車査定のマニア

「名義変更等の手続き」の記事一覧

ワンストップ

自動車関係の手続は、基本的には平日に陸運局等へ足を運んで行う必要が有ります。お勤めの方にとっては平日に役所回りをするのはなかなか困難ですよね。そこで、自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)という便利なサービスが有るのを知っていますか?以下で詳しく見ていきましょう。

新規登録手続き

普通車や軽自動車などを新車で購入した時に新規登録手続きを行いますが、この手続きは自分で行う事も出来ます。今回は新規登録手続きを自分で行う場合の必要書類や費用などを紹介します。ただ、面倒くさい手続きなので、基本的にディーラーに任せた方が良いでしょう。

中古車新規登録手続き

一時抹消登録をした中古車。つまり、ナンバープレートが付いていない中古車を再度登録する手続きの事を「中古車新規登録」と言います。今回は中古車新規登録の手続きや必要書類、費用などについて紹介します。普通車や小型車に絞って、一時抹消した中古車の登録手続きを説明しています。

自動車税

自動車税納税証明書は毎年4月1日時点の車の所有者に送付されます。ただ意外に自動車税納税証明書を紛失してしまう人が多いです。無くした場合は再発行手続きを行って下さい。今回は自動車税納税証明書の「一般用」「継続検査用」の再発行手続きについて紹介します。基本的に継続検査用の手数料は無料です。

自賠責保険

自賠責保険証明書は自賠責保険に加入している事を証明する書類です。正式には【自動車損賠賠償責任保険証明書】と言います。今回は自賠責保険証明書の記載内容や保管場所、不携帯の場合の罰則などについて紹介しています。また、自賠責保険証明書が必要になる手続きも一覧で紹介しています。

封印

普通車の後部ナンバープレートには「封印」が施されています。この封印がキ損・滅失などした場合は、封印の再発行手続きを行わなければなりません。再封印手続きと呼ばれる物です。今回は封印の再発行手続きについて紹介します。なお、勝手な封印の取り外しは違反ですので注意して下さい。

車検証

車検証を紛失したり破いてしまったら、運輸支局等で車検証の再発行手続きを行いましょう。今回は車検証の再発行手続きに関する「必要な費用」「要する時間」「理由書などの書類の書き方(記載例)」などについて紹介しています。車検証を紛失した状態での走行は違反ですのでなるべく早く手続きを行って下さいね。

理由書の記載例

車検証やナンバープレートが盗難・紛失に遭った場合には再発行手続きを行います。その際に必要になるのが「理由書」です。盗難・紛失によって車検証やナンバープレートを返納出来ない理由を記載します。理由書の書き方やダウンロードについて紹介しているので参考にして下さい。

遺産分割協議書の記載例

家族が亡くなった場合のやるべき事の1つが「相続」です。家や預金、車など様々な遺産を相続人の間で協議し、分割内容を決定しなければなりません。その際に作成するのが「遺産分割協議書」です。今回は車の遺産分割協議書の書き方やダウンロードについて紹介します。

①委任状の記載例

車の手続きは基本的に平日にしか行えません。そのため、家族・友人などに車検や売買(名義変更)、廃車などを代理で手続きを行ってもらう事も多いです。その時に必要になるのが「委任状」です。今回はこの委任状の書き方・見本について紹介します。ダウンロード先も併せて紹介しています。

住民票

自動車の手続きには様々な種類が有りますが、その中のいくつかの手続きでは「住民票」が必要書類に含まれています。そこで今回は住民票がどの手続きで必要になるのか、そして住民票の取得方法について紹介します。車関連の手続き以外でも住人票は様々な場面で必要になるので参考にして下さい。

同意書の記載例

未成年の人が車の売買などをする時は、名義変更などの手続きの必要書類に親権者の同意書が必要になります。親権者の同意書は国土交通省のHPでダウンロード可能。ダウンロードした用紙の書き方について紹介しています。なお、婚姻をした未成年者は親権者の同意書は不要です。

名義変更

軽自動車を購入した場合には名義変更の手続きを行う必要が有ります。ディーラーなどの業者に手続きを任せる事が多いです。が、名義変更手続きは自分で行う事も出来ます。しかも、軽自動車の名義変更は必要書類が少なく簡易的な内容になっているので簡単です。代行費用を節約する意味でもご自身でやってみても良いでしょう。

名義変更

自動車を購入した時などには「名義変更手続き」が必要になります。代行業者に依頼する人が多いかもしれませんが、自分で名義変更手続きを行う事も出来ます。どちらを選択するかで必要な書類が若干異なります。今回は自動車の名義変更手続きの必要書類と費用について紹介しています。

譲渡証明書の記載例

自動車の個人売買などをした際に譲受人に渡す重要な書類が「譲渡証明書」です。今回は譲渡証明書の書き方(記載例)や入手先(ダウンロード)などを紹介します。また、譲渡証明書を紛失してしまった場合についても併せて紹介していますので、参考にして下さい。

車の盗難

車が盗難された場合、どのような対応をしなければならないのでしょうか?まずは警察へ盗難届を出す事です。そして、運輸支局で一時抹消手続きを行う事です。今回はこの2つの手続きについて紹介しています。また、自賠責保険や任意保険、そして車が戻ってきた場合の手続きについても紹介しています。

車検証

車検証には、ナンバープレートや年式、使用者などの様々な情報が記載されています。また、備考欄も設けられ、そこには走行距離や重量税などの情報も記載されています。豊富な情報が載っている車検証ですが、見方を知らないと理解出来ない部分も有ります。今回は大切な車検証の見方について紹介します。

車検証のシール

車のフロントガラスに貼付しておかなければならない「車検証のシール(検査標章)」。4cm四方のサイズという事も有り、紛失してしまう事が有ります。また、車内の掃除中に破れてしまうなんて事も・・・。こんな場合は、車検証のシールの再発行手続きを行いましょう。今回は検査標章の再発行手続きについて紹介します。

ナンバー再交付の申請書記載例

ナンバープレートが盗難・紛失・棄損などにあった場合は、ナンバープレートの再発行手続きを行いましょう。今回はナンバープレートの再発行手続きについて紹介しています。手続きの場所や流れ、必要書類、書類の記載例、費用(手数料)などを網羅していますので参考にして下さい。

ナンバープレート

ナンバープレートが棄損などしてしまった場合、再発行手続きを行う必要が有ります。この時、ある条件を満たしていれば、今まで付けていたナンバープレートと【同一番号】のナンバープレートを再発行する事が出来ます。今回は、同一番号のナンバープレートを再発行する手続きの必要書類などについて紹介します。

車検証

車の中に常に有るはずの「車検証」。しかし、何故か紛失してしまう事が有ります。紛失したままの状態で走行すると違反になり高額な罰金刑が言い渡されます。また、車検証は車検や廃車の手続きの際にも必要になる書類です。今回は車検証を紛失してしまった時の車検・廃車手続きを受けるための手段を紹介します。

結婚

結婚や離婚などで氏名が変わった場合、様々な手続きを行わなければなりません。自動車関連では「変更登録」「自動車税の申告」「自賠責保険の改姓」などの手続きが必要です。今回はこれらの氏名変更に伴う手続きについて流れや必要書類、費用などを紹介します。

軽自動車検査協会事務所

軽自動車の各種手続きを行う場所は「軽自動車検査協会」です。軽自動車検査協会の事務所は各都道府県に設置され、軽自動車に関する様々な手続きを処理しています。登録手続き等は住所地を管轄する事務所・支所に行うので、今回紹介する事務所一覧を参考にして下さい。

運輸支局

登録車の車検や登録手続きは、管轄の運輸支局又は自動車検査登録事務所で行います。都道府県によっては、複数の事務所が設置されていますので、どこの事務所で手続きを行えば良いのか分かりにくい場合も有ります。今回は運輸支局と自動車検査登録事務所の一覧を紹介していますので参考にして下さい。

住所変更手続き

引っ越しによって住所変更が生じた場合、自動車関連の様々な書類の住所変更手続きが必要になります。車検証やナンバープレート、自動車税、自賠責保険など。今回は自動車の住所変更手続きの必要書類や流れなどについて紹介しています。住所変更をしなかれば罰則を受ける可能性が有るので早めに手続きを行いましょう。

車検証

引っ越しをした時に車検証の住所は変更しましたか?車検証の住所は変更しなければならないと法律で定められています。もし、住所を変更しなかった場合には罰則を受ける可能性が有ります。また、それ以外にも色々と問題が起こる可能性が有るので、引っ越しをしたら車検証の住所を変更するようにしましょう。