1. 車査定のマニア
  2. 自動車保険
  3. ≫中古車に「車両保険」は必要なの?目安や必要性・節約方法

中古車に「車両保険」は必要なの?目安や必要性・節約方法

車両保険

「中古車の車両保険」は、つけるかつけないか迷うべきポイントです。

しかし安易に「つけなくて良い」と結論づける人が多いのが実情ですが、意外とそうとも言い切れないというのが筆者の結論。

あなたもそんな「中古車の車両保険」について悩んで、調べている一人でしょう。

もし「中古車の車両保険」について調べているなら、以下のような疑問を持っていませんか?

  • そもそも車両保険って、どんな保険なの?
  • 中古車に車両保険は必要なのかだろうか・・・
  • 中古車に最適な車両保険の決め方の目安を知りたい
  • 中古車の車両保険をできる限り節約する方法はある?

 

今回の記事では、上記のような「中古車の車両保険」に関する疑問が、すっきり解決できる知識を紹介していきます。

この記事を最後まで読んでもらうだけで、中古車の車両保険を理解するために必要な知識をバッチリ網羅できますよ。

ではさっそく解説していきましょう。

【裏技】同じ保証プランなのに「5万以上」も安くなった人たくさん!

保険スクエアbank!」なら、一度の申し込みで最大19社から見積もりハガキが届く。
自動車保険は同じ保険プランなのに、保険会社によって値段がマチマチ・・・
同じ保証なのに、5万以上安くなった人もたくさんいます。

実際に私も「12万円→5万円」になりました!

最大19社の見積りを比較!
自動車保険の最安値をチェック

中古車を買う前に知るべき車両保険の基礎知識

車両保険

この章であなたが得ることができる知識の要点をまとめると、以下の通りになります。

  • 車両保険は「自動車保険」のセットとして契約する保険
  • 車両保険で適用される保障の範囲は「修理」や「事故」
  • 自身の過失分を保障するのが「車両保険」

要点をおさえてもらったところで、さっそく次項より詳しい解説を見ていきましょう。

車両保険は「自動車保険」のセットとして契約する保険

中古車の車両保険について理解するのであれば、車両保険そのものの理解は必須です。

もし「車両保険についてはもう知っている」という人は、次の章まで読み飛ばしてもらってかまいません。

車両保険は「自動車保険」のカテゴリの一つで、本契約のセットとして契約する保険です。

車両保険そのものはあなたの所有するマイカーが、何らかの事故により壊れたケースにおいて修理費用を補償してもらえる保険です。

車両保険で適用される保障の範囲は「修理」や「事故」

では車両保険で適用される保障の範囲をみていきましょう。

車両保険を提供している会社として有名な「SBI損保」のページから引用してみます。

対象になる事故例は以下のような場合です。

  • 車と車が衝突、接触をして契約車両が傷ついた
  • 火災により契約車両に損害があった
  • 外部から物が飛んできて、傷がついた
  • 車庫入れに失敗してこすってしまった
  • あて逃げされた

SBI損保「車両保険ガイド – 車両保険って本当に必要?」より

保険会社やプランによって適用される内容は変わってきますが、上記に示した事例はどの車両保険でも適用される汎用的な事例といえるでしょう。

自身の過失分を保障するのが「車両保険」

車両保険の仕組みについても、シンプルに解説してみましょう。

自動車事故の場合、事故を起こした双方に過失が引き起こされ、保険金はそれぞれの過失分の払い出しになります。

あなたの過失は40%で損害額(修理費用)が10万円であったケースだと、事故の相手はあなたに対して過失分60%となる6万円を補償します。

結果としてあなたは、相手の損害額のうち、あなたの過失分である40%(4万円)を保障します。

10万円の修理費用=あなたの過失分60%(6万円)+相手の過失分40%(4万円)

これらの計算で発生したお金を保障してくれるのが「車両保険」なのです。

以上、「中古車を買う前に知るべき車両保険の基礎知識」について解説しました。

では車両保険の基礎知識を知ってもらったところで、次は「中古車に車両保険の必要性」について解説していきます。

中古車に車両保険は必要なのか

保険料

この章であなたが知ることが可能な知識の要点をピックアップすると、以下の通りになります。

  • 基本的に中古車でも車両保険は付帯しておくのがベスト
  • お金を持っていない人こそ車両保険は付帯しておくべき
  • 修理コストを実費で用意できるなら車両保険は不要

要点を確認してもらったところで、次項より具体的な解説について見ていきましょう。

基本的に中古車でも車両保険は付帯しておくのがベスト

結論からいいますと、中古車でも車両保険は付帯しておくことをオススメします。

自動車保険の中の補償の1つで、車両保険はとてもキーポイントとなる補償となるからです。

事故や故障によりあなたの車を修理する場合、高い価格になることが多く、そんな時に助けになるのが車両保険です。

だからこそ、基本的には中古車に車両保険は付帯しておくべきだといえるでしょう。

お金を持っていない人こそ車両保険は付帯しておくべき

言い方が少し悪いようですが、端的に言うとお金を持っていないからこそ車両保険は付帯しなくてはいけません。

車の事故とは予測しておきるものではなく、当然ながら故障もそうです。

だからこそ突然の事態に備えて、車両保険をつけておくと安心できます。

実際に車両保険をつけておくと、いざ事故や故障でマイカーを直すことがあっても、評価された金額までは保険がおります。

全損でない限りは、基本的に直すことが実現してしまうのです。

逆に車両保険をつけないと、修理費用はあれもこれも自己負担となります。

一気に10万から20万も手元からお金がなくなっていくのは、生活に支障をきたしてしまうでしょう。

だからこそ「車両保険は必要」なのです。

修理コストを実費で用意できるなら車両保険は不要

衝突事故

事故や故障により所有車両の修理コストを実費で用意できる人は、車両保険をつけることは不要です。

自損事故の場合はパーツ交換がメインになるのが通例で、費用は場所によりますが、おおむね10万程です。

お金を工面できる人は、車両保険を加えることなく実費で支払ってしまいましょう。

また車をどんどん買い替える人も、わざわざ車両保険をつける必要はありません。

車両保険はあくまで所有車両の修理に手を付ける時に役に立つ補償になります。

修理せず買い替える人であれば、車両保険につぎ込むお金を頭金にするなどして車を買い取りましょう。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

以上、「中古車に車両保険は必要性」について紹介しました。

では具体的に中古車に車両保険をかけるとなると、どれほどの金額にすればいいのでしょうか。

次章より詳しく紹介していきます。

中古車に最適な車両保険の決め方の目安と注意点

自動車保険

この章であなたにおさえておいてもらいたい知識に関する要点を先に伝えると、以下の通りになります。

  • 車両保険の目安となるのは同型車種の市場販売価格
  • 中古車は車両保険金額を修理コストが超える事例がよくある
  • 市場価格があまりに低いと保険の対象外になることがある

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

車両保険の目安となるのは同型車種の市場販売価格

車両保険の保険金額の設定の目安となるのは、対象となる車と同型の車種の市場における販売価格です。

そして肝心の保険料は車両保険金額をいくらに決めるのかによって変わってきますが、変化する金額はおよそ2,000円~3,000円です。

実際に「ソニー損保」でトヨタのプリウス(中古購入価格90万円)で見積もりを出してみました。

結果としては、保険金額を90万円に設定したケースと70万円にした見積もりでは、約2,000円(年間)の差が出るという結果に。

保険会社によって設定できる金額や根本的な保険料に違いがありますが、保険料の変化額はほとんど同一です。

だからこそ車両保険金額を高く設定してもさほど保険料が高くならないので、できる限り高額の保障を受けられるようにセレクトしておいたほうが良いでしょう。

中古車は車両保険金額を修理コストが超える事例がよくある

先ほども紹介したように、車両保険金額はマーケット価格に相当する金額に基づいて決定されます。

そのため、古い中古車であれば、車両保険金額が低くなります。

一方、修理費用はマーケット価格に影響されずに発生するものなので、かなり高額になるケースも頻繁です。

中古車を対象とするのであれば、車両保険金額を修理コストが超える可能性がよくあるので注意しましょう。

市場価格があまりに低いと保険の対象外になることがある

あまりにも年式の古い車や車両保険価額が低レベルな車は、そもそも保険の対象外になっている可能性もありえます。

特にネット通販型自動車保険では申込が対象外なんてこともザラにあるので、事前に問い合わせて相談しておくのがベストです。

一方、代理店型だとある程度年式が昔のタイプでも加入を認めてくれる事が少なくありません。

自動車保険は代理店型と通販型と大きく2種類あります。

代理店型は高い保険料を取るだけあって、非常に丁寧な対応をしてくれる傾向が強いです。

詳細は筆者が管理している自動車保険サイト「元保険担当が解説!交通事故時の担当者は代理店型と通販型によって違うの?」「車保険は代理店型?通販型(ダイレクト型)?気になる料金相場と事故対応を比較」の記事をご確認ください。

以上、「中古車に最適な車両保険の決め方の目安と注意点」を詳しく見ていきました。

しかしせっかく保険をかけるなら、なるべく毎月の保険料を節約したいものですよね。

そこで次章では「中古車の車両保険をできる限り節約する方法」を3つ紹介していきます。

中古車の車両保険をできる限り節約する3つの方法

車と保険料

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

  • 「車両保険金額」を低くすれば毎月数千円安くなる
  • 「免責金額」を高く設定すれば年間で1万円以上安くなる
  • 安い保険を求めるなら車両保険(自動車保険)の一括見積もりが必須

ではさっそくそれぞれの要点について、次項より詳しい解説をしていきましょう。

「車両保険金額」を低くすれば毎月数千円安くなる

車両保険の「車両保険金額」を設定する際、あなたにとって無理のない程度まで低くすることで、保険料を安く抑えられます。

先ほどは「高めの金額に設定しても毎月の支払いは2,000~3,000円の違いにしかならない」と説明しました。

しかし逆をいえば車両保険金額を低くすれば、数千円安くなるのは事実なのです。

人によっては「安心のためにとりあえず保険をかけておきたい」「実際に事故は起きないだろう」と考える人もいるでしょう。

そんなニーズをもつ人にとって、車両金額を落とすのはもっとてっとり早い節約術です。

もちろん、受け取れる補償額は減るものの、保険料は安くできるので、ある程度事故の際に自己負担で払えるのなら車両保険金額を低くする方法はアリだといえます。

「免責金額」を高く設定すれば年間で1万円以上安くなる

免責金額を高く設定すれば、保険料を大幅にリーズナブルにすることも可能です。

免責金額とは保険が発生した時に自分で支払う金額のことで、免責金額を自分で支払うことで車両保険金額を手元に残すことが可能になります。

実際に保険発生の案件が起これば手出しにはなりますが、車両保険金額が自分のモノになる利点があるのです。

そんな免責金額ですが、0~10万円で設定可能で、仮に0円にした場合と、10万円に設定した場合では、一般的な車両保険プランでも年間で1万円から15,000円もの差額が生まれます。

安い保険を求めるなら車両保険(自動車保険)の一括見積もりが必須

自動車保険は、保険会社によって保険料にギャップが出ます。

また自動車保険料が知りたくても運転手の等級の影響や、車両保険を付帯するかどうかでも費用が大きく変わってきます。

そのため、各保険会社に何でもかんでも見積もりをお願いするのは、賢い方法ではないといえるでしょう。

そこで出番となるのが、自動車保険(車両保険)を一括で見積もりしてくれるサービスです。

一括見積もりサイトを活用すると、あなたが入力した内容を基に、同じ条件で一番安い保険を複数社から比較し、導きだすことができます。

結果的にたった5分の入力だけで、保険料が安価になってくれるのです。

金額を考慮して「車両保険は必要ない」と思っている人も、一度は一括見積もりサイトをつかって比較してみるべきでしょう。

代表的なサイトは「保険スクエアbank!」などのサイトです。

特別なテクニックを使うことなく使えるので、サイトを使って見積もりを出し、自動車保険の保険料を安く抑えましょう。

最大19社の見積りを比較!
自動車保険の最安値をチェック

以上、「中古車の車両保険をできる限り節約する3つの方法」について解説してきました。

この章で解説した知識は「中古車の車両保険」を理解する上で重要な知識なので、必ずおさえておくようにしてください。

まとめ

以上、「中古車の車両保険」をテーマとして、多種多様な知識をレクチャーしてきましたが、いかがだったでしょうか?

車両保険は「自動車保険」のセットとして契約する保険で、適用される保障の範囲は「修理」や「事故」です。

そんな車両保険ですが、基本的に中古車でも車両保険は付帯しておくのがベストといえます。

お金を持っていない人こそ、車両保険は付帯しておくべきでしょう。

しかし、修理コストを実費で用意できるなら、車両保険を絶対につけておく必要もありません。

なお車両保険の金額目安となるのは同型車種の市場販売価格ですが、市場価格があまりに低いと保険の対象外になることがあるので注意が必要です。

もし中古車の車両保険をできる限り節約したいなら、「車両保険金額」を低くすれば毎月数千円安くなります。

また「免責金額」を高く設定すれば、年間で1万円以上安くなることも可能です。

どちらにしても安い保険を求めるなら、車両保険(自動車保険)の一括見積もりサイトを使うのが一番でしょう。

【裏技】同じ保証プランなのに「5万以上」も安くなった人たくさん!

保険スクエアbank!」なら、一度の申し込みで最大19社から見積もりハガキが届く。
自動車保険は同じ保険プランなのに、保険会社によって値段がマチマチ・・・
同じ保証なのに、5万以上安くなった人もたくさんいます。

実際に私も「12万円→5万円」になりました!

最大19社の見積りを比較!
自動車保険の最安値をチェック

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

シェアをお願いします。