車査定のマニア
車検切れ

車を売ろうと思ったときに、「しばらく乗っていなかったので車検が切れている」「普段見ないので気付かなかったけど、車検証を紛失してしまっている」といった事がたまに起きます。

そこで、ここでは車検切れの車や車検証の無い売る場合の注意点、について紹介していきます。

車検切れの車を売る際の注意点

車検が切れている車を売る際には、注意しなければならない点が有ります。それは、「車検切れの車は公道を走る事は出来ない道路運送車両法第58条1項)」という事です。

(自動車の検査及び自動車検査証)
第五十八条  自動車は、この章に定めるところにより、国土交通大臣の行う検査を受け、有効な自動車検査証の交付を受けているものでなければ、これを運行の用に供してはならない。

違反すると、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が科されます(道路運送車両法第108条1項)。また、違反点数は「無車検運行等」として6点なので、一発免停となります。なお、行政罰としての反則金は有りません。

参考:無車検運行には過失罰の規定が有りません(つまり、過失が無ければ罰しない、という事)。車検切れの車を知らずに運転していたのであれば、罰を受けないで済む可能性は有ります。あくまでも、可能性が有るだけで、基本的には見逃してもらう事は出来ないでしょうね。

車検切れ

通常は買取り査定をして貰う際に「店舗への持ち込み」か「出張査定」かを選ぶ事が出来るのですが、車検が切れている車の場合は出張査定しか選ぶ事が出来ません。

出張査定は業者によっては有料の場合が有るので、無料で出張査定をしてくれる業者を選ぶ様にしましょうね。(参考:車査定の依頼は有料よりも無料の業者に行うべき~料金を払うのはバカバカしい。

車の無料一括査定を利用すると、多くの業者から見積りを貰う事が出来ますし、無料で出張査定をしてくれる業者を簡単に見つける事が出来ますよ。

また、金額に納得して車を引き渡す事になったときも、公道が走れないので陸送を依頼するか仮ナンバーを取得してお店まで持って行く必要が有るので、その分の費用が発生します。

高い査定額が付いても、出張費や陸送費などの経費がかかるのでは本末転倒ですね。出来る限り、車検が切れる前に売却する様にしたいところです。

車検の残存期間が長いとプラス査定になりますが、車検が切れていたとしても、マイナス査定となる事は無いので心配は不要です。
車検の残り期間が少ない車を売る時は車検に通してから査定した方が良いのか

車検証の無い車を売る際の注意点

車検証は普段使う場面が殆ど無いので、紛失していても気付かない事が結構有ります。しかし、車検証が無い状態で車を売ろうとすると、以下の様に結構不便な事が起きます。

車検証無し

まず、買取り査定をする査定士は車検証を見て年式や型式などの車の詳細な情報を入手します。従って、車検証が無いと正確な査定が出来ないのです。

また、車の名義変更には車検証が必要です。車検証が無いと、査定をしても契約手続が進まなくなってしまいます。従って、車を売りたいけど車検証を紛失したという方は、査定に出す前に再発行してもらう様にしましょう。

車検証の再発行手続き – 費用・時間・理由書の書き方まで全て網羅

ちなみに、車検証は公道を走る際は車に載せておく必要が有ります(道路運送車両法第66条)。

(自動車検査証の備付け等)
第六十六条  自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。

違反すると、50万円以下の罰金が科されます(道路運送車両法第109条8項)。なお、違反点数や反則金といった行政罰は有りません。

まとめ

いかがでしたか?車検が切れていたり車検証を紛失している状況で車を売ると、余計な費用や手間がかかる事が分かりましたね。

また、車検切れや車検証を車に載せていない状態で公道を走ると、罰則が科される事になるので注意しましょう。

これらの点に注意しつつ、愛車を理想の金額で売る事が出来ると良いですね。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス