車査定のマニア
車を売る際の手続や書類

車を売る際の手続や書類

愛車を売るには、下取りや買取りなど様々な方法が有ります。(参照記事:中古車を売却する方法のまとめ

その中でも、ここでは買取業者に愛車を売る際の査定依頼から入金までの流れや必要書類について紹介していきます。

初めて車を査定に出す際は、手順を理解していないと戸惑いかねないですし、必要書類が揃っていないと査定が思う様に進まない事も有ります。ここでしっかりと手順や必要書類についておさえておきましょうね。

中古車査定の流れ

愛車を買取業者の査定に出す場合の流れは、以下の通りです。なお、業者によって細かい点は異なるかもしれませんが、基本的な流れは一緒です。

  • ①インターネット・電話で買取業者に査定依頼をする ※1
  • ②業者から連絡が有るので、査定日時の打ち合わせをする
  • ③打ち合わせした日時に査定士が来るので、査定をしてもらう
  • ④価格提示&交渉
  • ⑤契約締結
  • ⑥愛車の引渡し・必要書類の提出(後述します)
  • ⑦買取代金の入金 ※2

※1:特定の買取業者に連絡する場合は、その業者のホームページから直接申し込みするか、電話をすればOK。無料一括査定を利用するのであれば、一括査定サイトから査定依頼をします。

※2:買取代金は通常、車の引き渡しをした翌日〜1週間後くらいに振込されます。契約当日に現金で受け取る事が出来る業者もいますが、その場合は査定額が低くなる可能性が有ります。(参考:現金買取は車の査定額が低くなる可能性が有ることを知っておく

査定時の細かな流れは下記記事を参照して下さい。

車の買取査定の流れと査定にかかる時間

愛車

なお、上記は買取り業者に査定に来てもらう場合の流れですが、自分で業者に車を持ち込んで査定をしてもらう方法も有ります。(参照記事:車を買取店に持ち込みして査定して貰う場合のメリット・デメリット

この場合は、上記①②の代わりに「直接業者に車に持ち込んで、スタッフの指示に従う」事になります。その場ですぐに査定をしてくれる事も有るでしょうが、空きが無ければ予約する事になるので、直接持ち込む場合も予め電話等で連絡をしておいた方が良いでしょう。

また、無料一括査定を利用して複数の業者に査定を依頼する場合は、各業者と①〜⑤の手順を踏む必要が有ります。

但し、複数の業者と何度も同じやり取りをするのは、手間暇がかかるので、候補の業者に一斉に査定をしてもらう同時査定をする事も可能です。この場合は、基本的に1社に依頼する手順と同じです。

査定や売却時に必要な書類

買取業者に査定をしてもらう際、より速くかつ正確な査定金額を算出してもらう為に、必要となる書類は予め用意しておきましょう。

査定時の必要書類

査定時に必要な書類としては、車検証や自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、3点セット(保証書・取扱証明書・整備手帳)などが有ります。

また、査定の結果、売却する事になった場合は、さらにリサイクル券や住民票、印鑑証明書等も必要となって来ます。

車査定の必要書類と実際に買取店に売却する時に必要な書類

納得のいく金額が提示されたらすぐに売却しようと考えているのであれば、売却時に必要な書類も一式用意しておいた方が良いですね。

査定後、車引取の日時は指定出来る!

買取業者に査定をしてもらって提示された金額に納得すると、売買契約をして車の引渡しの段階へと進みますが、売買契約や引き渡しの日時はある程度客の都合を聞いてくれるので、希望の日時が有る方は相談した方が良いでしょう。

愛車の引き渡し日

「週末がいい!」、「平日なら18時以降がいい!」といった大枠での希望もOKですし、具体的な日時の指定しても大丈夫です。但し、業者の定休日や人手不足の場合も有るでしょうから、そこはお互い柔軟に決める様にしましょうね。

なお、中古車の相場は常に変動しているので、あまりに時間が経ってしまうと当初の査定額が無効になってしまう事が有ります。査定のやり直しになると、金額が下がる事が多いので、売ると決めたら素早く売る様にしましょう。

車査定後、実際に車を売却するまでの期間はどれくらいが妥当?

まとめ

いかがでしたか?買取り業者に愛車を売る際の流れや必要書類について紹介して来ましたが、代金が振込まれるまでのステップは少し多く感じたかもしれませんね。

しかし、売却までの流れをしっかりと理解しておかないと、いざ査定というときに業者の勢いに流されてしまうかもしれません。

希望の金額通り若しくはそれ以上の金額で愛車を売る為に、しっかりと流れを理解して査定に挑みたいですね。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス