車査定マニア
走行距離メーター

一般的に、走行距離が10万kmを超えている車は、売却時に高値が付きにくい傾向に有ります。そのため、最初から高値で売る事を諦めて、何の比較もせずに愛車を手放してしまう人が多いです。

しかし、走行距離が10万kmを超えていても高値が付く可能性は有ります。色んな買取業者に査定を依頼して、なるべく高く愛車を買い取ってもらいましょう。

過走行車とは?

過走行車とは、年数に比して走行距離が長くなっている車を指します。一般的には、平均して1年間の走行距離が1万kmを超える車が過走行車と考えられています。しかし、JAAIが定める査定基準では、過走行車となる目安は少し異なります。

車の売却価格を考えるなら、一般論より査定基準を目安にした方が良いでしょう。

走行距離メーター

年数と走行距離と売却価格の関係については、「車の走行距離・走行キロ数が少ないとプラス査定・多いとマイナス査定」の記事で詳細に紹介していますが、査定における過走行車となるおおまかな目安は以下のようになります。

  • 初度登録から5年目まで・・・1年間の平均走行距離が1万km超
  • 初度登録から6~8年目まで・・・1年間の平均走行距離が8千km超
  • 初度登録から9年超・・・1年間の平均走行距離が7千km超

過走行車であれば、マイナス査定となり買取金額は低くなります。さらに、走行距離が多ければ多いほど、買取金額は低くなります。

特に走行距離が10万kmを超えている車は日本では人気が無い

過走行車であろうがなかろうが、走行距離が10万kmを超えている中古車は人気が有りません。買い手が付きにくい車は、どうしても買取金額が低くなりやすいです。

meter-100000km

人気が無い要因は、部品交換や故障などのメンテナンス費用が掛かる事や車の寿命を10万kmと決め付けてしまっている人が多い事などが考えられます。

しかし、日本では人気が無くても、海外では走行距離が10万kmを超えていても日本車の人気は高いです。さすが「Made In Japan」といった所でしょうか。

海外では20万kmを超える日本車も走っている

海外の中古車需要に目を付けて、走行距離が10万kmを超えているような中古車を輸出する業者はけっこういます。また、海外の業者がわざわざ日本に中古車を買い付けに来るケースも有ります。

輸出

これは別に乗れない車を海外に売り飛ばしているわけでは有りません。車はしっかりメンテナンスしてあげれば、走行距離が10万kmを超えても乗る事が出来ます。海外では20万kmを超えている日本車も走行しています。

走行距離が10万kmを超えたとしても高く売れる可能性は有る

以上の事から、走行距離が10万kmを超えた車にも一定の需要が有る事が分かります。海外に販路を持っている買取業者なら、高く買い取ってくれる可能性が有るという事です。一方、日本国内にしか販路を持っていない業者には安く買い叩かれてしまいます。

そのため、走行距離が10万kmを超えた車を高く売るなら、海外に販路を持っている買取業者に査定を依頼すれば良いでしょう。

高く買い取ってくれる買取店を探すなら一括査定

しかし、買取店がどのような販路を持っているのかは、分かりにくい面が有ります。そのため、海外に販路を持っている買取業者を探すのは一苦労です。

そこで利用して欲しいのが「一括査定」です。一括査定を利用すれば、1度で多くの買取業者の概算の買取金額を知る事が出来ます。海外に販路を持っている業者は、その中でも頭1つ抜けた高い買取金額を提示してくるはずです。

もちろん、海外に販路を持っていない業者が高い買取金額を提示する場合も有ります。いずれにせよ、一括査定を利用すれば、走行距離が10万kmを超えている車を高く買い取ってくれる買取業者を見つける事が出来る可能性が高いです。

1度一括査定を利用してみてはいかがでしょうか?

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス