車査定マニア
契約期間の短い任意保険

契約期間の短い任意保険

自動車の任意保険(自動車保険)は、車を持っている方の大半が加入しています。そして、任意保険の契約期間は1年という方がほとんどでしょう。

しかし、任意保険には1ヶ月などの短期間だけ加入する方法が有るって知っていますか?ここでは、短期間だけ任意保険に加入する方法について見ていきましょう。

短期間だけ任意保険に加入する方法

通常、任意保険の保険料は契約期間1年の年払い(一括払い)を前提として計算されています。そして月払いの場合は、年払いの保険料を基礎に少々割高になる様に計算されます。

この様に、任意保険は1年契約が前提となっており、1ヶ月という短期での契約は想定されていないので、正規の商品として1ヶ月契約出来る任意保険というのは有りません。では、冒頭で書いた1ヶ月という短期間だけ加入するとは、どういう事なのでしょうか。

参考:自賠責保険は1ヶ月単位でも加入は可能です。

契約方法

これは、「分割払いで任意保険に加入して、契約後(保険始期日後)1ヶ月以内に契約を解約する」という方法により成り立つ一種の裏技の様なものです。

一旦任意保険に1年契約で加入するけど、契約後1ヶ月以内に解約の手続をすれば実質的に1ヶ月だけ保険に加入していた、という事になる訳です。

なお、この方法によってすぐに解約する場合でも、わざわざ前もって保険会社の方に説明をする必要は有りません。但し、ノンフリート等級が高い方は、必ず中断手続をしましょう。これを忘れると等級が6に戻ってしまいますよ!

ペナルティや違約金は有る?!

任意保険に加入して、一ヶ月という短期間で解約をするとペナルティや違約金を課される事は有るのでしょうか?

短期解約の違約金

この点について、任意保険は契約期間の途中で解約したからといって、ペナルティや違約金というものは課されません。

但し、年払い契約をしていた場合は、未経過分の保険料を返してもらう際に金額が大幅に減ってしまう()というデメリットが有るので、一ヶ月で解約する場合は予め月払いにしておく必要が有ります。

:解約返戻金は「短期率」というものを使って計算をします。短期率を使うと、解約返戻金は月単位の保険料よりも小さい金額となります。

ドライバー保険に加入する

他にも1ヶ月という短期間だけ任意保険に加入する方法は有ります。それは、保険会社各社に有る「ドライバー保険」という保険に加入する方法です。

ドライバー保険

これは、自分の所有する車に対してかける保険ではなく、他人から借りた車に対してかける保険です。従って、一般的な任意保険とは少し異なる性質のものですが、基本的な補償内容は変わり有りません()。

:車両保険は付帯出来ない事が多いです。また、借りた車を業務用に使う場合や、同居の親族が所有する車の場合は事故に遭遇しても保険金が出ません。

ドライバー保険は、一般的な保険と同様に契約期間は1年が標準ですが、1ヶ月だけ加入する事も出来ます。但し、契約期間が1年未満の場合は、契約期間中無事故だったとしても、ノンフリート等級や事故有係数適用期間は進行しません

各保険会社によって、ドライバー保険で契約出来る最低の期間は異なるので、詳細は保険会社に問い合わせる様にして下さい。

1日単位でも任意保険に入れるか

では、1ヶ月よりさらに短い1日単位ではどうでしょう?

1日だけ入れる保険

1日単位になると、上記で紹介した様な裏技めいた事はしなくても、1日タイプの任意保険というものが存在しています。

:1日タイプの任意保険も、ドライバー保険と同様に自分以外が所有している車に対してかける保険です。

2011年に東京海上日動が発売した「ちょいのり保険()」をトップバッターに、三井住友海上の「1DAY保険」、あいおいニッセイ同和損保の「ワンデーサポーター」など様々な商品が登場しています。

:NTTドコモと共同開発した保険で、NTTドコモで加入出来る「ワンタイム保険」はちょいのり保険と同じ内容の保険です。また、正式名称は「一日単位型ドライバー保険特約(包括方式)に基づき通知された自動車運転者保険」といいます。

携帯電話やスマートフォンからいつでも手軽に加入出来る保険で、免許は持っているけど自動車を持っていないので長期契約の保険は不要、という様な方にとっては非常に助かる保険ですね。

まとめ

いかがでしたか?任意保険の契約期間は1年が標準ですが、上手に解約する事で実質的に1ヶ月契約にしたり、他人の車であればドライバー保険や1日保険を活用する事で、短期間の契約が出来る事が分かりましたね。

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の一括見積

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定