車査定のマニア
試乗車落ち

「試乗車落ちの中古車」を知っていますか?なかなか購入する機会は無いかもしれないですが、実はとてもお買い得なのです。

ここでは、試乗車落ちの中古車を購入する方法や、購入時の注意点について見ていきましょう。

試乗車落ちの中古車とは?

試乗車落ちの中古車とは、新車ディーラーで試乗車として使われていた車が、その役目を終えて中古車市場に出た時の通称(デモカーとも呼ばれます)です。

不特定多数の方が見たり触ったりしている事について抵抗が無い方であれば、高年式の車をお得に購入出来るのでオススメです。

販売時期

車の場合、新車として発売された後、2〜2年半程度で最初のモデルチェンジ(マイナーチェンジ)が行われます。そして次のモデルが登場すると、先代は新車ディーラーに展示されなくなるので、先代の試乗車も同様にお役御免となります。

従って、新車発売後2年〜2年半程度後のモデルチェンジ直後が、試乗車落ちの中古車を入手のチャンスが有る時期となります。

:モデルチェンジの時期にならなくても走行距離が多くなり過ぎる場合は、前倒しで売りに出される事も有る様です。

走行距離

試乗車は新車を購入しにきた客の試乗にしか使用されないので、走行距離は少ないです。一般的に2年程度試乗車として使われていれば、走行距離は1万キロ前後でしょう。

走行距離

見分け方

試乗車落ちの中古車と言っても、見た目は普通の車です。

来店客に乗ってもらう為に使う車なので、外装は綺麗に磨き上げられており、内装も多少の傷は有るかもしれないですが綺麗でしょう。しかし、綺麗だからといって、それだけで試乗車だったとは判断出来ませんよね。

中古車

では、どの様にして試乗車落ちかどうかを見分けるか?答えは「車検証を見る」です。

車検証には前所有者の名前が記載されています。ここが新車ディーラーの名前になっていれば、それはディーラー車(試乗車落ち)と判断する事が出来ます。

:走行距離が数万キロとなっている場合は、代車等他の目的として新車ディーラーが使用していた事が考えられます。

値引きは有る?

試乗車と言えども、立派な中古車です。しかし、新車ディーラーが大事に整備し、綺麗な状態で保たれている事が多いので、中古車としての価値は一般的に高いです。

多少の値引きは有るでしょうが、あまり過度な期待はしない方が良いでしょう。

税金・補助金関係

試乗車落ちといっても、中古車である事に変わりは有りません。従って、自動車税や重量税等は他の車と同様に課税されます。自動車取得税についても、新車ではないので中古車として課税される事になります。

また、各種補助金についても、新車ではないので貰う事は出来ません(エコカー減税は受けられます)。

試乗車落ち中古車の見付け方・購入方法

試乗車落ちの中古車を購入するにはどうすればいいでしょうか?試乗車を保有している新車ディーラーに対して「売って下さい!」と言えば良いのでしょうか?

もちろんそれでは駄目です。新車ディーラーは試乗車を商品として見ていませんし、新車ディーラーの目的はあくまでも「新車を売る事」です。

また、試乗車落ちの車はお買い得なので需要が有ります。来店した一般客に売らなくても、簡単に業者等に売る事が出来るので、敢えて一般客に売るメリットが特に無いのです。

試乗車落ちの中古車を手に入れたいなら、以下の2つの方法を試してみてください。

①非公開車両を探してくれるサービスを利用する

不動産業界では、公開されている売買物件については、不動産業者であれば専用のシステム(レインズと言います)を使って全国の情報を即座に調べる事が出来ます。一方で、非公開情報扱いにして、付き合いの有る不動産業者しか物件情報を持っていない様な場合も有ります。

探し方

自動車でも、不動産と同様に公開されている中古車と非公開の中古車が有ります。インターネットで検索すると、Goo-netなどで多くの公開されている中古車が出て来ますが、これらは実は全体の30%程度に過ぎません。

実際には、試乗車落ちの車を含む多くの車が非公開車両なのです。ズバット車販売サービスの様に、欲しい車の条件を登録すると、非公開車両の中から条件に合致する中古車を探してくれるサービスも有るので、興味の有る人はそちらを利用すれば比較的に手間なく試乗車落ちの中古車を見つける事が出来るでしょう。

試乗車落ちの中古車も見つかるズバット車販売サービス公式サイトへ

②中古車ディーラーの営業マンと仲良くなって見付けて貰う

一般の中古車販売店では、試乗車落ちの中古車を入手するのは難しいかもしれませんが、新車ディーラーに隣接している系列の中古車販売店(認定中古車を主に扱っているお店)では、試乗車を取り扱っている事が多いです。

中古車販売店

新車ディーラーの系列の中古車販売店の営業マンと仲良くしていれば、試乗車落ちの中古車を入荷したら連絡を貰えるかもしれませんね。とは言っても、同様の方法で狙っている方も多いので、難易度はそれなりに高いです。

基本的には、①のサービスを利用して気長に待つのが賢明でしょう。

購入時の注意点

試乗車は、営業ツールとして使われているので、基本的にはしっかり整備され綺麗な状態が保たれています。

しかし、試乗車は不特定多数の人が運転しているという事実を忘れてはいけません。中には走行性能を試す為に荒々しく運転をする人もいます。従って、「足回り」には注意が必要です。また、走行距離が多い場合は、オイル交換がされているかどうかも念の為にチェックしましょう。

車

あと、試乗車がお得だからと言って何が何でも試乗車を買う!という姿勢はやめておきましょうね。そもそも試乗車は、市場に出回る数が少ないので「試乗車ありき!」で中古車の購入を考えると、選択肢が劇的に減ってしまいます。

自分の希望の車が試乗車だったらラッキー!くらいの感覚で居たほうが、良い中古車を買えると思いますよ。リセールバリュー等々も考えて総合的に判断して下さい。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス