車査定マニア
自動車の売却

中古車を売る方法は?というと、「下取り」や「買取専門店への売却」が思い浮かぶかもしれませんが、それだけでは有りません!以下の様に、色々な方法で車を売却する事が出来るのです。

  • 買取(販売)専門店への売却
  • ディーラーによる下取り
  • オークション代行
  • 中古車の委託販売
  • 個人売買

ここでは、それぞれの売却方法の特徴を簡単に見ていきましょう。

買取(販売)専門店への売却

中古車を買取業者に買い取って貰う方法は、次に紹介する下取りと並んでオーソドックスな売却方法です。

自動車の売却

買取専門店へ売却する場合、複数の業者に査定に出して一番高い査定額を提示して来た業者に売る事が出来ますし、出張査定を利用すれば手間も省けるので便利です。

一方で、古い車は値が付きにくかったり、下取りよりも手続きが若干面倒だったりといったデメリットも有ります。(参考:中古車を買取査定に出すメリット・デメリット

なお、多くの業者は車種やメーカーを問わず広く取り扱っていますが、最近は軽自動車専門やスポーツカー専門といった様に一定の車種に特化している専門の買取店も登場しています。

ディーラーによる下取り

車を乗り換える際、ディーラーは乗っていた車を下取りして新しく購入する車の代金から下取り金額を引いてくれます。

下取り

売却の手続きは全部ディーラーがしてくれますし、買い取ってくれる業者を探す必要も無いので、手間は殆ど掛からず安心感が有ります。

一方で、新車ディーラーにとって下取りはあくまでも付随的なサービスなので、下取り価格は低くなりがちです。場合によっては0円評価をされる事も有ります。

車を下取りに出すメリット・デメリット

オークション代行

消費者の手元から離れた中古車は、主にオートオークションによって流通しています。オークションは業者の方しか参加出来ないのですが、「オークション代行」という形で業者に間に入ってもらい、出品をする事は可能です。

オークション代行では、成約金額からオークション会場に支払う「出品料」「成約料」及び代行業者への「代行料」を差し引いた金額を受け取る事が出来ます。

オークション

オークション取引には相場が有りますが、入札形式なので入札者が多ければお互いに争って高値が付く事が有ります。また、オークション会場に来ている業者だけでなく、遠方の業者もインターネットで入札に参加するので、成約の機会は多いと言えます。

しかし、成約しなかった(入札者がいなかったor最低落札価格に到達しなかった)としても、「出品料」は代行業者に請求される事になりますし、思ったより安い金額で落札されてしまう事も有ります。(参考:オークション代行で車を売ると買取査定よりも高く売れる?

中古車の委託販売

中古車の委託販売は売り主が業者に車を預け、自社在庫と同様に車を展示する事で、代わりに買い主を見付けてくれるという販売方法です。

委託販売

自分の希望価格で展示する事が出来るので、場合によっては買取査定に出すよりも高い値段で売却する事が出来るかもしれません。但し、成約時には業者に「販売手数料」を支払う必要が有り、業者によっては成約しなくても「保管料」を請求される事が有ります。(参考:中古車の委託販売を利用して車を売るメリット・デメリット

個人売買

個人売買は、家族や知り合いに売るなど「売り主と買い主がお互いに個人」のケースを指します。

個人売買

売る側の立場からすると、整備や保証が無く現状渡しとなってしまうので、どうしても売却価格は安くなってしまいます。

また、個人売買では業者と取引する場合よりもトラブルが頻繁に発生するので、よっぽど気心の知れた間柄でない限りしない方が良いかもしれません。(参考:自動車の個人売買を利用するメリット・デメリット

まとめ

いかがでしたか?中古車を売るといっても、様々な方法が有る事が分かりましたね。それぞれのメリットやデメリットを考えた上で、最良な結果が出る様にしたいですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス