車査定のマニア
タイヤ

タイヤ

ドライバーの「安全」と「乗り心地」を左右するタイヤは、車の重要な部品の一つです。

交換時期の目安をチェックして、快適なカーライフを過ごしてください。

スポンサーリンク

タイヤの交換時期の目安

タイヤの交換時期の目安は、主に3つ有ります。

スリップサイン

タイヤの交換時期の目安で、一番分かりやすいのが「スリップサイン」です。スリップサインは、タイヤに4~9箇所有り、溝が残り「1.6mm」になった時に現れる仕組みになっています。ちなみに、新品のタイヤの溝の深さは「約8mm」です。

スリップサインが出ているタイヤは、道路運送車両の保安基準で走行不可と定められているので、即交換しなければなりません。

「スリップサイン」はその名の通り、タイヤの溝がほとんど無くなりスリップしやすい事を伝えてくれています。つまり、安全の為になるべくスリップサインが出る前に、タイヤの交換を行わなければいけません。

とすると、スリップサイン以外の交換時期の目安が必要になりますね。

次に、走行距離によるタイヤの溝の減り方に着目した目安を紹介します。

走行距離によるタイヤの溝の減り方

安全の事を考えると、残りの溝がスリップサインである「1.6mm」ではなく、「2mmないし3mm」になった時に交換すれば良い事になります。しかし、数ミリしかない溝を正確に測る事は難しいです。

そこで、走行距離と溝の減り方の関係を利用する手があります。タイヤの溝はおよそ「5,000km」走行すると「1mm」磨耗します。新品のタイヤの溝は約「8mm」なので、「5~6mm」磨耗するには「25,000km~30,000km」の走行距離が必要となります。

つまり、新車購入または前回のタイヤ交換から、走行距離が25,000~30,000km増えた頃に、タイヤの交換を検討すると良いでしょう。

ドライバーの感覚

ドライバーが走行中に以下のような事を感じたら、タイヤの交換時期が到来しているかもしれません。

  • 乗り心地が悪くなった
  • ハンドル操作が悪くなった

こういった感覚はサスペンションなど他の部品の不具合が原因の場合も有ります。

参考:サスペンションの交換時期の目安と交換費用の目安

タイヤの費用の相場

タイヤ店

タイヤの価格は、サイズや扁平率、グレードによってかなり幅が有ります。(1本2,000円のタイヤから1本200,000円するタイヤまで。)

そのため、タイヤの費用の相場は一概には言えないのですが、サイズなどが価格に与える影響は概ね以下のような傾向となっています。

項目価格が高い価格が安い
タイヤ幅広い狭い
ホイールサイズ大きい小さい
扁平率薄い厚い
グレード良い悪い

サイズ・グレードなどで細かく分類されでおり、様々な種類のタイヤがあるので、タイヤ選びは難しいですよね。タイヤに詳しくない人は、車メーカー指定のタイヤを購入すれば良いかなと思います。メーカー指定のタイヤが分からない人は、店員さんに聞きましょう。

また、タイヤの交換費用を安くする為に中古品を購入する方法も有りますが、あまりオススメ出来ません。

タイヤの溝が減っている中古品は以下のようなデメリットが有ります。

  • 衝撃吸収力が弱く乗り心地が悪い
  • グリップ力が弱い
  • 水を吐き出す量が減り滑りやすい
  • 空気の抜け道が少ないのでロードノイズの原因に

こういった理由から中古品ではなく新品のタイヤを購入した方が良いでしょう。

そうなると、購入費用が高くなってしまうのも事実です。そこで、タイヤのローテーションを行い長持ちさせる工夫をしましょう。

ローテーションについて

FF車(前輪駆動)は前輪が、FR車(後輪駆動)は後輪がすり減りやすくなっています。

そこで、タイヤを均等に効率よく使用する為に、前輪と後輪を入れ替えるましょう。これを「ローテーション」と言います。

ローテーションの目安は5,000km~10,000kmです。ガソリンスタンドでも行ってくれますので、給油と一緒に依頼すれば良いでしょう。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス