車査定のマニア
中古車の保証

中古車の保証

中古車を買う際に不安な点、それは「不具合の有る中古車を買ってしまったらどうしよう」「買って間もなく壊れてしまったらどうしよう」といったものではないでしょうか?

中古車は、前にどんな人が乗っていたか分かりません。丁寧に乗ってメンテナンスもしっかりしていたのであれば、問題無いでしょうが、荒っぽい乗り方をしていたりメンテナンスを怠っていた様な車は、購入後すぐに不具合が生じる可能性が有ります。

ここでは、そんな中古車購入時の不安を解消する為の「中古車の保証」について見ていきます。

保証の範囲

家電関係では、メーカー保証が購入日から1年がメインで、追加の料金を払えば延長保証が付く事が一般的ですが、自動車業界での保証は少し異なります。

自動車(国産車)の保証は、以下の3つに分かれます。

  • 一般保証
    ⇒エアコンやカーナビなどの電装系が対象。期間は3年若しくは6万キロ以内が一般的。
  • 特別保証
    ⇒エンジンやブレーキなどの根幹部分が対象。期間は5年若しくは10万キロ以内が一般的。
  • 塗装や錆の保証
    ⇒ボディの塗装が剥げたり、錆びたりした場合の保証。期間は3年や5年が一般的。
  • 自動車のメーカー保証の内容や期間

但し、これらの保証は新車購入時に限定()されているので、中古車の場合は別途販売店に保証を付けてもらう事になります。

:ディーラー系列の中古車販売店経由で購入する場合は、前の所有者が新車で購入したときの保証が残っていれば保証の継続をする事が可能です。(参考記事:「保証継続」手続を行えば中古車でも新車のメーカー保証が受けられる

中古車の保証

中古車の保証はというと、「保証が全くないケース」と「保証が付いているケース」とに分けられます。

参考個人間売買インターネット通販で中古車を購入する場合は、保証が付かないのが一般的です。

保証が付いているケースでの一般的な保証内容は、新車の保証で出て来た「特別保証」と同様の内容になります。車が走ったり曲がったりするのに必要な部分の不具合が対象となり、「一般保証」部分や「塗装・錆」などは対象外になっている事が多いです。

交渉次第で、ステレオやエアコンなどの装備品も保証の対象にしてくれる事も有ります。対象外だからと最初から諦める様な事はせずに、頑張って交渉してみましょう。

また、保証期間は納車後1ヶ月若しくは3千km以内程度に限定されている事が多い様です。

保証

しかし、最近は全国展開をする大手の中古車販売店(ビッグモーターやガリバーなど)を中心に、独自の長期保証サービスを提供する販売店が登場しており、中には10年間という長期保証が付けられる販売店も有ります。

参考に、ビッグモーターではロングRUN保証というものが有り、最大で10年間走行距離に関わらずエンジンやブレーキ、ミッション等の主要機関の保証を付ける事が出来ます。

ガリバーでは最短6ヶ月から最長10年までの有料保証(あんしん保証)が有り、保証期間内は走行距離無制限でエンジン等の機関の保証をしてくれます。また、カーナビやETCなどの付属品も「プラス保証」として追加する事が出来ます。

保証は絶対に付けてもらう!

新車の場合はメーカー保証が付いているので気にする必要は無いですし、そもそも新車は普通に乗ってれいれば、いきなり故障する事はあまり有りません。

しかし、中古車は違います。冒頭で話した様に誰が乗っていたのか分からないので、運が悪いとすぐに故障する場合も有ります。

保証が全くない中古車を買って故障してしまうと、修理代は自己負担となりますし、最悪の場合修理が出来ない様な状態(若しくは修理代で車が買えてしまうくらい高額)になってしまう事も有ります。

保証無しでの故障

保証付きの中古車と保証無しの中古車では、後者の方が購入時の値段は安くなるでしょうが、後々の事を考えると保証が付いている方が負担が少なく済む事が多いです。

従って、中古車を購入する場合は必ず保証を付けてもらう様にしましょうね!「うちは保証は付けません」と言う様なお店の場合は、売る車に自信が無い訳なので、そもそも購入を控えた方が良いでしょう。

また、中古車とはいえども納車時に最低限の整備は実施されるので、納車後1ヶ月程度で故障する事は少ないです。

毎日それなりの距離を走る方であれば、1ヶ月程度で不具合が出て来る事も有るでしょうが、通常は数ヶ月から半年程度乗ってから不具合が表面化してくる事が多いです。

そこで、保証期間は少なくとも半年から1年は付けてもらう様にしましょう。

保証書は必ずもらおう!

説明して来た様に、中古車を購入する場合は保証を少なくとも半年から1年程度は付けてもらいたいところです。

保証書

そして、保証書は必ず書面で発行してもらう様にしましょう。小規模の販売店だと、「後で何か不具合が出て来たら、直すので持って来て下さいね」と口約束で済まされる事が有りますが、後々トラブルに発展しかねないので、必ず書面でもらい、契約書にも保証内容を書いてもらう様にしましょう。

保証は付けるけど、書面では出しませんという中途半端な事をいう販売店は、信用に値しないので他の店での購入を検討した方が良いでしょう。

保証書が有れば、販売店にぼったくられたり、修理を断られたりする事も有りません。トラブルの多い中古車業界だからこそ、こういったところはしっかりと抑えておきたいですね。

:中には、保証書の発行までしておきながら車の保証期間が切れるまで担当者に会わせてくれない、という悪徳業者もいるので注意が必要です。(参考記事:中古車の悪徳販売業者あるある~「車の保証が切れるまで担当に会えない」

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス