車査定マニア
事故車

「事故歴有りの車(いわゆる事故車)」と「修復歴車」は違います。どう違うのか?と言うと「範囲」が違います。中古車業界ではこの2つを使い分けているので、ごちゃ混ぜにしないようにしましょう。

スポンサーリンク

事故歴有りの車と修復歴車の違い

具体的に言うと、修復歴車とは「事故を起こして、走行や強度に影響を与える車の根幹部分を修理した車」の事を指します。(修復歴車の定義

一方で、事故車とは、「単に事故を起こした事の有る車」の事を指します。

修復歴車も、事故を起こした車である事に違いは有りませんが、修復歴車は事故を起こした車の中でも「フレームのゆがみなどの車の根幹部分を修理した車」に限定されます。

従って、単にキズを修理するために板金塗装をしたとか、ミラーを交換したとか、かすり傷程度の修復をした車は「修復歴車」には該当しません。たとえ、人身事故を起こしたような車でも「車の根幹部分を修理していない」なら、事故車であっても「修復歴車」には該当しないという事です。

イメージはこんな感じです。

事故歴有りの車と修復歴車

なお、中古車販売店はプライスボードで「修復歴の有無」の開示を義務付けられていますが、「事故歴の有無」を開示する義務は有りません。なので、プライスボード上で「修復歴無し」となっていても、事故をしていないわけではない、という事に注意しておいて下さい。

修復歴の無い事故車かどうかを見極めるには状態図をチェックする

少し話がややこしくなってしまいますが、中古車業界で「事故車」と言えば「修復歴車」の事を指します。私達一般ユーザーが思う「事故車」の定義と中古車販売屋さんの「事故車」の定義は違うわけです。

なので、中古車のセールスマンと会話が噛み合わない事が有ります。

例えば、「修復歴車ではない事故車」を見に来たユーザーがいたとしましょう。

そこで、一般ユーザーが「この車って事故車じゃないですよね?」と聞いた時に、セールスマンはなんと答えるかというと「いえ、この車は事故車では無いですよ」と答えます。

なぜか?両者の間の「事故車の定義」が違うからです。先程も書きましたが、中古車販売店は「事故が有ったかどうか」を開示する義務は有りません。開示する義務が有るのは「その車が修復歴車か否か」だけです。

まぁ、もちろん良心的な車屋さんなら、修復歴の有無も事故歴の有無も、全て教えてくれるでしょうが、現実に事故歴は開示してくれない車屋さんもいます。

kuruma

では、そういった場合に、自分の目当ての車が「修復歴車ではない事故車か否か」を見極めるために、どうすれば良いのか?

と言うと、そういう場合は「中古車の状態図(査定表)」を見せて貰って下さい。状態図は、車の査定士が「キズの位置や補修した部分」などを細かく記載している公的な書類です。ここに「バンパー交換」とか書かれていたら、あぁバンパーを交換しなきゃならないような事故でも起こしたんだろうな・・・と分かります。

なお、中古車の状態図を見せてくれない車屋さんから購入するのは辞めておきましょう。

なぜ「修復歴車」という言葉が存在するのか?

これは、やっぱり「事故車」という言葉はイメージが悪いから、というのが一点目の理由です。

あとは、現状「修復歴車か否か」の開示義務しか無いわけですから、単に「車庫入れがヘタでこすってしまった車」とかを「修復歴車」として表示してしまうと、「中古車販売店に陳列されているほとんど全ての車が事故車(*1)」に該当してしまうからです。

*1 ここでの事故車とは中古車販売店から見た事故車の事を指します。つまり「修復歴車」の事です。

そこで、重要な部位を修理した車だけを「修復歴車」と名づけて、いわゆる事故車とは区別しているのです。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス