車査定マニア
キャンセル

新車ディーラーではユーザーに新車を納品した後で「客からその注文をキャンセルされる」事が稀に発生します。

では、このキャンセルされて戻ってきた車はその後どうなるのでしょうか?実は新車ディーラーの営業マンは有る裏技を使ってこの車を処理します。

スポンサーリンク

販売後のキャンセルってどんな時に起こるの?

そもそも、新車ディーラーで新車を販売しておきながら、客から注文をキャンセルをされるという事があり得るのでしょうか?またそのキャンセルは認められるのでしょうか?

実は、客の方からすると信じ難い話かもしれませんが「ユーザーの希望した車と仕様が異なる車が納車されてしまう」という事態がたまに発生してしまうのです。

仕様の違う車が納品されたと有れば、ユーザーに何ら不備は有りませんから当然ユーザー側からのキャンセル処理が可能となります。

新車ディーラーで扱っている車は中古車販売店(大規模展に限る)と比べると、車種が少ないです。しかし、その分同じ車種の車を、異なる仕様で多くの客に販売することになります。

すると、「仕様が注文と異なる新車を客に届けてしまった」というトラブルがどうしても発生してしまう訳です。

  • 純正ナビが付いていない(メーカーオプション)
  • 希望の内装・外装カラーと違う etc・・・

などなど、発生しそうなトラブルを数え上げれば切りが有りません。

客からすると、後々のキャッシュバックで納得出来る程度の内容で有ればそれを受け入れる事が出来るかもしれませんが、外装の色が全然違うなどといった、買い替えなければ解決出来ない様な内容だと、当然キャンセルをすることになります。

キャンセルされた場合

一度販売し、納車までされた新車は既に車検証上も登録がされているのでもはや新車と言うことは出来ず、いわゆる「新古車」「未使用車」となります。従って、新車ディーラーで「新車」として販売することは出来ません。このままでは、キャンセルされた車は行き場を失ってしまう事になります。

新古車

営業マンも「間違えて納車した結果キャンセルされてしまいました!」と簡単に会社に報告する訳にもいきません。そんなことをすると責任を取らされて、減給になりかねません。

そこでどうするかというと、営業マンは「中古車販売店にこのキャンセルされた車を買い取って貰う」のです。

中古車販売店はオークションに出品することを前提で買い取りをするので、オークションでの売り相場の10万円程度低い価格で、営業マンから買い取りをすることになります。

結果として、営業マンは以下の計算式で計算した分の自腹を切れば、この問題を解決出来る事になります。

(新車として販売した金額-(オークションでの売り相場-約10万円)


本来であれば、新車として販売した金額そのままが損失として出るところ、ある程度の金額は回収することが出来るので傷口は浅くなりますね。

ちなみに、未使用車についてはオークション会場に行くとすぐに分かる様になっています。なぜなら、初回登録年月が極めて最近で、さらにビニールを張った状態で出品されているからです。中古車のオークションなのに新車の状態で置かれているので結構目立ちます。

くじ引きなどの景品で当たった車をそのまま出品するといったことも有るので、必ずしも「営業マンのミスによる新車」とは限らないのですが、オークション会場に行くと意外によく見かけるものですよ。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス