車査定のマニア
修復歴車

修復歴車

修復歴車は事故の衝撃で、各部位に悪影響が及んでいる可能性が高く、購入後様々なトラブルが起こる可能性が高いです。従って、普通なら購入は控えるべきです。

修復歴車の定義と修復歴車が危険な理由

しかし、損傷の度合いによっては、修復歴車だとしても安全性に問題が無く、購入して良い場合も有ります。

スポンサーリンク

車の正面部の損傷は三つのレベルに分ける事が出来ます

まず、「正面の事故」に関して「購入を検討しても良い」「購入は慎重に」「購入は避けるべき」の三つに分けて、修復歴車の安全性の違いを見て行きましょう。

購入を検討しても良いレベル

修復歴ランクA

エンジンルームの車の前方から「約3分の1」くらいまでの損傷が1つ目のランクです。このような損傷範囲には、走行安全性に影響する部品が無いので、購入を検討しても良いでしょう。

損傷を受けているパーツは、ラジエーターコアサポート、フロントフェンダーインナー先端までです。

購入にあたっては、損傷箇所がしっかりと修理されているか、そして修復歴車としての価格が妥当かどうかの確認を行ってください。

購入は慎重に検討するレベル

修復歴ランクB

エンジンルームの車の前方から「約3分の2」くらいまでの損傷が2つ目のランクです。この場合、安定走行に不可欠なサスペンションなどの部品も損傷している為、交換・修理が行われています。

損傷を受けているパーツは、「購入を検討しても良いレベル」のパーツに加え、フロントフェンダーインナー全体、フロントサイドメンバーです。

修理がきちんと行われているかの確認は勿論の事、試運転をして問題が無い事を確かるなど、慎重に購入するか否かを検討する必要が有ります。また、走行安全性に問題が有る修復歴車なので、それに応じた販売価格となっているかも検討しましょう。

購入は避けるべきレベル

修復歴ランクC

エンジンルームのほぼ全てが損傷しているのが、3つ目のランクです。損傷具合がひどく、元に戻す事はまず不可能です。そのため、故障等のトラブルが高い確率で発生します。損傷を受けているパーツは、上記二つのレベルの損傷パーツとダッシュパネル、カウルトップまでです。

安く買えたとしても、修理費用が嵩んでしまうので、購入はオススメ出来ません。

図及び内容は「中古車選び完全マニュアル(著者:佐藤秀樹、出版社:株式会社山海堂)」を参考にさせてもらいました。

後方・側面の損傷に関して

車両後方の損傷に関しては、トランクルーム内部まで損傷が及んでいるかどうかで判断します。トランクルーム内部まで損傷が及んでいる場合には、「足回り」や「ルーフパネル」が事故の衝撃を受けている可能性が高く、購入は控えた方が良いでしょう。

側面への損傷は、車全体に衝撃が伝わっているため、安全面にかなり問題が有ります。そのため、販売価格に関係なく、購入は控えましょう。

このように「修復歴車」だとしても、損傷した部分がどの部位なのか、損傷の程度がどれくらいのレベルなのか?によっても安全性は変わってきます。修復歴のあるクルマを購入する場合は、その辺りまでキッチリとチェックしてから購入を決めましょう。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス