車査定のマニア
洗車

車を査定に出す時に予め洗車をしておいた方がいいのでしょうか?また、洗車をすると査定額は「必ず上がる」と言えるのでしょうか?

ここでは洗車と査定額の関係について見ていきましょう。

査定前に洗車をしても査定額は上がらない

大手の車買取店のHPを見ると、洗車をしてから査定に出した方が「買取価格はアップする可能性が有る」なんて事が書かれている場合が有ります。

しかし査定士は、査定をする時に車の外装が綺麗じゃないから・・・という理由だけで査定額をマイナスにするようなことはしません(もちろんキズが付いていたり、凹みがあるとマイナスになります)。逆に少し洗車をしたからといって、査定額がプラスになる様なことも有りません。

洗車

泥などで汚れているよりは、予め洗車して綺麗にしている方が査定をする時に車の状態が分かり易いので喜ばれる、といった程度です。

車がピカピカの状態で査定に入ると、傷や凹みなどの判別がやりやすいので「査定前に洗車をした方が買取価格はアップするかもしれない。」と言っている可能性も有るようです。

ただ、査定士も人間です。泥などで汚れている車より、少しでも洗車をして綺麗にしている車の方が第一印象は良くなるはずです。洗車の有無は査定の評価額には影響しませんが、第一印象が良かった事でその後の査定の評価額は変わってくるかもしれません。

実際、査定基準によれば車両の状態が良い「良質車」に関しては特別に加点をしても良いことになっていますので、第一印象が良ければ、そこで多少の加算をしてくれる可能性は有るかもしれません。

とは言え、基本的には査定直前に洗車をした所で、査定額に大きな影響は与える事は有りません。むしろ買取査定額に影響を与えるのは日々の洗車です。(以下参照)

大事なことは日々洗車をして車を良い状態に保つこと

基本的に洗車は、「車を売ろうと思ったらする」というものではなく、普段からこまめにしておくことが必要です。普段から「汚れたら早めに洗車をする」ことを心がけておくだけで、車を綺麗に保つ事が出来ます。

例えば、雨の日に車を運転した場合など、水滴が車に付着することになりますが、その水滴をそのままにしておくと、塗装が剥がれる原因になってしまう事が有ります。そうなれば、やはり査定としてはマイナスポイントです。日々の洗車はこのようなマイナスポイントを作らないためにも必要です。

洗車が向いている天気・時間帯

洗車はいつやっても良いという訳では無く、天気や時間帯も考えてする必要があります。

ベストは「風がない曇りの日の朝方や夕方」です。夏の暑い日だと、ボディの水があっという間に蒸発してしまい、水滴の跡がシミになってしまいます。また、風の強い日は埃が付く事があるので拭く前に水をかけて砂埃を落とす様にしましょう。

ワックスが効いているかどうかで洗車方法が変わる

ワックスが効いているボディの場合は、水をたっぷりかけて布で拭き取るだけで十分綺麗になります。

一方でワックスが効いていない場合は、ホームセンター等でカーシャンプーを購入し、古いワックスを洗い落としてからワックスがけをする様にしましょう。

洗車用具に注意

車の塗装は意外に傷付き易いです。使い古したゴワゴワの雑巾で拭くと逆に傷付くことがあります。車専用のスポンジがカー用品店に売っているので是非買う様にしましょう。

洗車

最近は水が無くても洗車やワックスがけの出来る便利グッズ(スプレーやシート)がよく売っています。時間がない人には便利ですが、予め水をかけて汚れを浮かせてから使わないと、逆にボディを傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

なお、ワックス入りのカーシャンプーを使ってボディを洗うと、ワックスが窓に付く事があります。窓に付くと油脂になってしまうので、車用の油脂落としを使って綺麗にする様にしましょう。家庭用のガラスクリーナーは、シリコンが入っているので逆効果になる可能性がある為、オススメはしません。

マフラーが故障しない様に注意!

リアバンパー周りを洗車しているとき、タイコ(マフラー内にある消音機)の中に水が入ることがあります。タイコの中に水が入ると下の方に溜ってしまいます。

これはエンジンをかけることである程度は外に吹き出すことが出来るのですが、残った水がマフラー内の仕切板を腐食し、脆くなってしまいます。

洗車時は、マフラーの出口部分は布等で蓋をする様にしましょうね。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス