う人が多く、買取・下取に出した中古車が市場に多く出回ります。

供給量が増えると中古車価格は安くなりそうですが、この時期はさきほどのグラフのように中古車需要も大きくなり、価格は高止まりする傾向に有ります。

色んな中古車が市場に出回るので、選択肢の多い3月に中古車を購入しようと考える人が多く、また新社会人需要や新生活需要も相まって需要が大きくなります。

ちなみに、1・2月は再需要期の3月に向けて徐々に価格が高くなっていく傾向に有ります。どちらかと言えば1月・2月も避けた方が無難でしょう。

7月

ボーナス

7月は夏のボーナスを利用して中古車を購入する人が多いので、中古車価格が高い時期となります。

また、お盆の大型連休の旅行に備えて、7月に中古車を購入する人もいます。

9月と10月

10月から11月は秋の行楽シーズンです。車でどこかに出掛ける人も多く、旅行に備えて、「9月」と「10月」に中古車を購入する人が増えます。つまり、需要が高まるという事です。

そのため、中古車価格も高くなりやすい時期となります。

価格が安い時期

中古車の価格が安い時期は、主に以下の時期です。

  • 4月・5月
  • 8月
  • 12月

4月と5月

需要のピークである3月が過ぎた「4月」と「5月」は、中古車販売店は閑散期となります。

需要が縮小するこの時期は、価格を下げて1台でも多く売ろうとする販売店が多くなり、中古車価格が安くなります。

8月

夏

8月は旅行に出掛ける人も多く、車にお金を回す人は少なくなります。また、1年の中で最も暑い季節なので、外に展示されている車を見たいと思う人は少ないです。

そのため、8月は中古車需要が落ち込む時期なので、価格も安くなる傾向に有ります。

12月

12月は忘年会・クリスマス・年越しなど、イベントが沢山有る時期なので、車にお金を回す人は少なくなり、中古車需要は落ち込みます。

また、1月になると年式が1つ古くなり、中古車の価値が下がってしまうので、販売店は年内に在庫をさばいてしまおうと、大幅な値引きを行うケースが多いです。

そのため、12月は中古車価格が安くなりやすい時期と言えます。

店頭表示価格が高かったとしても、値引き交渉次第では納得の価格で購入する事が出来るでしょう。

ただし、1月になれば年式が古くなり自ずと価格が下がるので、無理して購入する必要は有りません。

季節によって人気の出る車種はシーズン終了時が狙い目

中古車の中には、季節によって需要が高まり価格が高くなる車種が有ります。例えば、オープンカーは春先に、4WD車は冬前に価格が高くなります。

このような中古車の販売価格はシーズンが終了すれば、軒並み安くなります。そのため、乗りたい時期に買うのではなく、誰も乗りたくない時期・必要としない時期に購入すると安く手に入れる事が出来ます。

■具体例

  • オープンカーは真冬に購入
  • 4WD車は春先に購入 等

モデルチェンジ後の旧モデルは安くなる

モデルチェンジが行われると、今まで最新モデルとして販売されていた中古車は当然旧モデルとなります。一般的には、新モデルに人気が集まるので、旧モデルは人気が無くなり、価格も安くなります。

旧モデルの人気が下がらずに、価格が高止まりする場合も有ります。

モデルチェンジがいつ行われるかは直前まで分からないので、1つの車種のモデルチェンジを待つのは現実的では有りません。そのため、ある車種のモデルチェンジが発表されたら、中古車販売店に旧モデルを見に行って、気に入ったら購入する、というスタンスは有りかもしれませんね。

中古車の買い時のまとめ

中古車が安くなる時期は、需要が縮小する「4月」「5月」「8月」「12月」です。この時期に中古車を購入すれば、納得の出来る買い物が出来るでしょう。

また、季節毎に需要が変動する車種も有るので、車種毎の需要の変動を見極める事も大切です。

ただ、価格が安くなる時期まで待っていると、他の誰かに先に買われてしまう事も有るので、注意して下さいね。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

【裏技】愛車の相場が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
営業電話なし、最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。
もちろん相場を知るだけでもOK!

愛車の相場を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ