1. 車査定のマニア
  2. 査定・買取り
  3. ≫車の「査定依頼~引き渡し」までの4つの流れと注意ポイントを解説

車の「査定依頼~引き渡し」までの4つの流れと注意ポイントを解説

車を売る際の手続や書類

あなたが車を売却するのは、どのような理由ですか?

  • 新型車に買い替えたいから。
  • 海外へ転勤するため車が不要になるから。

など、車を売却する理由は人それぞれだと思います。

車を買い替える場合は、値引き交渉などで日数的に多少の余裕はあるかと思います。

しかし、転勤の場合などは、車の売却を終了させておかなければいけない日付があると思います。

では、車を売却する流れを知らなければどうなってしまうでしょう?

どうやって売却したらいいのか分からず、無駄に時間だけが過ぎてしまい、

  • 売却価格に満足していないけど時間がないから売却した

ということになりかねません。

ですから、車を売却するときの流れを知っておいて、スムーズに車が売却できるようにしておくことが大切です。

こちらの記事で、車を売却するときの流れを解説しています。

1.車を売却する流れは大きく4STEP

車を売却するときは、

車を売る大まかな流れ4STEP

の4ステップを経るのが一般的な流れとなります。

それぞれの工程についてみていきましょう。

ステップ1.査定を受ける

査定を受けることから車を売却する流れは始まります。

査定とは、新車や中古車の販売店、買取専門店などの車を売却できる店舗で、車の状態を確認してもらうこと

車の査定を受けるときに気をつける4つのポイントがあります。

車査定を受ける時の4つのポイント
  • ポイント1.洗車と車内の掃除。
  • ポイント2.小さなスリ擦りキズなどは、市販されているキズ消しなどを使用してキズを消す。
  • ポイント3.車の取扱説明書やメンテナンスノート、カーナビゲーションなどの取扱説明書が車内にない場合は、積んでおく。
  • ポイント4.車の状態を聞かれたら正直に答える。

車の売却価格を少しでも高くするために、しておいた方がいいことを紹介します。

ポイント1.「洗車と車内の掃除」及び、ポイント2. 「小さなスリ擦りキズなどは、市販されているキズ消しなどを使用してキズを消す」

ポイント1,2は同じ理由で気をつけていただきたい点です。

綺麗に洗車された車や車内の掃除が行き届いた車、擦りキズが少ない車は、査定をする担当者が抱くイメージは良くなります。

良い印象を持った車を査定する場合は、小さな擦りキズがあったとしても見逃してくれ、減点されないことがあります。

しかし、外装は水アカや小さな擦りキズがあちこちにあり、車内は砂まみれ。

このように汚れている車を査定する場合は、いつも以上に細かく車の状態をチェックするので、減点が増えてしまいます。

減点が増えれば増えるほど、査定価格は下がります。

少しでも車の状態を良くしてから査定を受けるようにしましょう。

ポイント3.「車の取扱説明書やメンテナンスノート、カーナビゲーションなどの取扱説明書が車内にない場合は、積んでおく」

このポイント3も減点されないためです。

仮に、中古車展示場に、同じ年式で同じグレード、ボディカラーも同じ、走行距離もほぼ一緒で、同じカーナビゲーションが装備されている車が並んでいたとします。

  • 片方には、車やカーナビゲーションの取扱説明書があり、メンテナンスノートもあります。
  • もう片方には、車やカーナビゲーションの取扱説明書、メンテナンスノートがなかったとします。

同じ価格で販売されていれば、あなたはどちらを購入されますか?

同じ価格であれば、取扱説明書などがある車を購入すると思います。

価格が違っていたらいかがでしょう。

価格の差によっては、取扱説明書などがない車を購入されることもあるのではないでしょうか。

つまり、本来車に備わっているモノがない場合は、減点して価格を下げられてしまうのです。

また、カーナビゲーションを取り外して売却するのであれば、査定を受ける前に取り外すことを伝えてください。

価格交渉がいよいよ大詰めというタイミングで、カーナビゲーションを外すと言えば、必要以上に価格をマイナスされるおそれがあるからです。

これは、下取りや買い取りをした車を中古車として販売するときの売れ行きが、違ってくるからです。

ポイント4.「車の状態を聞かれたら正直に答える」

多くの場合、査定を受ける前にアンケートの記入を求められます。

アンケートには、住所や氏名以外に、事故歴や鈑金修理の有無などを記入する項目があります。

こちらの項目は、正直に答えてください。

事故の度合いや鈑金修理をした箇所によっては、大幅に売却価格が下がってしまうことはあります。

しかし、嘘をついて「事故も鈑金修理もしたことがない」と言っても、ほぼ見破られます。

中古車で購入した車であれば、「前のオーナーが事故をしていたのかな」と言い逃れることは可能かもしれません。

ですが、新車で購入した車なら、乗っていたのはあなただけですから、言い逃れはできません。

ここで嘘を見破られてしまうと、後の価格交渉のときに、ハッタリをかましたり、ちょっと無茶なお願いをしたりすることができなくなります。

ですから、車の状態に関しては正直に答えましょう。

以上の点を踏まえて、査定を受けてください。

これから、もっとも重要な価格交渉のスタートです。

ステップ2.買取店の営業マンと「交渉」をおこなう

査定を受けると売却価格が提示されます。

しかし、最初に提示された価格で売却してはいけません。

店側が最初に提示する売却価格は、限界価格ではないからです。

車を購入するときに価格交渉をしましたよね?

売却するときも同じように複数のお店と交渉をおこない、売却価格を少しでも高くしてもらいましょう。

車買取の交渉時の3つの注意ポイントについて説明します。

車買取の交渉時の3つの注意点
  • ポイント1.本気で車の売却を検討していることを伝える。
  • ポイント2.他店の提示価格を聞かれたときに、極度に水増しした価格を伝えるのは逆効果。
  • ポイント3.感情が表情にあらわれないようにする。

価格交渉をすすめるうえで、注意していただきたいポイントが3つあります。

ポイント1.「本気で車の売却を検討していることを伝える」

この理由は、単純に担当者に本気で対応してもらうためです。

本当に車を売却するつもりなのか定かではないお客様に対して、本気で価格交渉に応じてくれる担当者は、ほぼいないと言っても過言ではありません。

特に忙しい時期ともなると、売却する気がないお客様のために、わざわざ店長に相談して価格の上乗せをしてくれることはありません。

価格アップの承認をもらうために担当者が店長に相談するのは、価格次第で売却すると思えるお客様に対してだけです。

ですから、価格交渉を始めるときには、車の売却を検討していることを伝えましょう。

新車販売店や買取専門店で価格交渉をするときに、本気度を伝える例をあげます。

「子どもが大きくなってきたから、ヴォクシーやセレナ、ステップワゴンのようなミニバンに買い替えたい。だけど、予算的にちょっと厳しいから、今乗っている車をなるべく高い価格で引き取って欲しい」と言ってみましょう。

買い替えたい理由があり、買いたい車種の絞り込みができていることを伝えると、本気で売却を検討していると認識してもらえます。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

ポイント2.「他店の提示価格を聞かれたときに、極度に水増しした価格を伝えるのは逆効果」

価格交渉が始まれば、「他のお店でいくらぐらい提示されましたか?」と聞かれることがよくあります。

他店の価格を聞かれたときに、実際に提示された価格に、大幅な水増しをした価格を伝えてはいけません。

大幅に水増しした価格は、嘘だと見破られてしまい、まともに相手してくれなくなってしまうからです。

「そんな値段は当店では絶対に出せませんから、そちらで売却してください」と言われ、交渉ができなくなります。

仮に、「店員の態度が悪すぎてそこの店では売りたくないから、少しでも近づけてください」など、高い金額を提示してくれた店では売却したくないと言ったとします。

今さらそんな言い訳じみたことを言ったところで「この客は、ハッタリをかます客だ。まともに相手をする店はあまりないだろう」と思われ、足元を見られてしまう可能性が高くなってしまいます。

ポイント3.「感情が表情にあらわれないようにする」

これまでに多くのお客様と価格交渉を重ねているお店の担当者は、あなたの表情の変化を見逃しません。

金額を提示したときのお客様の表情で、

  • 提示した価格が他店よりも高いのか低いのか
  • お客様が満足する金額なのか不満な金額なのか

を読み取ろうとしています。

たとえ、どこのお店よりも高い金額を提示された場合でも「その程度の金額にしかならないの」という表情を浮かべることができれば言うことはありません。

以上のポイントに注意して、価格交渉に臨んでください。

納得できる価格が提示されれば、次は契約です。

ステップ3.車の売買契約

いろいろなお店と交渉をおこない、今以上高い売却価格を提示されなくなってから契約書を交わします。

契約書を交わす前に注意すべきポイントを2つ紹介します。

売買契約書を交わす前の2つの注意点
  • ポイント1.契約書にはしっかりと目を通す。
  • ポイント2.安易に契約書へ署名捺印をしない。

ポイント1.「契約書にはしっかりと目を通す」

契約書には、小さな文字で重要事項などがびっしりと記載されています。

売却に必要となる書類や契約書に記載されている引き渡し期限や入金日などの重要な点は、説明をしてくれます。

しかし、契約書に記載されている全文を説明してくれることは、まずありません。

全文に目を通すのは大変だとは思いますが、署名捺印をする前に全文に目を通しておくことをおすすめします。

そして、疑問点があれば必ず聞いてください。

たとえ理解していなくても、契約書へ署名捺印をすれば、契約書に記載されている内容を承諾したことになってしまいますので。

ポイント2.「安易に契約書へ署名捺印をしない」

他店との価格交渉が煮詰まっていないのに、安易に契約書へ署名捺印をしてはいけません。

契約書へ署名捺印をしたからといって、その瞬間からキャンセルができない訳ではありません。

しかし、キャンセルができなくなるタイミングは、多くのお店が契約書で定めています。

例えば、他店との価格交渉が煮詰まっていないのに、担当者に押し切られて契約書を交わしてしまったとします。

契約書を交わした翌日に、車を引き渡しました。

車を引き渡した翌日に、あなたが売却した価格よりも10万円も高い価格で買い取ると連絡があれば、どうしますか?

車を売却したお店に連絡をして、キャンセルを申し出ますよね?

でも、契約書に「車を引き渡した段階でキャンセルはできません」との記載があれば、キャンセルには応じてくれません。

契約書を交わすのをあと2日待っていれば、10万円も高く売却できたのです。

このようなことがないように、全てのお店でしっかりと価格交渉をおこなったうえで、契約書を交わしてください。

ステップ4.車両の引渡

契約書を交わすと、あとは売却する車を引き渡すのみとなります。

売却する車は、

  • お店が引き取りに来てくれる場合
  • 自身でお店へ持っていく場合

があります。

車を引き渡すときの5つのチェックポイントについて解説します。

車を引き渡す時の5つのチェックポイント
  • ポイント1.必要書類を忘れずに準備する。
  • ポイント2.カーナビゲーションの情報を削除する。
  • ポイント3.車内の忘れ物に注意。
  • ポイント4.車を引き渡すときに、内外装のチェックをしてもらう。
  • ポイント5.自動車保険の手続きを忘れない。

いよいよ車を引き渡して、車の売却が終了となります。

車を引き渡すときに、チェックして欲しいポイントが5つあります。

ポイント1.「必要書類を忘れずに準備する」

車を引き渡す際に、必要書類が不足していると、後日届けなければなりませんし、入金日が遅れることにもなります。

車を引き渡す日に、全ての手続きが完了するように、必要書類が全てそろっているかの確認は入念におこなってください。

また、印鑑証明などの公的書類には、有効期限が定められていますので、有効期限にも注意してください。

ポイント2.「カーナビゲーションの情報を削除する」

カーナビゲーションに自宅だけではなく、親戚宅や友人宅を登録している方は多いのではないでしょうか。

また、カーナビゲーションに案内履歴などの情報も残っていますので、売却時には、忘れずに消去しておきましょう。

ポイント3.「車内の忘れ物に注意」

引き渡した車内に忘れ物をされている方が、意外と多いので引き渡す前に入念にチェックしてください。

忘れる方が多いのは、CDやDVDの抜き忘れです。

そして、iPodやUSBメモリーなどを接続したままの方もいらっしゃいます。

また、フロアマットを外すと500円玉や100円玉などの小銭が転がっていることもあります。

ですから、面倒くさいと思わずに、絶対に車内のチェックをしてから、車を引き渡してください。

ポイント4.「車を引き渡すときに、内外装のチェックをしてもらう」

これは、特に売却する車を店頭へ持っていったときです。

多くのお店では、引き取る前に最終の内外装のチェックはされます。

しかし、忙しさのあまり、チェックを忘れてしまうことがあります。

査定を受けたときと、車の状態に変化がなければ問題はありません。

問題となるのは、自分が知らない間に、キズやへこみをつけられてしまっている場合です。

自分の目の前で「キズが増えています」と指摘を受ければ、売却価格を減額されても納得せざるを得ません。

しかし、自分の手元を離れたあとから、「へこみが増えているから売却価格を減額します」と言われても納得することはできないでしょう。

気持ちよく売却を終わらせるためにも、車を引き渡すときに内外装のチェックを必ずしてもらってください。

ポイント5.「自動車保険の手続きを忘れない」

車を買い替えるときであれば、自動車保険の手続きを忘れることは少ないと思います。

車を売却したときに、自動車保険の手続きを忘れてしまう方が意外と多いので気をつけてください。

これから先、また車を運転する可能性があるのならば、中断証明書を発行してもらいましょう。

中断証明書を発行してもらうと、自動車保険を解約したときの等級を最長10年持ち越すことができます。

もう、車を運転することが絶対にないのであれば、解約手続きをおこないましょう。

保険の手続きをおこなっている代理店や加入している保険会社に連絡をすれば、手続きに必要な書類を準備してくれます。

自動車保険については、私が管理している自動車保険サイトの下記記事が参考になります。

これが、大まかな車を売却するときの流れです。

まずは新車中古車の販売店や買取専門店などの車を売却できる店舗へ行き、査定を受けることは分かりました。

しかし、車を売却する手段として、新車中古車の販売店や買取専門店のどちらがいいのでしょう。

また、これ以外に車を売却する手段はないのでしょうか。

車を売却する手段について確認しましょう。

2.車を売却する方法は3種類

ディーラーで自動車保険を契約する男性

車を売却する主な手段としては、

  • 手段①.下取り(新車や中古車を購入する店へ売却)
  • 手段②.買い取り(買取専門店へ売却)
  • 手段③.個人売買(インターネットオークションを利用して売却。友人知人へ売却)

があります。

それぞれの売却手段には、メリットがあると同時にデメリットもあります。

まずは、全体のメリット・デメリット・どういう人にオススメなのかを一覧でまとめましたので、ご覧ください。

売却手段メリットデメリットオススメな人
下取り・次の車が届くまで乗れる。
・下取り対策費が上乗せされ、高く売却できることがある。
・ひとりの担当者とのやりとりですむ。
・値引き額と下取り額が合算で提示され、下取り額が不明確。
・ローンの残り金額よりも下取り額が少ない場合、ローンの残り金額を現金で用意しなければならない。
・一日でも車がないと困る人
買い取り・ローンの残り金額よりも買い取り額が少ない場合でも、新たにローンを組み売却できる。
・無料の一括査定サイトを利用すれば、多くの買取専門店から買い取り価格を提示してもらえる。
・契約するとすぐに引き渡す必要がある。
・車を買い替える場合、購入店と売却する店のそれぞれの担当者と話をしなければならない。
・とにかく高く売りたい人
・交渉する時間が作れる人
個人売買・下取り額や買い取り額よりも高く売却できる。・売却できるまでに日数がかかる場合がある。
・売却先が遠方の場合、陸送の手配が必要。
・トラブルが起きやすい。
・自動車業界で勤務経験がある人

方法1.「下取り」がオススメな人とメリット、デメリット

オススメな人:一日でも車がないと困る人

理由は、下取りの場合は、基本的に次の車が納車されるときまで、売却する車に乗り続けることができるからです。

車で通勤されている人や車がないと買い物に行けない人などは、下取りで車を売却しましょう。

新車・中古車を購入する店で下取りをしてもらう場合のメリット3つ

  1. 次の車が納車されるまで乗れる。
  2. 新車の販売促進のため、下取り価格を高くできる下取り対策費が査定額に上乗せされる場合がある。(新型車の発売直後に下取り対策費がつくことが多い)
  3. 基本的に、ひとりの担当者と話をすればよい。

下取りのデメリットは2つ

  1. 新車中古車の最終支払額のみを提示されて、値引き額と下取り価格の詳細を教えてくれないことがある。
  2. ローンがまだ残っている車を売却する場合、下取り価格よりもローンの残り金額が多いと下取り価格とローンの残り金額との差額を現金で用意しなければならない。

例を挙げて説明します。

例1.値引き額と下取り価格を合算で提示されるケース

諸経費や付属品を含めた見積もりが、250万円の車を購入する場合で説明しましょう。

担当者に「値引きと下取りで150万円になりますので、総支払額は100万円です」と言われたとします。

これだと、値引き5万円、下取り145万円かもしれませんし、値引き20万円、下取り130万円かもしれません。

仮に、140万円で買い取りしてくれる買取専門店があったとしたら・・・・・・

値引き5万円、下取り145万円なら得をしていますが、値引き20万円、下取り130万円なら損をしてしまうことになります。

例2.下取り価格でローンの残り金額が賄えないケース

ローンがまだ150万円残っている車を売却する場合で説明します。

下取り価格が170万円になれば、150万円はローンの支払いで消えますが、20万円は手元に残ります。

しかし、下取り価格が130万円にしかならなければ、ローンを全て支払うには20万円が不足です。この20万円は現金で用意しなければ、車を売却することができません。

方法2.「買い取り」がオススメな人とメリット、デメリット

オススメな人:交渉する時間が作れる人

理由は、車を買い替える場合、下取りでの売却と比べて、価格交渉にかかる時間が単純計算で2倍になるからです。

車を買い替えるときに、ひとつのお店とだけ、新車中古車の価格交渉をして購入しますか?

車を購入するときは、複数のお店で価格交渉をするのではないでしょうか。

購入する車の価格交渉だけでも、それなりに時間を要します。

それに加えて、売却する車の価格交渉をしなければならないのです。

売却する車の価格交渉は、もちろん複数のお店でしますよね?

だから、単純計算で倍の時間が必要になるのです。

買取専門店で買い取りしてもらう場合のメリットは2つ

  1. ローンがまだ残っている車を売却する場合、下取り価格よりもローンの残り金額が多ければ、下取り価格とローンの残り金額との差額分のローンを組むことで売却ができる。
  2. 無料で利用できる一括査定サイトに申し込めば、多くの買取専門店から買い取り価格を提示してもらえる。

一括査定サイトとは、情報を一度入力するだけで、複数のお店に車の査定を依頼できるインターネットを用いたサービスです。

入力する情報は、車種名やグレード、走行距離などの売却したい車の情報と、あなたの住所や氏名、連絡先などの個人情報です。

一括査定サイトを利用すれば、複数の買取専門店から連絡をもらえます。

車の査定をするために自宅へ来てくれますので、「いろいろな買取専門店をまわるのが面倒くさいけど、少しでも高く売却したい」と思っている人にはオススメのサービスです。

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

買い取りのデメリットは2つ

  1. 契約書を交わすと、少しでも早く車を引き渡すように求められる。車を買い替える場合、次の車の納車がまだ先でも、引き渡し期限までに引き渡さなければいけない。
  2. 車を買い替える場合は、ふたりの担当者(購入店の担当者と売却する店の担当者)と話をしなければならない。

方法3.「個人売買」がオススメな人とメリット、デメリット

オススメな人:自動車業界で勤務経験がある人

理由は、トラブルが起こったときに、対応方法が分かるからです。

個人売買は正直なところ、下取りや買い取りに比べてトラブルは多いです。

車の売却に詳しい人でも、対応に困ってしまうトラブルも起こり得ます。

車の売却に不慣れな人だと、ほんの小さなトラブルでも、どうしたらいいのか困ることが多いと思います。

ですから、車の売却に不慣れな人は、個人売買ではなく、下取りや買い取りで売却された方がいいでしょう。

個人売買のメリットは1つ

  1. 下取り額や買い取り額よりも、高値で売却することができる。

個人売買のデメリットは3つ。

  1. インターネットオークションで売却する場合は、売却先が決まるまでに日数がかかる。
  2. 遠方の方に売却する場合は、自身で陸送会社へ運搬の依頼をしなければならない。
  3. 下取りや買い取りに比べて、トラブルが起こるリスクが高い。

個人売買で起こるトラブルは、

  • 売却した車の名義変更がされていない。
  • 友人知人に売却後、すぐに車が故障すると関係が悪化する。

などがあります。

以上が、3種類の売却手段のメリットとデメリットです。

売却手段を検討する際、参考にしてくださいね。

【迷ったら】筆者のオススメは「下取り」で売却すること

筆者が下取りをオススメする理由は、購入する車と売却する車の価格交渉をするのがひとりの担当者だからです。

こっちのお店で購入する車の価格交渉をして、あっちのお店で売却する車の価格交渉をして・・・・・・両方から満足がいく価格を提示してもらえる自信がありません。

どちらとの価格交渉も中途半端になってしまいそうなので、購入する車と売却する車の価格交渉をひとりの担当者とできる下取りを筆者はオススメします。

それと、普段、車を使っていると、ほんの数日でも車がないと、どうしても不便に感じてしまいます。

次の車が納車されるまで売却する車を乗り続けられる点も、下取りをオススメする理由のひとつです。

ただし、少しでも時間があり、どうせ同じ車を売るなら高く売りたいと思うのであれば、迷わず一括査定を使ってください。

少し交渉などは面倒ですが、売却額が20万円違うとかいう話はザラにあります。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

3.まとめ

車を売却するときの一般的な流れは、

車を売る大まかな流れ4STEP

の4ステップとなります。

査定を受けるときのポイントは4つ。

  • ポイント1.洗車と車内の掃除。
  • ポイント2.小さなスリ擦りキズなどは、市販されているキズ消しなどを使用してキズを消す。
  • ポイント3.車の取扱説明書やメンテナンスノート、カーナビゲーションなどの取扱説明書が車内にない場合は、積んでおく。
  • ポイント4.車の状態を聞かれたら正直に答える。

交渉をするときは、3つのポイントに気をつけてください。

  • ポイント1.本気で車の売却を検討していることを伝える。
  • ポイント2.他店の提示価格を聞かれたときに、極度に水増しした価格を伝えるのは逆効果。
  • ポイント3.感情が表情にあらわれないようにする。

契約を交わす前に2つのポイントに注意しましょう。

  • ポイント1.契約書にはしっかりと目を通す。
  • ポイント2.安易に契約書へ署名捺印をしない。

車を引き渡すときに注意すべきポイントは5つ。

  • ポイント1.必要書類を忘れずに準備する。
  • ポイント2.カーナビゲーションの情報を削除する。
  • ポイント3.車内の忘れ物に注意。
  • ポイント4.車を引き渡すときに、内外装のチェックをしてもらう。
  • ポイント5.自動車保険の手続きを忘れない。

そして、売却手段は主に3種類です。

売却手段メリットデメリットオススメな人
下取り・次の車が届くまで乗れる。
・下取り対策費が上乗せされ、高く売却できることがある。
・ひとりの担当者とのやりとりですむ。
・値引き額と下取り額が合算で提示され、下取り額が不明確。
・ローンの残り金額よりも下取り額が少ない場合、ローンの残り金額を現金で用意しなければならない。
・一日でも車がないと困る人
買い取り・ローンの残り金額よりも買い取り額が少ない場合でも、新たにローンを組み売却できる。
・無料の一括査定サイトを利用すれば、多くの買取専門店から買い取り価格を提示してもらえる。
・契約するとすぐに引き渡す必要がある。
・車を買い替える場合、購入店と売却する店のそれぞれの担当者と話をしなければならない。
・とにかく高く売りたい人
・交渉する時間が作れる人
個人売買・下取り額や買い取り額よりも高く売却できる。・売却できるまでに日数がかかる場合がある。
・売却先が遠方の場合、陸送の手配が必要。
・トラブルが起きやすい。
・自動車業界で勤務経験がある人

それぞれにメリットとデメリットがあります。売却手段を選択する際に、参考になさってください。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。