車査定のマニア
車のローン

車は非常に高価な買い物です。現金で一括購入出来る人はそんなにいないでしょう。ほとんどの人が車のローンを組む事になります。

自動車ローンの種類と金利相場・審査基準まとめ

ローンを組む際に気になるのが「ブラックリスト」です。この記事にたどり着いた人は、何か思い当たる節が有るのではないでしょうか?

そもそもブラックリストとは

ブラックリストとは、信用情報機関に登録された事故情報の事を指します。”リスト”という名前から「ブラックな人達を一括りにした情報が有るのか!?」と思いがちですが、決してそういう訳では有りません。

事故情報として取り扱われる事項には、「自己破産」情報やクレジットカードやローン利用額の返済遅延情報などが有ります。(クレジットやローンの場合、1回くらい返済が遅れたからといって即座に事故情報になる訳では有りません。)

信用情報機関に登録される情報には、事故情報だけでなく、住所・氏名などの個人を特定する情報や過去のクレジットカードなどの契約・利用履歴なども含まれます。


以下では、敢えて「ブラックリスト」という言葉を使って説明していきます。

ブラックリストに載っているとなぜ車のローンを組めないのか

ブラックリストに載っていると基本的に車のローンは組めません。

金融機関などは、ローンの審査の際に、信用情報機関に登録されているローン申込者の情報を確認します。そして、信用情報に「事故情報(いわゆるブラックリストの事)」が付いていると「信用力が無い」と判断し、ローンの申込を拒否します。

ブラックリストに乗っているとクルマのローンを組めない

個人間のお金の貸し借りでもそうですよね。貸したお金を返さない友人に、再びお金を貸す人はいるでしょうか?最初にお金を返さなかった時点で、頭の中のブラックリストにその友人の名前を載せていますよね。

金融機関などが行う金融取引であれば、なおさら厳しく判断されるのは当然です。ブラックリストに載っているか・いないかは【車のローンの審査においても重要な判断要素】となっています。

もちろん、ブラックリストに載っていなくてもローンの申込を拒否される場合も有ります。年収や勤続年数、クレジット等の利用履歴なども審査基準になっているからです。

ブラックリストに載ってもローンを組む方法は有るのか?

ブラックリストに載った状態でも、ローンの申込先によっては車のローンを組める可能性が有ります。

車のローンにはいくつか種類が有り、それぞれでローンの審査基準(厳しい・緩い)が異なります。つまり、審査基準の緩いローンに申し込めば、ブラックリストに載っていてもローンを組める可能性が有ります。

審査基準が比較的緩いと言われているローンとしては“中古車販売店の信販クレジット”などが有りますね。

ただし、ブラックリストに載っているが故に、かなり厳しい条件付きでしかローンを組めない可能性は高いです。(例えば、返済余力の高い保証人を付けろと言われたりや多額の頭金を入れろと言われたり・・・etc。)

車のローン

まぁ、ローンを組める可能性が有ると言っても、あくまで可能性の話なのでブラックリストに載っている以上、基本的に車のローンは組めないと考えておいた方が良いでしょう。

また、ローンの申込履歴は信用情報機関に残り、短期間に複数の申込をしているとローンの審査に悪影響を与えてしまいます。つまり、申込履歴が増えれば増えるほど、審査に通る可能性はどんどん低くなります。

1、2社にローンを申し込んで拒否された場合は、ローンを組む事を諦めて、ブラックリストの登録情報が消えるのを待った方が良いでしょう。

事故情報(ブラックリスト)が消えるまでの期間の目安

ブラックリストの情報は、一定期間が経過すると自動的に消去されます。一生ブラックリストに載っているわけでは有りません。

この「一定期間」の時間の長さは、信用情報機関や事故情報の内容によって異なります。例えば、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合は以下のようになっています。

  • 延滞・任意整理など・・・5年
  • 自己破産・・・10年

上記の期間が経過すれば、ブラックリストの情報は消去されているので、ローンを組める可能性が高くなります。

なお、上記の期間は借金を完済してからの期間となります。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の無料一括見積もり