車査定マニア
価格相場

中古車は新車に比べれば確かに安いです。しかし、「自分の買い物は果たして正解だったのか?お得だったのか?」と、中古車を購入した後に思った事は有りませんか?

こういった感覚になるのは、中古車に「定価」という情報が存在しないからです。全く同じ自動車が中古車市場には存在しないので、当然かもしれません(同じ車種でも走行距離が微妙に違うなど)。新車ならメーカーの定価が表示されているので、こういう感覚にはなりませんけどね。

中古車を買った時に、自分の買い物が正解だったのか?(販売店にボラれていないか)を見極めるためには「店頭表示価格と仕入価格の違い」を認識しておく必要が有ります。

スポンサーリンク

店頭表示価格の内訳は「仕入価格」と「販売店の利益」

そもそも、店頭表示価格とは、中古車の仕入価格(相場価格)に販売店の利益、費用(管理費用や人件費、広告費など)が上乗せされた価格を言います。

実際に購入する時には、店頭表示価格に税金や自賠責保険などの諸費用がさらに上乗せされます。

購入費用の内訳

自分がボラれていないか確認するためには、中古車の「店頭表示価格の内訳」を把握しておく必要が有ります。

一般的に、店頭表示価格に加算される税金・保険等の諸費用はおよそ20万円です。この金額は納得のいく商談をするというよりは、予算感として心に留めておいて下さい。予算を店頭表示価格に重ねてはいけないと言う事ですね。

中古車販売業者の中には、税金・保険等の費用を水増しして請求する業者も有るようなので注意して下さい。

次に「仕入価格」と「販売者側の上乗せした利益等の額」がどれくらいなのか?を把握しましょう。これらの情報が分かれば、定価の無い中古車でも納得して購入する事が出来ます。

中古車

大袈裟に言うと、店頭表示価格150万円に対して40万円も値引きを提示してくれたら、お得な感覚になりますよね。しかし、その車の仕入価格が30万円だったらどう思いますか?ボリすぎ!と思うでしょう。

つまり、見せ掛けの値引きかどうかを判断する為にも、「仕入価格(相場価格)」や「販売者の利益等」の情報を知っておく必要が有るのです。

中古車販売店が上乗せしている利益は20万~25万円

中古車販売店はおよそ「20万~25万円」の利益等を、仕入価格(相場価格)に上乗せして店頭表示価格としています。

この目安を頭の隅に置いておけば、販売者の悪意のある値引き額に騙される事はなくなるでしょう。

ただし、上記数値はあくまで「目安」です。実際、中古車販売業者側が中古車ごとにどれだけ利益を上乗せしているかは分かりません。車種の「人気」や「状態」によって異なってくるかと思います。

そこで、仕入価格(相場価格)の登場です。店頭表示価格から仕入価格(相場価格)を引けば、中古車ごとの販売者の利益等の額を求める事が出来ます。

仕入価格(相場価格)を知るには?査定額に平均15万位を加算

中古車販売業者は、業者オークションを介してほとんどの中古車を仕入れています。

参考:中古車市場の流通の仕組み~業者オークションが流通の要

この流通経路の仕組みを利用して、仕入価格(相場価格)を予想します。

予想方法は至って簡単で、中古車買取専門店数社の査定額の平均値に、およそ15万円ほど足した金額を販売業者の仕入価格(相場価格)と考えるわけです。

査定額にはある程度の幅が有るので、各中古車買取専門店の査定額の重なった部分に約15万円を足して「仕入価格(相場価格)」としても良いと思います。

人気車種の場合、販売店側の上乗せ部分が15万どころではない場合も有るので、参考数値として見てください。

査定額はどのように算定するのか?買取専門店数社に問い合わせてみる方法も有りますが、査定車種の情報を毎回伝えるのは非常に煩雑です。そこで、一括で査定見積が取れる査定サイトを利用します。これなら、査定車種の情報の入力は1回で済むので、非常にラクです。

査定車種の情報は、自分が購入しようと考えている中古車の情報(グレードや色、走行距離など)を入力していきます。

こうやって入手した仕入価格(相場価格)を基に、中古車の商談をすれば、きっと納得のいく買い物が出来るでしょう。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス