1. 車査定のマニア
  2. 中古車
  3. ≫「修復歴イコール事故車」ではない!わかりやすく定義を解説

「修復歴イコール事故車」ではない!わかりやすく定義を解説

中古車を真剣に選んでいる時、必ずと言っていいほど目に付く「修復歴」という言葉の定義について気になっていませんか?

「修復歴は事故のあった車」という漠然としたイメージはあるものの、もしかしたら査定スタッフの主観で決まっているかもしれないと思いますよね。

しかし実は修復歴は主観で決めつけているわけでもなく、事故が起きた車でもないのです。

修復歴とは交通事故になどによって、自動車の重要な機構である内部フレームを損傷してしまった車のこと

つまり内部フレームを損傷していなければ、交通事故にあった車であったとしても「修復歴がある車」だとは言えないのです。

もしこの事実を理解してなければ、最悪の場合、修復歴について間違った理解をしてしまい、中古車購入の際に誤った判断をしてしまうかもしれませんよ?

しかし、ご安心ください。今回の記事では修復歴の定義をシンプルに解説しているうえ、修復歴とどのように付き合っていけばいいのかを深堀しています。

これから中古車を買おうと思っている人には必見の内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

実は明確に規定されている「修復歴」の定義

追突事故

販売されている中古車が「修復歴のある車(修復歴車)か否か」は、中古車を購入する上で非常に重要なポイントです。

だからこそ、知識がない人でも「修復歴=何かしらのマイナスポイント」というイメージは湧くことでしょう。

ただ、修復歴車には定義があり、査定スタッフの主観などによって「修復歴あり」として扱われるわけではありません。

基本的に走行面に影響を及ぼす重要な部位(内部フレーム)の修復・交換を行った場合に「修復歴有」とされます

日査協、公取協などの統一基準として修復歴車と定義されているのは、骨格(フレーム)部位等を交換したり、あるいは修復(修正・補修)したものが修復歴車(事故車)となります。

※出典:JAAI「中古車の査定」より

つまり事故を起こしたとしても、重要なフレームを修復していなければ修復歴とみなされないのです。

そのせいか、中古車業界では「事故車」という言葉はあまり使われません。あまりにも一般的に事故車という言葉が蔓延しているので、便宜上「事故車=修復歴」と説明する営業が多いですね。

修復歴車の定義を「3団体統一基準」で紐解く

修復歴車の定義をもっと深掘りしていきましょう。実は「日本自動車査定協会」という団体にて明確に定義されています。

もっと言えば、「自動車公正取引協議会」と「日本自動車査定協会」「日本中古車自動車販売商工組合連合会」の3団体統一の定義として業界の「物差し」にもなっています。

具体的には、以下のような定義になっていますよ。

修復歴
※画像出典:「日本自動車査定協会」より

番号部位
フレーム(サイドメンバー)
クロスメンバー
インサイドパネル
ピラー
ダッシュパネル
ルーフパネル
フロア
トランクフロア
ラジエータコアサポート

修復歴車とは、上記図の①~⑧の部位等のいずれかを修復(修正・補修)した車を指します。

これらの部位は「車の骨格部分」なので、非常に重要な部位です。

いずれの部位も、自動車の剛性や強度、走行性能等に関係しており、安全に走行するためには不可欠なものですね。

なお、⑨の部位(ラジエーターコアサポート)に関しては、交換されており、かつ隣接する部位に「へこみや曲がり又は修理跡がある車」であれば「修復歴有の車」となりますよ。

また、これらの部位が修復されずに、損傷を負ったままの車も「修復歴車」として定義されます。

【補足】修復歴かどうかさらに詳しく定義すると…?

ここからはかなり専門的な分野になりますが、さらなる知識を深めてもらうということで解説しておきましょう。

上記に示した図の各部分が車の骨格となる箇所ですが、実はこれらが損傷を受けると必ず「修復歴」となるという訳ではありません。

損傷の度合いによって、下記のように修復歴となる場合とならない場合とに分かれます。

骨格部位修復歴となるもの修復歴とならないもの
ラジエータコアサポート
交換されていて、かつコアサポートと隣接するインサイドパネルに凹み、クロスメンバーに曲がり、凹み、サイドメンバーに曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
クロスメンバー
(フロント・リヤ)
①交換されているもの
②曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
①小さな凹み又はその修理跡があるもの
②突き上げによる凹み、傷又はその修理跡があるもの
サイドメンバー
(フロント・リヤ)
①交換されているもの
②曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
①コアサポートより前に位置する部分及びリヤエンドパネルより後に位置する部分の損傷又はその修理跡があるもの
②けん引フック取り付け部の損傷又はその修理跡があるもの
③バンパーステー取り付け部の軽微な凹み又はその修理跡があるもの
④突き上げによる凹み、傷又はその修理跡があるもの
インサイドパネル
(フロント)ダッシュパネル
①交換されているもの
②外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの
①コアサポートより前に位置する部分の損傷又はその修理跡があるもの
②軽微な凹み又はその修理跡があるもの
ピラー
(フロント・センター・リヤ)
①交換されているもの
②スポット打ち直しがあるもの
③外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの
①外部に露出している部位に凹み又はその修理跡があるもの
②ボディサイドシルパネルの単体部品の交換時に生じるピラー下部に溶接処理跡があるもの
③外部を介さない凹み又はその修理跡があるもの
④1BOX車等でルーフパネルからステップまで一体として露出しているパネル状センターピラー等のアウター部はピラーとしない
⑤軽微な凹み又はその修理跡があるもの
ルーフ
①交換されているもの
②ルーフ周囲のインナー部に凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
③ピラーから波及した凹み又はその修理跡があるもの
インナー部に軽微な凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
センターフロアパネルフロアサイドメンバー
①交換されているもの
②パネル接合部に、はがれ又は修理跡があるもの
③破れ(亀裂)があるもの
④外部又は外板を介してパネルに凹み、メンバーに曲がり又はその修理跡があるもの
①突き上げ等による凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
②軽微な凹み、曲がり、破れ又はその修理跡があるもの
リヤフロア
(トランクフロア)
①交換されているもの
②パネル接合部に、はがれ又は修理跡があるもの
③破れ(亀裂)があるもの
④外部又は外板を介してパネルに凹み、メンバーに曲がり又はその修理跡があるもの
①リヤエンドパネル又はリヤフェンダー等の交換時に生じた損傷があるもの
②軽微な凹み、破れ又はその修理跡があるもの
③スペアタイヤ等格納部の突き上げによる凹み、軽微な破れ又はその修理跡があるもの
  • クランプ跡があっても、上記の基準に該当しない場合は修復歴とはなりません。
  • 凹みや破れ等の軽微な損傷が1つの部位に複数個あり、その損傷が近接若しくは連続している場合は修復歴となります。
  • 修復歴の判断はボディの形状や構造(フレーム付き車等)、損傷の度合い等によって異なる場合があります。

修復歴がある車にはどんなリスクがある?

リスク

修復歴車の定義が分かったところで、なぜ修復歴車が危険なのか見て行きましょう。

答えは簡単。修復歴車は、車の安全な走行及び強度に支障をきたす恐れがあるから危険なのです。

もう一度修復歴となる部位をおさらいしておきましょう。

修復歴
※画像出典:「日本自動車査定協会」より

番号部位
フレーム(サイドメンバー)
クロスメンバー
インサイドパネル
ピラー
ダッシュパネル
ルーフパネル
フロア
トランクフロア
ラジエータコアサポート

修復歴有りだと車の足回りの骨格部分を損傷している

例えば「①フレーム」「②クロスメンバー」に損傷が起こった場合を考えましょう。

これらは車の足回りの骨格部分です。つまり、安定的な走行性を確保するために重要な部位というわけ。

従って、この部位が損傷を起こすと真っ直ぐ走れなくなったり、安定した状態でカーブを曲がるのが困難になったりします。

車全体の強度を落としてしまう場合もある

「④ピラー」や「⑥ルーフパネル」の損傷は、走行性にそこまで影響を与えるわけではありませんが、車全体の強度にかなり影響を及ぼします。

図を見て頂ければ分かるように、これらの部位は車全体の骨格を支えている部位といっても良いでしょう。

そこにガタが来ているということは、強度が落ちてしまっているということ。

強度が落ちている状態で衝突事故などを起こせば、車が大破する可能性が高まってしまいますね。

一度修復がつくと機能面を改善することは難しい

修復歴車は様々なトラブルを引き起こす可能性がある車なので、生半可の知識で購入するのは危険です。

そもそも一度大きな事故で全体の骨格が変わってしまった車を、機能面まで新車レベルに復元させる事はほぼ不可能という事は知っておいて下さい。(見た目は復元できたとしても・・・です)。

【補足】修復歴がある車でも購入して良い場合もある

先述したように修復歴車は事故の衝撃で、各部位に悪影響が及んでいる可能性が高く、購入後様々なトラブルが起こる可能性が高いです。従って、普通なら購入は控えるべきでしょう。

しかし、損傷の度合いによっては、修復歴車だとしても安全性に問題が無く、購入して良い場合もあります。特に「正面の事故」は顕著な例です。

正面の事故に関して「購入を検討しても良い」「購入は慎重に」「購入は避けるべき」の3つに分けて、修復歴車の安全性の違いを見て行きましょう。

購入を検討しても良いレベル

修復歴ランクA※画像出典:佐藤秀樹「中古車選び完全マニュアル」より

エンジンルームの車の前方から「約3分の1」くらいまでの損傷が1つの目安です。

具体的に損傷を受けているパーツは、ラジエーターコアサポート、フロントフェンダーインナー先端までですね。

これら損傷範囲には、走行安全性に影響する部品が無いので、購入を検討しても良いでしょう。

もちろん実際に購入するのであれば、損傷箇所がしっかりと修理されているか、そして修復歴車としてきっちりと相場よりも価格が低いかどうか確認を行ってください。

購入は慎重に検討するレベル修復歴ランクB

※画像出典:佐藤秀樹「中古車選び完全マニュアル」より

エンジンルームの車の前方から「約3分の2」くらいまでの損傷になると、購入は慎重に検討するレベルです。

具体的に損傷を受けているパーツは、「購入を検討しても良いレベル」のパーツに加え、フロントフェンダーインナー全体、フロントサイドメンバーです。

この場合、安定走行に不可欠なサスペンションなどの部品も損傷している為、交換・修理が行われています。

修理がきちんと行われているかの確認はもちろんの事、試運転をして問題が無い事を確かるなど、慎重に購入するか否かを検討する必要がありますね。

また走行安全性に問題がある修復歴車なので、それに応じた販売価格となっているかも検討しましょう。

購入は避けるべきレベル

修復歴ランクC
※画像出典:佐藤秀樹「中古車選び完全マニュアル」より

エンジンルームのほぼ全てが損傷しているのであれば、購入は避けるべきレベルです。

損傷を受けているパーツは、上記二つのレベルの損傷パーツとダッシュパネル、カウルトップまでです。

損傷具合がひどく、元に戻す事はまず不可能ですね。そのため故障等のトラブルが高い確率で発生します。

安く買えたとしても、修理費用がかかってしまうので、購入はオススメできません。きちんと販売スタッフに損傷箇所と具合を聞いて、購入しないようにしましょう。

後方・側面の損傷はどうなる?

車両後方の損傷に関しては、トランクルーム内部まで損傷が及んでいるかどうかで判断します。

トランクルーム内部まで損傷が及んでいる場合には、「足回り」や「ルーフパネル」が事故の衝撃を受けている可能性が高く、購入は控えた方が良いでしょう。

側面への損傷は、車全体に衝撃が伝わっているため、安全面にかなり問題が有ります。そのため、販売価格に関係なく、購入は控えるべきです。

【総評】修復歴の定義に「事故の有無」は含まれないので要注意

自動車の修理工場

ここまで修復歴の定義について、様々な知識を紹介してきました。

解説してきた定義を覚えておけば、中古車を買う際に業者ともある程度対等に話せるでしょう。

ただ注意しておかなければならないのは「修復歴車=事故のあった車」ではないということです。

紹介してきた通り、内部フレームを損傷していなければ、事故があったとしても修復歴車として扱われません。

そのため「事故が起きた」という事実そのものが嫌だという人は、特に注意しなくてはなりません。事故そのものを嫌う声は以下のように多いですからね。

事故があったかどうかは業者に聞くしかない

事故があったかどうかは修復歴とはまた別の話になるので、完全に見抜くことができません。

そのため、事故そのものが嫌という人は、業者に事故になったことがあるかどうかをしっかりと聞くようにしてください。

ただ、修復歴車ではなかったとしても事故があったかどうかという事実は、なるべくならば隠しておきたいもの。

実際に悪質な業者では修復歴車であること及び、過去に事故が起きたことを隠して販売している場合もあります。

だからこそ事故を起こしてしまった車を購入検討から完全に排除したいと思ってるのであれば、「JADRI」に加盟している業者にお願いするようにしてください。

JADRI加盟業者なら事故車を隠すこともない

JADRIとは「日本自動車流通研究所」の略称で、過去に事故があった車を隠すなどのトラブルが起こってしまう中古車業界の健全化を奨める組織です。

CMでも見かける「ガリバー」「ビッグモーター」などの大手販売業者も参加していますよ。

なぜJADRI加盟業者なら信頼できるのかというと、簡単に参加することができないから。

JADRIに参加するには、以下6つの厳しい参加基準をクリアする必要があります。

  • すでにJADRIに加盟して販売業者からの紹介を受ける
  • 法人設立から5年以上経過している
  • 中古車販売のための「展示場」を持っている
  • 過去5年以内に何らかのトラブルを起こしていない
  • 公平な広告を掲示するためのルールを遵守している
  • JADRIに会社の重要情報を記載した書類を提出・公開している

このように参加基準はかなりガチガチで、かなりの難易度です。

だからこそ、JADRIに加盟できた業者は、厳しい基準をクリアできた「優良販売業者」と定義できるわけ。

消費者が不利益になるような一方的な取引はしないので、過去に事故が起こった車かどうかもしっかりと解説してくれますよ。

「過去に事故が起こった車は縁起が悪いので買いたくない」「どこまで修復されてるのかしっかりと説明をしてほしい」と思っているのであれば、JADRIに加盟している業者を選ぶと良いでしょう。

なお、加盟業者かどうかはJADRIの公式ホームページで簡単に確認することができます。

あまり有名ではない販売業者で中古車を購入しようと思っているのであれば、まずはJADRIに加盟しているかどうかをチェックしてみて下さい。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

まとめ

今回は修復歴の定義について、深掘りしてきました。具体的な定義については以下の通りです。

骨格部位修復歴となるもの修復歴とならないもの
ラジエータコアサポート
交換されていて、かつコアサポートと隣接するインサイドパネルに凹み、クロスメンバーに曲がり、凹み、サイドメンバーに曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
クロスメンバー
(フロント・リヤ)
①交換されているもの
②曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
①小さな凹み又はその修理跡があるもの
②突き上げによる凹み、傷又はその修理跡があるもの
サイドメンバー
(フロント・リヤ)
①交換されているもの
②曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
①コアサポートより前に位置する部分及びリヤエンドパネルより後に位置する部分の損傷又はその修理跡があるもの
②けん引フック取り付け部の損傷又はその修理跡があるもの
③バンパーステー取り付け部の軽微な凹み又はその修理跡があるもの
④突き上げによる凹み、傷又はその修理跡があるもの
インサイドパネル
(フロント)ダッシュパネル
①交換されているもの
②外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの
①コアサポートより前に位置する部分の損傷又はその修理跡があるもの
②軽微な凹み又はその修理跡があるもの
ピラー
(フロント・センター・リヤ)
①交換されているもの
②スポット打ち直しがあるもの
③外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの
①外部に露出している部位に凹み又はその修理跡があるもの
②ボディサイドシルパネルの単体部品の交換時に生じるピラー下部に溶接処理跡があるもの
③外部を介さない凹み又はその修理跡があるもの
④1BOX車等でルーフパネルからステップまで一体として露出しているパネル状センターピラー等のアウター部はピラーとしない
⑤軽微な凹み又はその修理跡があるもの
ルーフ
①交換されているもの
②ルーフ周囲のインナー部に凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
③ピラーから波及した凹み又はその修理跡があるもの
インナー部に軽微な凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
センターフロアパネルフロアサイドメンバー
①交換されているもの
②パネル接合部に、はがれ又は修理跡があるもの
③破れ(亀裂)があるもの
④外部又は外板を介してパネルに凹み、メンバーに曲がり又はその修理跡があるもの
①突き上げ等による凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
②軽微な凹み、曲がり、破れ又はその修理跡があるもの
リヤフロア
(トランクフロア)
①交換されているもの
②パネル接合部に、はがれ又は修理跡があるもの
③破れ(亀裂)があるもの
④外部又は外板を介してパネルに凹み、メンバーに曲がり又はその修理跡があるもの
①リヤエンドパネル又はリヤフェンダー等の交換時に生じた損傷があるもの
②軽微な凹み、破れ又はその修理跡があるもの
③スペアタイヤ等格納部の突き上げによる凹み、軽微な破れ又はその修理跡があるもの

修復歴は内部フレームに損傷があるのかどうかが主な定義なので、事故が起きた車ではないということを理解していただけたことでしょう。

中古車を真剣に買おうと思っている人は、今回の知識をぜひ参考にしてみてください。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

シェアをお願いします。


中古車 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA