車査定のマニア
戻ってくるお金

車を購入する時に、自動車税や自動車重量税など様々な税金等を支払いましたよね。購入時に支払った税金などは、売却時には戻ってくるのでしょうか?

今回は、車を売却した時に戻ってくる税金やお金について紹介します。

車の売却時に戻ってくる税金やお金

車を売却した時に戻ってくる税金やお金は、以下の通りです。

  • 自動車税
  • リサイクル料金

売却時には、自動車重量税は戻ってきません。

なお、これらのお金は、基本的に買取金額に含まれて支払われます。

税金の戻りは車の買取金額に含まれるのが普通

自動車税

自動車税は毎年4月1日時点の所有者に1年分の税金が課されます。売却する際に支払われる金額は、売却月の翌月から3月までに相当する金額です(月割計算)。

戻ってくるお金

例えば、納付した自動車税が39,500円で9月に売却した場合では、残り6か月に相当する金額が戻ってきます(39,500円÷12か月×6か月=19,750円)。

自動車税の金額一覧

ちなみに、軽自動車税は戻ってきません。

リサイクル料金

リサイクル料金は、その車の最初の所有者から最後の所有者までリレー方式で負担していきます。そのため、車を購入する時に一時的に負担しますが、売却する時は支払ったリサイクル料金分は戻ってきます。

ただし、新車を購入した所有者は資金管理料を負担します。

購入した時・売却した時・廃車にした時のリサイクル券の取扱い

車検や自賠責保険が残っていたら買取査定でプラス評価

日本自動車査定協会が定める査定基準によると、車検は4か月以上、自賠責保険は3か月以上残っていれば、プラス評価となり査定金額がUPします。

買取査定

自動車重量税は車検毎に納付する税金なので、車検費用に含めて考える人も多いですよね。そう考えると、売却時に還付されない自動車重量税ですが、車検が4か月以上残っていれば多少は返ってくる、と考えても良いかもしれません。

車検の残り期間と買取金額の関係
自賠責保険の残り期間と買取金額の関係

【注意】廃車する場合に戻ってくるお金・税金

車を廃車する場合に返ってくるお金は、売却時の場合とは少し異なります。内容は以下の通りです。

返ってくるお金還付・返金されるまでの期間
自動車税およそ1か月~2か月
自動車重量税およそ2か月半
自賠責保険およそ1週間

自動車税と自動車重量税の戻ってくる金額は、月割計算によって求めます。また、自賠責保険は残り月数ごとに定められた金額が返ってきます。

ただし、いずれの場合も有効期間等が残り1か月未満であれば、お金は戻ってこないので、早めに手続きを行うようにしましょう。なお、詳しい情報は下記記事を参考にしてください。

自動車税の還付金【廃車時の話】
自動車重量税の還付金
自賠責保険の解約返戻金

【参考】個人事業主の車の売却代金に課される消費税の処理について

個人事業主が事業用車両を売却する場合には、「事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡」となるので、消費税が課税されます(参考:国税庁)。

ちなみに、買取業者の多くは、消費税を売却代金に含めて処理しています。これを外税請求出来るか、というのは買取業者次第となるでしょう。

なお、車を売却する際の仕訳に関しては以下の記事を参考にして下さい。

車両を売却する時の会計処理
自動車を廃車時の会計処理

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス