1. 車査定のマニア
  2. 査定・買取り
  3. ≫公式では書かれていない!ガリバーのクレームガード保証の費用と使うべきかの判断

公式では書かれていない!ガリバーのクレームガード保証の費用と使うべきかの判断

車の中で落ち込む女性

中古車の買取業者「ガリバー」の営業マンと話をすると、「クレームガード保証」というサービスを提案される事があります。

クレームガード保証とは「売主に欠陥の責任追及をしない」という制度ですが、パッと聞いただけでは理解ができません。

そこまで理解していないのに営業マンのセールストークにのせられて、「クレームガード保証をつけていれば安心」と思っていませんか?

キチンと理解せずに「とりあえずつけておこう」としてしまうと、結果的に損するかもしれませんよ。

ハッキリ言って「クレームガード保証」は、絶対につけるべきだと断言できる制度ではありません。

実際にクレームガード保証自体、以下のように料金がかかるものであり、世間的な評判も芳しくありません。

買取価格国産車外車
0~10万4,900円4,900円
10万~20万5,900円6,900円
20万~30万6,900円7,900円
30万~40万7,900円9,900円
40万~50万8,900円11,900円
50万~100万9,900円14,900円
100万~150万11,900円17,900円
150万~200万13,900円20,900円
200万~250万15,900円23,900円
250万~300万18,900円26,900円
300万~21,900円29,900円

だからこそ、クレームガード保証についてしっかりと理解し、自分自身で必要かどうか判断するしかないのです。

その判断をするための知識を、以下詳しく見ていきます。

内容をしっかりと理解して、本当に使うべきなのかどうかを熟考して下さいね。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

どこまで適用される?クレームガード保証の基礎知識

車の中で落ち込む女性

ガリバーで車の査定をしてもらうと提案される「クレームガード保証」ですが、一体どんな制度なのでしょうか。

クレームガード保証について、シンプルにまとめると、「買取した後に何か問題が発覚してら普通は賠償請求するけど、クレームガード保証に入ってた人は賠償請求しないよ」というもの。

クレームガード保証をもっと詳しく説明すると、以下の通りです。

買取り業者は客から車を買う際に査定をします。

査定士は査定のプロですが、それでも絶対に車の欠陥(瑕疵)を全て見抜けるという訳ではありません。

査定をして買取後に欠陥が見つかった場合は、法律上は客(売り主)にその責任をとってもらう事ができます。(瑕疵担保責任)

しかし客からすると「欠陥を見抜けなかったのに、何故その責任をこちらが負担しなければならないのだ」と思いますよね。

そこで、売り主が欠陥について責任追及された(査定額の減額や返品)場合に、その責任を補填しましょう、というのがクレームガードなのです。

つまり、査定後に新たに欠陥が見つかっても、当初の査定額を減額したり返品したりする事はありませんよ、と買取り業者が約束するものになります。

クレームガード保証はどのようなシーンで適用されるのか

本当に使うべき保証なのかどうか判断するためには「保証がどのようなシーンで適用されるのか」を知る必要があります。

そこでガリバーへ聞き取り調査を行い、どのようなシーンで保険が適用されるのか聞いてみました 。

クレームガード保証は以下のようなシーンで欠陥が発覚した時に、保証が発生します。

クレームガード保証で発生する時
  1. ガリバー車を買い取りした後、必ず行っている再チェックの際に欠陥が発見された時
  2. ガリバーが車を買い取りした後、オークションや別の業者に売却し、購入した第三者から欠陥の指摘があった時

上記のようなシーンで問題が発覚しても、クレームガード保証に入っていれなガリバーから賠償請求されることはありません。

ガリバーに確認してみたところ、上記のようなケースは頻繁にまでとはいきませんが、数ヶ月に一度は発生するケースとのこと 。

このような事態が発生しないためにも、査定時の聞き取り調査はしっかりと行なっているものの、どうしても発覚できない欠陥もあるため、クレームガード保証が適用される案件が出ているのです。

クレームガード保証にかかる料金と利用者の評判

整備

クレームガード保証は、残念ながら無料で追加できるサービスではありません。有料のサービスです。

クレームガード保証に必要な料金は買取り額によって異なり、以下の通りとなっています。

買取価格国産車外車
0~10万4,900円4,900円
10万~20万5,900円6,900円
20万~30万6,900円7,900円
30万~40万7,900円9,900円
40万~50万8,900円11,900円
50万~100万9,900円14,900円
100万~150万11,900円17,900円
150万~200万13,900円20,900円
200万~250万15,900円23,900円
250万~300万18,900円26,900円
300万~21,900円29,900円

なお、ビッグモーターも「クレーム安心保証」としてクレームガード保証と同じ仕組みの保証を実施しています。

以下の表を見ればわかると思いますが、ガリバーと比べると、ざっくりとした料金設定となっていますよ。

車種金額
軽自動車10,000円
普通車(100万円未満)10,000円
普通車(100万円以上)20,000円
商用車、重機等30,000円
輸入車30,000円

クレームガード保証を利用した人の評判

クレームガード保証は、一見すると客にとって有益な制度のような気もしますが、どうも評判は良くないようです。

利用した方のネット上での評判を見てみると、一番多いのは「プロの査定士が見落とした欠陥に対する損失は、買取り業者が負担すべきものなのに、客に転嫁するのはおかしい。」というものですね。

他にも、「入る必要が無い」「無理矢理入らされた」「詐欺だ!」といったコメントがあり、殆どがマイナスの意見となっています。

知られざる「クレームガード保証」の3つの裏知識

悪い評判

紹介したように、クレームガード保証についてネットの評判は散々です。

しかしネットの評判だけで、クレームガード保証に入るべきか否かを決めるのはあまりにも安直すぎます。

クレームガード保証が「本当に入るべきサービスなのか」を、もっと多角的に判断するため、クレームガードを日頃から販売しているガリバー営業マンに話を聞いてみました。

すると既存のネットには書かれていない、裏知識といっても過言ではない「クレームガード保証」に関するなかなか興味深い話を聞くことができましたよ。

具体的に今回聞くことができた、クレームガード保証に関する裏知識は以下の通りです 。

  • クレームガード保証は絶対に提案しなければならないサービス
  • クレームガード保証の加入を「強制加入」にしている店舗もある
  • フランチャイズ店舗ではクレームガード保証をやってない場合がある

裏知識1.クレームガード保証は絶対に提案しなければならないサービス

ガリバーの営業マニュアルとして、クレームガード保証は基本的に必ず提案するべきと決まっています。

ガリバーとしてはクレームガード保証に入ることが、結果的にお客さんのためになると考えています。

そのため、車を売却するに対して、クレームガード保証を必ず提案するようにしているのです。

ただ例外もあるようで、買取したあとに絶対に故障などが発覚しなさそうな「走行距離が浅い車」や「年式が新しい車」などの場合は、提案しないとのこと。

またクレームガード保証の仕組み上、お叱りを受けることも多いようで、ちょっと強面の人の場合などはクレームガード保証の提案を控えることもあるそうです 。

裏知識2.クレームガード保証の加入を「強制加入」にしている店舗もある

クレームガード保証は、基本的に任意のサービスです。

買取を希望する人が、入るか入らないか決めることのできるサービスなのですが、実は例外があります。

なんとガリバーの店舗によっては、絶対にクレームガード保証に入ってもらわないと買取を受け付けないとしている場合もあるのです。

この場合、必須とする代わりにクレームガード保証にかかるお金の分だけ、買取査定を上げるという処理を行っています。

そのため、結果的に買取をしてもらった人に、損が出ないようにするという仕組みにしています。

なぜここまでしてクレームガード保証加入を徹底しているのかというと、店長の意向が強く影響されているとのこと。

「クレームガード保証がお客さんのためになる」と確信をしている店長がいる店舗では、強制加入になるのでしょう。

裏知識3.フランチャイズ店舗ではクレームガード保証をやってない場合がある

ガリバーには「本社直営の店舗」と、社名だけ借りてオーナーは別に存在する「フランチャイズの店舗」があります。

本社直営の店舗は、ガリバー本来のルールにガチガチに従わなければなりませんが、フランチャイズの場合は本社が下したルールから、ちょっとだけ逸脱することも許されています。

そのせいか、フランチャイズの店舗によってはクレームガード保証そのものを取り扱っていない店舗もあるのです。

実際に筆者がクレームガード保証について、最初に聞き取り調査した店舗は、クレームガード保証の存在すら知りませんでした。

後から別の店舗のスタッフに聞いてみたところ、最初に聞き取りした店舗はフランチャイズの店舗で、日頃からクレームガード保証を販売したことがない店舗だったのです。

あなたがもしガリバーに行って、クレームガード保証について提案を受けなければ、その店舗はフランチャイズの店舗かもしれません 。

「クレームガード保証」を使うべき人と一括査定時の活用方法

使うべき?

ここまでガリバーのクレームガード保証について様々な知識を紹介してきましたが、結局のところ、クレームガードを使うべき人はどういった人でしょうか。

新車購入後間もないタイミングで売却する方や、普段乗っていて不具合が全く感じられなかった方については、後々問題が起こる可能性は低いでしょうから、クレームガードはまず必要ない

一方で、元々中古で買った車で、事故車やメーター改ざんの可能性がある場合や、乗っていて気になる箇所がある様な場合は、クレームガードを使用するメリットがあるかもしれませんね。

なお、自動車公正取引協議会「AFTCコンシューマーレポート」では、クレームガード保証の必要性に関する相談について、以下の様な回答をしています。

買取り店は買取り査定の際に車両の状態を十分に確認し、その上で買取り額を算出しています。プロとしてチェックしているのですから、万が一、不具合や瑕疵の見落としがあった場合、その責任は特段の事由がない限り買取り店にあると考えられます。このような考え方からすれば、相談内容にあるようなクレーム費用を保障するための保険にユーザーが加入する必要はないものと考えられます。しかしながら、売主が走行距離や修復歴等について、買取り店に対して虚偽の申告をした場合は、売主の責任を問われる場合もあり得ますので、買取り店にきちっと説明し、その上で買取り査定をしてもらうことも大切です。

※出典:自動車公正取引協議会「AFTCコンシューマーレポート」より

つまり、隠れた欠陥があったとしても、相手はプロの業者なので見抜けなかった事には過失があると考えられます。

従って、客側が重大な虚偽の申告をしていない限りは、後で責任を問われるという事は無い、という事です。

そう考えると、基本的にはクレームガードは入る必要は無く、入る場合は一種の手数料程度に思うのが良いのかもしれませんね。

車一括査定におけるクレームガード保証の活用方法

「車一括査定」というサービスをご存知でしょうか。

1回の申し込みによって、複数の業者に買取査定をできるサービスです。

代表的なのは「カーセンサー」や「かんたん車査定ガイド」などが挙げられるでしょう。

それらのようなサイト経由で、ガリバーに買取価格査定をする時があります 。

クレームガードを使うと、保証料(保険料)を支払う必要があるので、最終的な売却金額は下がってしまいます。

車一括査定サイトはガリバー以外の業者とも比較検討するため、真っ先に売り先の候補から外してしまう方もいるかもしれません。

しかし、必ずしも損をするとは限りませんよ。

一括査定を申し込んで複数の業者から見積りをもらうのであれば、査定額からクレームガードの費用分を差し引いた金額で他社と比べて、一番高い金額になる業者に車を売ればいいのです。

最終的にどの業者に売るのが一番お得か、という視点で考えるのがベストですね。

まとめ

中古車の買取業者「ガリバー」の営業マンと話をすると、「クレームガード保証」というサービスを提案されるでしょう。

クレームガード保証とは「売主に欠陥の責任追及をしない」という制度ですが、キチンと理解せずに「とりあえずつけておこう」としてしまうと、結果的に損するかもしれません。

にクレームガード保証自体、以下のように料金がかかるものであり、世間的な評判も芳しくないのが実情です。

買取価格国産車外車
0~10万4,900円4,900円
10万~20万5,900円6,900円
20万~30万6,900円7,900円
30万~40万7,900円9,900円
40万~50万8,900円11,900円
50万~100万9,900円14,900円
100万~150万11,900円17,900円
150万~200万13,900円20,900円
200万~250万15,900円23,900円
250万~300万18,900円26,900円
300万~21,900円29,900円

だからこそ、クレームガード保証についてしっかりと理解し、自分自身で必要かどうか判断するしかありません。

今回紹介した知識を通じて、あなたにとってクレームガード保証が必要かどうか、今一度考えてみてください。

なお、筆者個人的には必要ないと思っています。店舗側が費用を持ってくれるのであれば話は別ですが。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。


コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。