1. 車査定のマニア
  2. 査定・買取り
  3. ≫車査定に出す前の洗車はした方がいい!でも査定額が上がるわけではない!

車査定に出す前の洗車はした方がいい!でも査定額が上がるわけではない!

洗車

車を売却しようと思ったときに、「査定を受ける前に洗車ってした方がいいの?」と疑問を持つ人は、多いのではないでしょうか。

インターネットで「車査定 洗車」で調べると

  • 洗車してから査定を受けても売却価格は変わらないよ
  • 高く買って欲しいのなら、洗車してから査定を受けないとだめだよ

 

など、「車の売却価格」と「洗車」についての関係性については、さまざまな声が聞こえてきます。

実際のところは、どちらの意見が正しいのでしょう。結論から言います。

査定を受ける前は、洗車をした方がいい

理由は、売却店の担当者の心証が良くなるからです。

査定を受ける前に、洗車をした方がいい理由や、どのように洗車をすればいいのかを、元ディーラー営業マンの筆者が説明します。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

1.査定を受ける前には洗車をした方がいい理由

洗車

売却店の担当者の心証が良くなるから

勘違いしている方も多いのですが、査定を受ける前に、キレイに洗車をしたからといって、車の売却価格が高くなるわけではありません。

それでも、筆者は査定を受ける前に洗車することをオススメします。

筆者が査定を受ける前に洗車をオススメする理由は、売却店の担当者の心証が良くなるからです。

基本的に査定する担当者は、査定を始める前に、車の周りを回ってボディ全体をザックリと見ます。

車の周りを回りながら、

  • 色が違っている部分はないか
  • パッと見て分かる大きなキズはないか

などを確認しています。

このときに、車がキレイだと、「車を大切に乗っている人だな」「メンテナンスも定期的におこなっていそうだな」などと良い印象を持ちます。

しかし、車が汚れていると「あんまり車を大事に乗っていないのかな」「メンテナンスをちゃんとしていないかも」などのマイナスイメージを持ってしまいます。

マイナスイメージを持った担当者は、より真剣に細かいところまで見て査定額を算出します。

査定する担当者の本音としては、「事故などの鈑金修理跡さえ見落とさなければいいだろう」と思っています。

それは、事故をしていない車と、事故などで鈑金修理をしている車では、同じ年式で同じグレード、走行距離もほぼ同じでも、中古車として販売するときの価格が全然違うからです。

事故歴「あり」と「なし」でどれぐらい差があるのか調査

カーセンサーで販売されている平成28年式トヨタ プリウスを例に比べてみましょう。

事故歴なしのプリウス

事故歴なしのプリウスの装備

※画像出典:カーセンサーより

事故歴ありのプリウス

事故歴ありのプリウスの装備

※画像出典:カーセンサーより

両車両とも、『2016年式』『A ツーリングセレクション』『走行距離15,000km』です。

  • 上の画像が事故をしていないプリウスで、車両本体価格2,320,000万円
  • 下の画像が事故車(修復歴有り)のプリウスで、車両本体価格2,090,000万円

230,000万円もの価格差があります。

事故車のプリウスには、ETCは装備されていませんが、アイドリングストップや衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備を装着しています。

メーカーオプションの安全装備が充実しているにもかかわらず、事故車なので230,000万円も安くなってしまっている

このように、事故の有無は大きな価格差がついてしまいます。

だから、売却店の担当者にとって、「事故などで鈑金修理をしているかどうか」が重要なポイントなのです。

キレイで良い印象を持った車なら、事故などで鈑金修理をしているのか、していないのかを見極めることに重点を置いて車の査定をします。

鈑金修理をしているような形跡がない部分に関しては、サッとしか見ません。

ギリギリ減点対象になる程度の小さいキズを見つけても、スルーします。

小さいキズが多少あったところで、中古車として販売するとき、そんなに大きな価格差にはならないからです。

正直なところ、車を査定するときに使用するカーチェックシートに記入するのが面倒くさいからという理由もありますが。

しかし、汚れていてマイナスイメージを持ってしまった車だと、そうはいきません。

  • ボディ全体がキズまみれかも
  • オイル交換などのメンテナンスもちゃんとやっていないかも

などと、いろいろな不安を抱いてしまいます。

そうなると、買い取った直後に故障してしまうリスクなどを考え、少しでも売却価格を抑えようと思ってしまいます。

小さいキズでも、カーチェックシートに記入していき、きっちり減点対象にします。

さらに、少しでも減点できる部分はないかと、いつも以上に厳しい目で車を確認します。

減点対象となるキズは、しっかりとカーチェックシートに記入し査定をするのが、本来の査定士の姿ではあります。

しかし、減点対象にすべきキズだけど、中古車として販売するときの価格にあまり影響がない程度の小さいキズなら、無視してもいいかと思っている査定士は意外に多いのです。

車がキレイで良い印象を持っていると、本来なら減点対象とすべき小さいキズでも、減点対象とせずにスルーしてくれることが多いです。

車が汚れていていろいろな不安を抱いてしまうと、減点対象となる小さいキズはしっかりと減点対象とし、その他に少しでも減点できる部分がないかを探します。

査定を受ける前に洗車をしても、車の売却価格が高くなるわけではありません。

しかし、マイナスされる金額を抑えることは可能です。

ですから、洗車をして車をキレイにしてから、査定を受けましょう。

では、洗車をするときには、どのようなポイントに注意すればいいのでしょう。

2.洗車をするときの注意ポイントと洗車の手順

洗車

暑い日や日当たりの良い場所での洗車は避ける

洗車の手順
  • 手順1:たっぷりの水をボディにかけて、ボディに付いているホコリや砂を洗い流す
  • 手順2:しっかりと泡立てたカーシャンプーでボディを洗う
  • 手順3:シャンプーが乾ききる前に水でしっかりと流す
  • 手順4:シャンプーを流した水が乾く前に手早く水を拭き取る

洗車をするときの注意ポイントは、「暑い日や日当たりの良い場所での洗車は避けることです。

それは、水やカーシャンプーがすぐに乾いてしまい、汚れやシミになってしまうからです。

夏場に日当たりの良い場所で洗車をすれば、水やカーシャンプーはすぐに乾いてしまいます。

「水がすぐに乾いてくれたら、拭かなくていいから助かるけど」と思う人がいるかもしれません。

しかし、水が乾いてしまった場所を良く見てください。せっかく洗車したのに、また汚れてしまっています。

カーシャンプーが乾いてしまうと、最悪の場合は、ボディのシミになってしまいます。

ですから、暑い日や日当たりの良い場所での洗車は避けてください。

夏場に洗車をする場合は、朝や夕方がオススメです。曇りの日でもいいでしょう。

それでは、引き続いて洗車の手順について、説明します。

手順1:たっぷりの水をボディにかけて、ボディに付いているホコリや砂を洗い流す

ポイント:高い箇所から水をかけること

最初にすることは、ボディ全体にたっぷりの水をかけることです。

ボディ全体にたっぷりの水をかけて、ボディに付着しているホコリや砂を洗い流します。

この手順が、洗車でもっとも大切な工程だと言っても過言ではありません。

水をかけるときのポイントは、高い箇所から水をかけることです。

低い箇所から水をかけ始め、高い箇所を最後にすると、せっかくホコリや砂を洗い流した低い箇所に、高い箇所から流れ落ちてきたホコリや砂が再び付着してしまうからです。

ボディ全体にたっぷりの水をかけることを怠ると、ボディに付いているホコリや砂が原因になり、ボディ全体がキズまみれになってしまいます。

車をキレイにするはずの洗車で、車をキズまみれにしてしまっては意味がありません。

ごくまれに見かけますが、水をかけずに、水に濡らしたタオルでいきなりボディ全体を拭き始める人。

たしかにボディ全体にたっぷりの水をかけるのはわりと手間です。

ですから、気持ちは分からなくもないですが、絶対にやめてください。

こんなことをするぐらいなら、洗車をしない方が良いです。

まずは、たっぷりの水をボディ全体にかけて、ボディに付いているホコリや砂を洗い流してください。

ボディに付いているホコリや砂を洗い流せたら、次は、カーシャンプーでボディを洗います。

手順2:しっかりと泡立てたカーシャンプーでボディを洗う

ポイント:ボディを力一杯こすらないように、やさしく洗う

手順の2番目は、水をかけただけでは落ちない汚れを、カーシャンプーで落とします。

まずは、バケツにカーシャンプーを入れます。そして、勢いよく水をバケツに入れましょう。

すると、カーシャンプーは泡立ちます。

泡立ったカーシャンプーを洗車用スポンジにつけて、ボディを洗いましょう。

ポイントは、ボディを力一杯こすらないように、やさしく洗うことです。

そして、洗い残しがないように、丁寧に洗ってくださいね。

ディーラーでボディコートをしている車の場合は、市販のシャンプーは使わない方がいいでしょう。

ボディコートの説明書に、洗車方法が記載してありますので、説明書に従って洗車をしてください。

一般的なボディコートは、水洗いが基本ですが、水洗いで汚れが落ちない場合は、付属のボディコート専用のメンテナンス剤などを使用することを推奨しています。

普段のお手入れは水洗いだけでOKです。水洗いで落ちない汚れが付着した場合は、付属のメンテナンスクリーナーをご使用ください。

※引用:ネッツトヨタ大阪 グラスコーティング ガードコスメSP

泡立ったカーシャンプーでボディが洗えたら、次は、水をかけてカーシャンプーを流します。

手順3:シャンプーが乾ききる前に水でしっかりと流す

ポイント:カーシャンプーが乾ききる前に流してしまうこと

手順3のポイントは、カーシャンプーが乾ききる前に流してしまうことです。

「洗車をするときの注意ポイント」でお伝えしたように、カーシャンプーが乾いてしまうとボディのシミになってしまいます。

カーシャンプーが残らないように、たっぷりの水で手早くカーシャンプーを流してしまいましょう。

カーシャンプーが残ってしまっていたら、やはり、ボディのシミになってしまいます。

カーシャンプーが乾ききる前に、そして、カーシャンプーが残らないように、手早く丁寧に水でカーシャンプーを流しましょう。

カーシャンプーを流しきったら、最後に水を拭き取ってください。

手順4:シャンプーを流した水が乾く前に手早く水を拭き取る

ポイント:マイクロファイバークロスやセーム革でボディをなでるようなイメージで水を拭き取る

カーシャンプーを流した水が乾いてしまう前に、手早く水を拭き取りましょう。

水を拭き取るときの注意ポイントは、家の掃除で使用するような雑巾や、使い古したタオルで拭き取らないことです。

雑巾やタオルは、使い続けると、ゴワゴワと硬くなってきます。

もともと生地の目が粗い雑巾やタオルが、さらに硬くなってしまうと、ボディ全体を一段とキズ付きやすくなってしまっているのです。

水を拭き取るときにオススメなのが、

  • マイクロファイバークロス
  • セーム革

などの吸水性の高い洗車タオルです。

マイクロファイバークロスやセーム革でボディをなでるようなイメージで、水を拭き取ってください。

これで、ボディの洗車が終了です。

実際に筆者は友人の車の洗車をよく手伝っています。詳細は、私が管理している別の車サイト「【写真つき】初心者でも分かる手洗い洗車!車マニアが実践している「洗車手順」完全版」をご確認ください。

次は、内装の掃除をしましょう。

3.内装の掃除は、最低限、掃除機をかける

内装・カスタマイズ

  • フロアマットを外して掃除機をかける
  • 車内でタバコを吸っていた人やペットを乗せていた人は、消臭スプレーなどでニオイ対策

内装もボディと同様、汚れているよりはキレイ方が担当者の心証はいいので、掃除をしましょう。

手放す予定の車ですから、本格的に車内の掃除をする必要はありません。

しかし、担当者の心証を悪くしないように、査定を受ける前には、「フロアマットを外して掃除機をかける」のは、最低限おこなってください。

掃除機をかけるのは、車内の床とフロアマット、そして、シートです。

シートも意外とホコリやゴミがたまっていますので、掃除機をかけましょう。

車内でタバコを吸っていた人やペットを乗せていた人は、「消臭スプレーなどでニオイ対策」を併せておこないましょう。

ただし、タバコやペットのニオイ対策として、香りが強い芳香剤を車内に置かないようにしてください。

芳香剤の強い香りとタバコやペットのニオイが混ざってしまい、よりキツいニオイになってしまうからです。

さらに、芳香剤の強い香りは、査定ではマイナス要因になります。

香りの好みは人それぞれ違うため、強い香りが染みついてしまっている車は売れにくいからです。

ですから、やさしい香りの消臭スプレーなどで、タバコやペットのニオイ対策をしましょう。

これで、査定を受ける前にしておくべき、洗車と内装の掃除は終了です。

あとは査定を受けるだけですが、ちょっと待ってください。もう少しだけお付き合いください。

もし、洗車をしているときに、大きなキズを見つけたとしたら、あなたならどうしますか?修理をしてから査定を受けますか?

そのままの状態で査定を受けますか?

筆者は、そのままの状態で査定を受けることをオススメします。

4.洗車して大きなキズを見つけてもそのままで

自動車の修理工場

洗車をして大きなキズを見つけたときは、修理をせずに査定を受ける

理由:かかった修理代よりも、査定額が高くなることはほとんどないから

洗車をすると、自分では覚えのないキズを目にすることがあります。

  • ショッピングセンターなどの駐車場に停めている間にぶつけられて凹んだ
  • 自宅の駐車場に停めているときに近所の子どもにキズを付けられていた

など自分が知らない間にキズが付いていることがあります。

キズや凹みは少ない方が査定額は高くなりますので、修理をしようと思う人はいると思います。

ですが、査定を受ける前に修理するのは損だと言えます。

修理をしてキレイな状態になっていても、かかった修理代以上に、査定額で得をすることは、ほとんどありません。

例をあげて説明します。

プリウスに乗っている吉田さんは、2回目の車検の時期になったので、プリウスの乗り換えを考えていました。

査定を受ける前に洗車をしていると、助手席側のリヤドアが凹んでいることに気がつきました。

凹みは10cm×15cm程度のサイズです。

吉田さんは、凹みがあると査定価格がかなり下がると思い、鈑金修理に出しました。

吉田さんが支払った鈑金修理代は、80,000円でした。

一般社団法人日本自動車査定協会が定めている査定基準によると、吉田さんが気づいたプリウスのリヤドアの凹みは、30点の減点となります。

そして、この減点に年もの相応係数というのを掛けます。

年もの相応係数とは、乗っていた年数により定められています。

吉田さんのプリウスは5年乗っているので、年もの相応係数は0.8です。

吉田さんのプリウスのリヤドア凹みの減点は『30×0.8=24』24点です。

金額に換算すると、24,000円の減額です。

吉田さんは、80,000円も鈑金修理代を支払い、24,000円の査定の減額を防ぎました。

さらに、悲しいお知らせをしなければいけません。吉田さんのプリウスは、リヤドアを鈑金修理しました。

鈑金修理跡は、査定の減点対象となっていて、10点の減点です。

こちらも年もの相応係数を掛けますので、『10×0.8=8』8点の減点です。金額にして8,000円。

改めて言います。

80,000円の鈑金修理代を支払った吉田さんは、24,000円の査定の減額を防ぎましたが、鈑金修理跡として8,000円の減額をされました。

つまり、吉田さんは、80,000円も鈑金修理代を支払い、16,000円の査定の減額を防いだのです。

吉田さんは、64,000円の損をしたと言えます。

吉田さんのように損をしないために、査定を受ける前に気がついたキズや凹みは、修理をせずにそのままの状態で査定を受けましょう。

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

まとめ

査定を受ける前には、洗車をした方がいいのです。理由は、売却店の担当者の心証が良くなるからです。

担当者の心証が良いと、多少の小さいキズはスルーします。しかし、心証が悪いと、小さいキズでもきっちりと減点します。

さらに、少しでも査定価格を抑えようと、減点できる部分がないかといつも以上に真剣に車を確認します。

査定を受ける前に洗車をしても、車の売却価格が高くなるわけではありません。

しかし、マイナスされる金額を抑えることは可能です。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。


コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA


この記事へのコメントはありません。