車査定マニア
走行距離

現在、ほとんどの保険会社は、契約者の年齢・免許の色や車種、車の使用状況などの事故のリスクに応じて保険料を計算する「リスク細分型」の自動車保険を販売しています。

「年間走行距離」もリスクのうちの1つに含まれます。年間の走行距離が多い人ほど保険料が高くなり、少ない人ほど保険料が安くなる仕組みです。普段、あまり車を使用しない人にとってはお得なシステムですね。

しかし、年間走行距離はあくまで契約時点の申告距離です。1年の間に使用状況に変化が生じて、予想以上に走行距離が伸びる事も有ります。もし契約時点の申告距離よりも実際の走行距離が多くなり、事故を起こしてしまったら、補償はどうなるのでしょうか?

走行距離が超えている場合の事故は補償されるのか?保険金は支払われるのか?

基本的に、走行距離が契約時点の申告距離を超えている場合に事故を起こしても保険金は支払われます。補償されないという事は有りません。

事故

ただし、保険料を安くする目的などで実態と異なる走行距離を申告した場合は、保険金が支払われない可能性が有るので注意して下さい。

なお、事故後、走行距離が多い事による保険料の追加徴収の有無は保険会社によって異なります。

予想年間走行距離を申告する保険会社の場合

契約内容が予想年間走行距離の場合は、実態に合った走行距離区分での保険料が追加徴収されます。徴収される保険料は1年分ではなく、残りの契約期間に応じた金額です。例えば、距離区分の変更によって年間保険料が1,200円高くなる場合、残りの期間が6か月で有れば600円徴収されます。

このようなシステムを採用しているのはアクサダイレクトやチューリッヒなどです。

過去1年間の走行距離を申告する保険会社の場合

申告する走行距離が過去1年間の走行距離の場合は、保険料の徴収は有りません。契約期間の走行距離は次の契約の保険料に反映されます(契約を更新した場合)。

このようなシステムを採用しているのはイーデザイン損保やセゾン自動車火災保険などです。

対処方法

上記の状況でも補償されるとはいえ、契約時点の予想走行距離を実際の距離が超えてしまった場合は、保険会社に連絡して契約内容を変更する必要が有ります。

なお、過去1年間の走行距離を申告する契約内容の場合は、保険会社への連絡も契約内容の変更も不要です。

保険料

契約内容を変更したら保険料の支払いが発生しますが、そこまで大きな金額にはなりません。例えば、予想走行距離以外を同じ条件にしてソニー損保で見積もりをすると以下のようになります。

  • 走行距離区分5,000km以下・・・48,410円
  • 走行距離区分7,000km以下・・・51,120円

差額は2,710円です。これは年間保険料の差額です。さきほども書いたように契約期間の途中で変更する場合は、残りの期間に応じた保険料が追加徴収されます。残りの契約期間が半年なら徴収される保険料は1,355円、3ヶ月なら約677円です。

実態に合った契約内容に変更する事が自動車保険の原則ですから、面倒くさがらずに契約内容の変更を行うようにしましょう。

その他の方法

その他に考えられる対処方法としては、申告距離を多めに設定しておく事でしょうか。しかし、保険料が高くなってしまうので、あまり意味の無い方法です。そのため、ギリギリの予想距離で契約して、超えてしまったら変更する、というスタンスが良いと思います。

ちなみに、ソニー損保では予想走行距離よりも実際の走行距離が1,000km以上少なかった場合は、翌年の保険料の割引を受ける事が出来ます(繰り越し割引)。

【参考】走行距離区分制を採用している保険会社一覧

走行距離区分制を採用している主な保険会社は以下の通りです。

申告する走行距離保険会社
① 予想年間走行距離ソニー損保
チューリッヒ
アクサダイレクト 等
② 過去1年の走行距離 *セゾン自動車火災保険
イーデザイン損保
そんぽ24 等

* 初めて任意保険を契約する場合は「過去1年の走行距離」そのものが存在しません。そのため、②の走行距離区分を選択採用している保険会社との契約時には、走行距離区分は選択出来ません。

走行距離区分制を採用している任意保険への乗り換えを考えているなら、上記の保険会社から選んでみて下さいね。

ただし、走行距離区分制を採用していない保険会社も含めて見積もり比較した方が、保険料の安い保険会社を見つける事が出来ますよ。

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の一括見積

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定