車査定のマニア
スマートキー

基本的に、新車を購入すると、装備品の1つとしてスペアキーが付いてきますね。このスペアキーが無いと、車を売る時に買取価格が下がる事を知っていましたか?

スペアキーは普段あまり使用しないので、どこに保管していたか忘れてしまう場合が有ります。メインキーが有るので、車の運転には困りませんが、車を手放す時に少しばかり不利になる事は覚えておきましょう。

スペアキーが無いと買取価格は下がる

査定価格は車の標準状態を基準にして基本的な買取価格を決め、その後各項目毎(走行距離や装備品等々)の状態によって買取価格を加減算し、最終的な金額が決められます。

車の査定価格・買取金額の決まり方

スペアキーは装備品の1つですから、スペアキーが有る事が標準状態となります。そのため、スペアキーが無い場合は、標準状態ではないので、買取価格は減額されます。

ただし、カギを差し込んで「ドアの解錠」や「エンジンの始動」を行うタイプのカギの場合は、複製が簡単であれば、あまり買取価格に与える影響は無いでしょう。

【参考】最近の車のカギ事情

「カギ」と言えば、さきほどチラッと登場したカギを差し込んで解錠等をするシリンダータイプを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?家や自転車などのカギはこのタイプが多いですよね。ですが、「車のカギ」と言えば、以下の2つのタイプのカギを思い浮かべるはずです。

  • リモコンキー
  • スマートキー

最近の車のカギは、ほとんどが上記いずれかのカギとなっています。

リモコンキー

一般的に、リモコンキーとはドアを開閉するのにカギの差し込みが不要で、リモコンの開閉ボタンで解錠・施錠を行うカギを指します。なお、エンジンの始動に関しては、シリンダータイプと同様にカギを差し込む必要が有ります。

スマートキー

一方、スマートキーとはカギが近くに有る状態で車のドアノブに有るボタンを押すだけで解錠・施錠を行うカギを指します。また、リモコンキーと同様に開閉ボタンで解錠・施錠を行う事も可能です。なお、エンジン始動はブレーキを踏みながら車のエントリーボタンを押すだけです。

ちなみに、両タイプとも防犯対策としてイモビライザー機能が付いている場合が多いです。

イモビライザーとは?その仕組と防犯効果

【参考】スペアキーを無くさない為の保管方法

基本的に、スペアキーは家の中のどこかに保管しておきますよね。どのように保管しておけば、スペアキーを紛失せずに済むのか?やはり、「他のカギも置いてある場所」に保管しておくのがベストでしょう。

シリンダータイプのカギ

「スペアキーを持ち歩く」という人もいるかもしれませんが、紛失する可能性が高いです。また、家の中の適当な場所や分かりにくい場所に保管するのも良く有りません。どこに保管したか忘れてしまいがちです。

そのため、カギと言えば「ここ」という場所に他のカギと一緒にスペアキーを保管しておく方が良いです。家族の人も分かりやすいですしね。カギを保管する場所が決まっていない人は、その場所を作る事から始めましょう。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス