車査定マニア
社外パーツ

社外パーツ

「愛車を自分好みに仕上げたい!」という方は結構いますよね。純正のパーツでは満足いかず、エアロパーツやアルミのホイール、マフラーなどのかっこいい社外パーツ品を装備している事も多いでしょう。

で、問題になってくるのが自分好みにカスタマイズした車を売却する時です。車を売る際には、買取り業者に査定をしてもらう事になりますが、査定時にこれら自分で取り付けた社外パーツ品を付けた状態のまま査定に出した方が良いのか?若しくは、純正品に戻してから査定に出した方が良いのか?

迷う所ではないでしょうか。以下で詳しく見ていきましょう。

社外パーツ品の評価

社外パーツ品は、「かっこいい」「機能性が優れている」と思って付ける方が殆どでしょうが、いざ売ろうと思うと、なかなか高い評価がされないのが実状です。

中古車の査定

というのも、基本的に中古車市場では、社外パーツ品よりも大衆ウケのする純正品の方が評判が良いからです。従って、査定額も純正品の方が高い事が多いです。

また、中には社外パーツ品を得意としていない買取業者がいて、その価値の判断が適切に出来ない事も有ります。

参考:ディーラーでの下取りでは、社外パーツが付いているとマイナス査定となるケースも有る様です。

一方で、最近は人気の社外パーツ品であれば査定価格がアップする事も多く、改造車を専門に扱っている買取り業者も登場して来ています。

従って、基本的に社外パーツ品は高評価はあまり期待出来ないけど、人気の有るパーツであれば高額査定の可能性も有る、という事ですね。

社外パーツ品の売り方

純正パーツに戻した車

では、社外パーツ品の付いている車を売る場合は、どうしたら良いのでしょうか?売る方法としては、主に以下の様な選択肢が考えられます。

  • ①純正品に戻してから車を売る。社外品は別途パーツ屋さんに売る。
  • ②社外パーツ品を取り外した状態で車を売る。社外パーツは別途パーツ屋さんに売る。
  • ③社外パーツ品を付けたまま売る。
  • ④社外パーツ品を付けたままで査定に出し、純正品もセットで売る。

自分でパーツを外せる方は、①や②の様に社外パーツ品を取り外して別途売るのもいいのですが、業者に取り外しを頼むとそれだけで数万円ほどかかる事も有ります。純正品に戻して多少評価が上がったとしても、高額な取り外し費用を払ってしまっては意味が無いですよね。

そこで、③の様に社外パーツ品を付けたままで売ってしまうのもアリですね。社外パーツ品は付けたままで査定に出した方が、取り外しの手間や費用も省けるし、ものによってはプラス査定となる事もあるので好ましいです。

また、上述した様に、純正パーツは人気が有るので、純正品が残っている場合は、④の様に社外パーツ品とセットで売ってしまうのがベストです。

:パーツを付けたまま査定に出しておきながら、後になってパーツを取り外して引き渡す、というのはNGです。査定の金額は査定時の状態で決まっていますし、その金額で契約をしているので、後で取り外すのは契約違反です。トラブルの原因となるので、必要なパーツは査定前に取り外すか、後で外す旨を査定士に予め伝えておく様にしましょうね。

まずは一括査定に出してみる!

上記の様に、人気の社外パーツ品であればプラス査定となる可能性は有りますが、その判断はなかなか難しいですよね。

そこで、とりあえずはそのままの状態(社外パーツを付けたまま)で無料一括査定に出してみてはどうでしょうか?

一括査定で高額買取

一括査定を受ければ、査定士から色々な話を聞く事が出来ますし、複数の業者から見積りを取る事が出来るので、社外パーツ品を装備している事でプラス査定をしてくれる業者を見つける事も出来るかもしれないですよ!

なお、車検が通らない様な違法改造をしている車の場合、マイナス査定になる事が多いです(参考記事:不正改造車・違法改造車でも高く売ることは可能なのか)。その場合は、純正品に戻すか純正品を用意しておいた方が良いでしょう。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス