車査定マニア
クレームガード

中古車の買取業者(ガリバーやビッグモーター)のホームページなどを見ると、クレームガード保証というものを見かける事が有ります。

このクレームガード保証とはいったい何なのでしょうか?使う必要は有るのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

クレームガード保証とは?

クレームガード保証を簡単に説明すると、以下の通りです。

買取り業者は客から車を買う際に査定をします。査定士は査定のプロですが、それでも絶対に車の欠陥(瑕疵)を全て見抜けるという訳では有りません。

整備

査定をして買取後に欠陥が見つかった場合は、法律上は客(売り主)にその責任をとってもらう事が出来る(瑕疵担保責任)のですが、客からすると「欠陥を見抜けなかったのに、何故その責任をこちらが負担しなければならないのだ」と思いますよね。

そこで、売り主が欠陥について責任追及された(査定額の減額や返品)場合に、その責任を補填しましょう、というのがクレームガードなのです。

つまり、査定後に新たに欠陥が見つかっても、当初の査定額を減額したり返品したりする事は有りませんよ、と買取り業者が約束するものです。

クレームガードの料金

クレームガードに必要な料金は買取り額によって異なり、ガリバーでは以下の通りとなっています。

買取価格国産車外車
0~10万4,900円4,900円
10万~20万5,900円6,900円
20万~30万6,900円7,900円
30万~40万7,900円9,900円
40万~50万8,900円11,900円
50万~100万9,900円14,900円
100万~150万11,900円17,900円
150万~200万13,900円20,900円
200万~250万15,900円23,900円
250万~300万18,900円26,900円
300万~21,900円29,900円

一方のビッグモーターはガリバーと比べると、ざっくりとした料金設定となっています。

車種金額
軽自動車10,000円
普通車(100万円未満)10,000円
普通車(100万円以上)20,000円
商用車、重機等30,000円
輸入車30,000円

クレームガードの評判は?

クレームガードは、一見すると客にとって有益な制度の様な気もしますが、どうも評判は良く無い様です。

悪い評判

利用した方のネット上での評判を見てみると、一番多いのは「プロの査定士が見落とした欠陥に対する損失は、買取り業者が負担すべきものなのに、客に転嫁するのはおかしい。」というものですね。

他にも、「入る必要が無い」「無理矢理入らされた」「詐欺だ!」といったコメントが有り、殆どがマイナスの意見ですね。

クレームガードを使うべき人は?

クレームガードを使うべき人はどういった人でしょう?

新車購入後間もないタイミングで売却する方や、普段乗っていて不具合が全く感じられなかった方については、後々問題が起こる可能性は低いでしょうから、クレームガードはまず必要無いです。

使うべき?

一方で、元々中古で買った車で、事故車やメーター改ざんの可能性が有る場合や、乗っていて気になる箇所が有る様な場合は、クレームガードを使用するメリットが有るかもしれませんね。

なお、自動車公正取引協議会「AFTCコンシューマーレポート」では、クレームガード保証の必要性に関する相談について、以下の様な回答をしています。

買取り店は買取り査定の際に車両の状態を十分に確認し、その上で買取り額を算出しています。プロとしてチェックしているのですから、万が一、不具合や瑕疵の見落としがあった場合、その責任は特段の事由がない限り買取り店にあると考えられます。このような考え方からすれば、相談内容にあるようなクレーム費用を保障するための保険にユーザーが加入する必要はないものと考えられます。しかしながら、売主が走行距離や修復歴等について、買取り店に対して虚偽の申告をした場合は、売主の責任を問われる場合もあり得ますので、買取り店にきちっと説明し、その上で買取り査定をしてもらうことも大切です。

つまり、隠れた欠陥が有ったとしても、相手はプロの業者なので見抜けなかった事には過失が有ると考えられます。従って、客側が重大な虚偽の申告をしていない限りは、後で責任を問われるという事は無い、という事です。

そう考えると、基本的にはクレームガードは入る必要は無く、入る場合は一種の手数料程度に思うのが良いのかもしれませんね。

一括査定での活用法

クレームガードを使うと、保証料(保険料)を支払う必要が有るので最終的な売却金額は下がってしまいます。そこで、真っ先に売り先の候補から外してしまう方もいるかもしれません。しかし、必ずしも損をするとは限りません。

一括査定を申し込んで複数の業者から見積りを貰うのであれば、査定額からクレームガードの費用分を差し引いた金額で他社と比べて、一番高い金額になる業者に車を売ればいいのです。

最終的にどの業者に売るのが一番お得か、という視点で考えるのがベストですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス