車査定マニア
不人気車

仮に同じ新車価格だったとしても、人気車と不人気車では中古車の価格に天と地くらいの値段の差がつきます。

では、不人気車は買うと損をするのか?いえいえ、そういう訳では有りません。むしろ不人気車でも、上手に選ぶとお得な買い物となるのです。

ここでは、不人気車の中でもどういう中古車がお買い得になるのか、選ぶときのポイントについて見ていきましょう。

不人気となったのにはそれなりの理由が有ります。特に不人気車のデザインは流行とはズレている可能性が高いので、人の目が気になる方や自分なりのこだわりが有る方にはあまりオススメ出来ません。

不人気となった理由が、自分にとってデメリットとなるかどうかを考えて購入する様にしましょうね。

不人気車は何故お得?

中古車の中でも不人気車は、何故お得だと言われるのでしょう?

安い&高性能

不人気車の一番の特徴は「コストパフォーマンスが高い」点です。

コストパフォーマンス

不人気車といえど、それはあくまでも結果論です。新車として発表した時点では、たくさん売れると思って世に送り出しています。もちろん、他のメーカーの同グレードと同じ様な装備が有りますし、価格帯も似た様な感じとなっています。

従って、ただただ流行に乗れなかったが故に不人気車となっただけなので、性能や乗り心地などは流行の車と殆ど変わらない事が多いのです。

:中には燃費が悪かったり、性能面で問題があった為に不人気車となった車も有ります。この様な車は安いですが、お買い得ではないので買わない様にしましょう。

同グレードの他の中古車と比べると、安く手に入るのでお得ですよ。ランクが1つ下の人気車と同じくらいの価格で買える・・・事も有るかも。

個性が有る

人気の有る車は、たくさん売れているので街中でよく見かけます。いい意味では安心感が有りますが、違う言い方をすると個性が有りません。

個性

不人気車に乗る事のメリット、それは「周りから注目される」事です。数年前から有る車だったとしても、不人気車ですから周りの人からするととても新鮮味が有ります。

「こんな車あるんだ!」「なんて車種だろう?」と思われる事必至ですね。

不人気車を選ぶときのポイント

以下では、具体的にどの様にして不人気車を選べば良いか、そのポイントを紹介して行きます。

メーカー・車種で選ぶ

メーカーに関して言うと、例えばトヨタのクラウンと日産のセドリック(新車は今は有りません)。これらは対抗車種だったので、新車価格も性能も殆ど違いは有りませんでした。しかし、中古車での価格を見てみると、クラウンの方が高くなります。

メーカー

また、三菱の自動車はコストパフォーマンスが高い傾向に有ります。日産の同じ価格帯のグレードと比べると、三菱の方が装備が充実しています。しかし、中古車市場に出ると、三菱はあまり人気が無いので、日産の装備が少ない車種の方が高くなってしまいます。(必ずしもそうとは限りません)。

車種に関していうと、時代の流れは「低燃費・コンパクト・ファミリータイプ」なので、軽自動車やコンパクトカー、ミニバン、SUVなどが人気です。逆に、セダンやクーペ、ステーションワゴンは全般的に人気が有りません。

特にセダン(4ドア)は、1990年代の前半くらいまでは勢い良く売れていたのですが、最近はハイブリッド型のセダン以外の人気が激減しています。

こういった最近人気の無い車種やメーカーは、不人気車としてお買い得の可能性が有るので、要チェックですね。

色で選ぶ

中古車を選ぶ際、自分の好みに合った条件の車を選びたいですよね。しかし、お買い得な車が欲しいのであれば、好きな色で選ぶのはあまりオススメ出来ません。

不人気車

白やシルバーといった不動の人気色は、車体の色だけでプラス評価がされています。逆に言うと、変な色(あまり皆が選ばない色)の車は、安くなります。

例えば、緑系のベンツはあまり見かけませんよね。実際に購入する方はいるのですが人気は無いので、中古車としても高値は付きません。

また、日本で見かけるフェラーリは「赤か黄色のボディに内装が黒」の組み合わせが殆どですよね。逆にこれ以外の組み合わせの場合は、100万円程度価値が下がるかもしれません。

ちなみに、皆が選ばない様な色の車を購入する方は、思い入れや気合いが合って購入している事が多いです。丁寧に乗っていて車の程度が良いケースが多く、買っても損はしないでしょう。

不人気車は安く買う事が出来るのでお得ですが、売るときも安くなるので乗り潰す覚悟で買う事をオススメします。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス