車査定マニア
軽自動車

軽自動車

最近は軽自動車人気が高く、新車販売台数の実に40%を占める様にまでなっています。(参考記事:新車販売台数ランキング【車種別-2015年版】

そんな軽自動車ですが、普通車と同様に多くのタイプに分かれており、何も考えずに買ってしまうと「思っていたのと違う・・・」という事になりかねません。そこで、ここでは軽自動車の特徴や選び方のポイントなどについて見ていきましょう。

軽自動車の種類(タイプ)

軽自動車には、主に以下の様なタイプが有ります。

  • ワゴン
  • ハイルーフワゴン
  • ワンボックス
  • セダン
  • SUV・クロスオーバー
  • トラック

以下で、タイプ毎に特徴や代表車種を簡単に見ていきましょう。

ワンボックス

ホンダ バモス

(画像参照元:favors

ワンボックスタイプは、基本的に商用車ベースが多いですが、一般向けにオシャレな車種も有ります。また、荷室が大きいので趣味や仕事に最適ですね。

但し、ボディが大きく車重も重いので、燃費はあまり期待出来ません。

  • ホンダ  バモス
  • ダイハツ アトレーワゴン

ハイルーフワゴン

ダイハツ タント

(画像参照元:favors

ハイルーフワゴンは、名前の通り背の高いワゴンタイプです。軽自動車の概念を覆す様な背の高さと室内空間で、良好な乗降性と広大な後席空間をウリにしています。また、ミニバンの様な実用性に長けた機能・装備が充実していて、ファミリーユースに向いています。

なお、ハイルーフタイプよりもさらに背の高いスーパーハイルーフタイプも有ります。

  • スズキ  スペーシア
  • ダイハツ タント

ワゴン

ekワゴン

(画像参照元:favors

ワゴンは、燃費を含めた走行性能や居住性、積載能力に優れた万能タイプです。「ザ・軽自動車」という感じで定番の車種が揃っています。

  • ホンダ Nワゴン
  • 三菱  eKワゴン

セダン

ダイハツ ミライース

(画像参照元:favors

軽自動車のセダンは、全般的に全高が低く小回りが効きます。燃費を追及したタイプや、環境性能に配慮したタイプが多いです。

また、可愛らしいデザンが多く女性人気も高いです。

  • スズキ ラパン
  • ダイハツ ミライース

SUV・クロスオーバー

スズキ ハスラー

(画像参照元:favors

SUVは、スズキのジムニーの様に、雪道や林道など悪路の走破性に優れた本格的な4WD車です。また、スズキのハスラーに代表されるクロスオーバーは、軽のSUVに乗用車的な要素を融合させた新しいスタイルです。クロスオーバー型の軽は、男女問わず人気が有りますね。

  • スズキ ハスラー
  • スズキ ジムニー
  • マツダ クロスオーバー

トラック

三菱 ミニキャブ

(画像参照元:favors

これは、いわゆる「軽トラック」ですね。荷物を積む事に特化した頼もしい軽自動車です。但し、軽自動車の中では燃費が悪い方で、カタログ燃費で15〜20km/L程度です。

  • スズキ キャリィ
  • 三菱  ミニキャブ

軽自動車の魅力

軽自動車といえば、イエローナンバーです。以前は、このイエローナンバーが何だか恥ずかしいといって乗りたがらない方も結構いたいのですが、最近は違います。

ボディサイズの上限値が緩和されてきて、登録車(普通乗用車)との差が小さくなって来たのに、税金等の金銭面での優遇がが残り続けているので、とてもお買い得な商品となっています。

また、一昔前の軽自動車は、「狭い・遅い・安っぽい」といった欠点が多かったのですが、ここ数年の改良で一気に車らしくなっています。

以下で、そんな軽自動車の魅力をいくつか見てみましょう。

オシャレなスタイル

オシャレな軽自動車

軽自動車と言えば、以前から可愛らしい外・内装が女性に人気でした。そして、最近はスズキのハスラーの様にかわいさと格好良さを兼ね揃えた様な車種も登場し、男性からの人気も上昇しています。

他にもダイハツのコペンの様に、D-Frameという新しい骨格構造・内外装着脱構造により着せ替えが出来る特殊なタイプも有り、車好きにはたまりませんね。

コンパクトなボディサイズ

軽自動車は、なんといってもボディサイズがコンパクトなので、狭い路地でのすれ違いやUターンはストレスなく出来ます。また、車重も軽いので軽快な走りが可能です。室内空間についても、最近の軽自動車は限られたスペースを最大限に活用し、登録車に退けを取らない広々とした空間を実現しています。

特に、ハイルーフタイプは大人4人が乗ってもゆったり出来ますし、自転車やベビーカーも積み込む事が出来ます。両側スライドドアの有る車種も登場し、乗降性についても言うこと無しです。

動力・排気量

排気量が660cc以下と小さいので、消費燃料が少なくて済みます。また、ガソリンだけでなくエンジンオイルの量も2〜3L程度と少ないので、メンテナンス費用も安くて済みます。

動力性能については、一昔前は幹線道路や高速道路では後続車に煽られる事も多く、怖い思いをした事が有る方も多かったのではないでしょうか?しかし、最近はCVTが普及し、自然吸気エンジンでも十分な加速が出来る様になったので、軽自動車でも十分満足のいく走りが出来る様になっています。

軽自動車を購入する時のポイント

軽自動車を購入する際は、どの様なチェックポイントが有るでしょうか?主なものを以下で見てみましょう。

車高(全高)に注意

軽自動車といえども、最近は車高の高い車種が増えて来ています。特にハイルーフタイプやスーパーハイルーフタイプは、全高が1,600mm〜1750mm程度と、非常に背が高いです。

立体駐車場

背が高いと車内でゆったりと出来るので、その点については良いのですが、立体(機械式)駐車場に止められない可能性が出て来ます。

立体駐車場の高さには、特別な基準は有りませんが、多くの場合「全高1,550mm」を上限としています。従って、ハイルーフタイプの軽自動車はアウトですね。他にもSUV・クロスオーバータイプなども高さ制限に引っかかる可能性が高いです。

立体駐車場を頻繁に使う方は、車高に注意しながら選ぶ必要が有りますね。

室内スペース・荷室に注意

軽自動車は、一昔前と比べると大きくなりましたが、やはりセダンやミニバン等、普通車と比べると大分小さいです。

特に後部座席のゆったり感については、車種によって大きく異なるので、後部座席に乗ってもいても疲れないか、荷物も必要十分量載せる事が出来るか、という点については注意してチェックした方が良いでしょう。

軽自動車の維持費・税金

軽自動車の燃料代や税金等の維持費はどれくらいかかるのでしょうか?

自動車の税金

軽自動車は全般的に燃費が良く、リッター30kmを超える車種も普通に有ります。従って、燃料代については安く済む事が多いでしょう。

また、軽自動車は排気量が660cc以下と決まっているので軽自動車税については、標準で10,800円となります(グリーン化特例の適用の有無により異なります)。車重で金額の決まる自動車重量税については、軽自動車は大概の車種が1t以下なので標準で16,400円となります(継続検査の場合)。

参考:660ccという排気量やボディサイズの制限は日本独自のものなので、外車の軽自動車というものは有りません(かつては、ベンツにスマートKという車種は有りましたが、2004年で販売終了しています)。

但し、軽自動車は燃費・排ガス規制の点ではとても優秀で、ほぼ全ての車の自動車重量税・自動車取得税が免税となります(ターボや4WDなど、一部適合しない事が有ります)。

なお、ホンダのN-BOXで、どれくらい税金等の維持費がかかるかを計算した記事が有るので、参考にしてみて下さい。

軽自動車の維持費が普通車よりどの程度安いのか計算・比較してみた

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス