1. 車査定のマニア
  2. ≫車の税金

車の税金

クリーンディーゼル補助金の概要と実施期間

クリーンディーゼル補助金

CEV補助金の対象である「クリーンディーゼル車」。平成27年度の補助金の期限も残り僅かとなっています。クリーンディーゼル車などの環境性能の良い車は購入価格が高いので、是非補助金を利用してお得に車を購入しておきたいところです。

エコカー減税は中古車でも受けられる?対象車や条件は?【2018年度対応】

中古車のエコカー減税

エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)を受けられるのは新車だけだと思っていませんか?実は中古車でもエコカー減税を受ける事が出来るのです。ただし、どんな中古車でもOKという訳ではなく、一定の条件を満たす必要が有ります。ここでは、中古車がエコカー減税を受ける際の条件について解説していきます。エコカー減税については頻繁に改正されていてややこしいところですが、減税が受けられるかどうかで、維持費は大きく変わるのでぜひ押さえておきたいですね。なお、トヨタのプリウスを中古で買った時のエコカー減税についても参考に紹介していますよ。コレを見ながら是非「減税・減免」をGETするようにしてください!

エコカー減税はいつまで延長されるのか考察【2018年版】

過去に何度か延長されてきた「エコカー減税」。現行の制度の期限は2019年3月・4月までですが、果たして”いつまで”延長されるのでしょうか。編集部としては消費税が10%に増税されるタイミング(前後はあれど)で廃止されるのかなと思っていますが、どうなるでしょうか?消費税が増税されれば自動車取得税の課税自体がなくなり、燃費課税と呼ばれる”環境性能割”という税金が課される事になります。環境性能割にもエコカー減税が波及して、減税対象となるのか?など疑問点は複数あります。いずれにせよ現状車への税金はかけ過ぎなような気がしますから、減税は続いてほしいですよね。

【2018年】グリーン化税制・特例による減税額はいくら?自動車税の金額一覧もあり!

自動車とお金

自動車税は毎年かかってくる税金です。今回の記事では再新年度(2018年)の自動車税の金額を紹介すると共に、グリーン化税制・減税の特例を受けられる場合に自動車税の金額がどの程度安くなるのかについて簡単にまとめていきます。グリーンという名前からも分かるようにこの減税は環境性能に優しい新車を購入した場合に適用される減税で、結構条件が厳しいです。しかも減税を受けられるのは購入の翌年度までですから、そこまで旨味は無いかもしれません。これを目的で購入するのであれば下取りに出す車を高値で売る方法を考えたほうが良いかも知れません。

エコカー補助金の概要と期間【2012年で打ち切り済】

エコカー補助金

エコカー補助金は2016年現在で既に打ち切りされた制度です。エコカー補助金が行われていた期間というと、2012年9月まででした。同時に開始されたエコカー減税は2016年の今もなお継続中です。両制度は名前に「エコカー」が入り、対象車も「エコカー」なので混同する人もいますよね。

13年超えの車の自動車税・重量税は値上げ【増税額早見表あり】

車と税金

13年以上乗っている車は、自動車税と自動車重量税が割増(値上げ)になってしまいます。なぜ古い車の税金を上げたのでしょうか?ここには、環境保全という名目の下、新車を売って消費を活性化させたいという国の考えも垣間見えています。また、13年という中途半端なタイミングには、車の平均寿命が関係しているとも考えられています。実際のところ古い車の税金はどれくらい上がるのでしょう。日産エクストレイルの実例も交えて、それぞれどれだけ増税される事になるのかを紹介しています。また、軽自動車の税金についても紹介していますよ。

【裏技】自動車税は実は分割払いできる!何回払いまで分納可能なのか

車と税金

自動車税は毎年4月1日時点の所有者に対して課税される地方税です。納付書が届いてから納付期限までが2〜3週間程度しかなく、期限までに納付するのが難しいという方もいるでしょう。実はそんな方の為に、自動車税を分割払い(分納)する方法があるのです。県税事務所に納付相談したり、クレジットカードで納付すればOKなのですが、それぞれ注意点も有ります。そこで、ここでは自動車税を分割払いする方法とともに、分割払いをする際の注意点について解説していきます。ちなみにお得なのはnanacoやwaonを使ってポイントをGETすることです。その他、分割払いした際に発生する延滞金の計算についても計算例を紹介していますよ。

並行輸入車の自動車取得税の決め方・計算方法

並行輸入車

車に関わってくる税金には様々なものが有ります。自動車税に消費税、自動車取得税、重量税などなど。販売店が納税する税金も有れば消費者が負担する税金も有りますが、いずれも税金なので「正しい金額」を税務署や都道府県に納める必要が …