車査定のマニア

「交通違反」の記事一覧

不服

交通違反をして違反キップを切られたの中には、「なんでこれが違反なんだ!」「○○という事情が有るのに取締りをするのか!」と感じた方もいるのではないでしょうか?しかし、違反の結果、免停や免許取消処分となった方がこの処分に不服が有る場合は、不服の申立や処分の取消訴訟が出来るって知っていますか?

飲酒運転

「飲んだら乗るな、飲むなら乗るな」これは、最近では常識の事ですよね。飲酒運転は危険なので、絶対にしてはいけませんし、一発で免許取消しになるので生活にも支障が出ます。しかし、この飲酒運転に対する罰則は最近でこそ非常に厳しいですが、以前は厳しく無かったのです。ここでは、飲酒運転に対する厳罰化の歴史について見ていきましょう。

取締り

速度違反(スピード違反)は、交通違反の中でも取締り件数がダントツで多いです。平成25年では、約740万件の交通違反の取締りが実施されましたが、そのうち速度違反は実に205万件とトップです。この速度違反はどの様にして取締りが行われているのでしょうか?ここでは、速度違反の取締り方法の種類を見ていきます。

逮捕

速度違反を取り締まるオービスに撮られると、違反者には1〜2週間くらい後に呼び出し通知が送られて来ます。この呼び出し通知(出頭命令)は無視し続けると、最終的に逮捕される可能性が有るので注意が必要です!以下で、無視するとどうなるのか詳しく見ていきましょう。

Nシステム

速度違反を取り締まる為に、高速道路などに設置されているオービス(自動速度違反取締装置)が有ります。同様に、高速道路などに設置されている装置としてNシステムやTシステムが有ります。ここでは、オービスとNシステムやTシステムとの違いについて見ていきましょう。

不起訴

時速30km以上のスピード違反などで警察に取り締まりを受けた場合は赤切符を切られる事になります。この赤切符は反則金の納付はなく、罰金又は懲役の刑事罰を受ける事になります。そのため、交通違反で前科が付いてしまいます。もちろん不起訴になれば刑事罰も前科も有りません。

拘束力

無断駐車をした人が、車に「罰金3万円」といった感じの貼り紙をされる事が有ります。この貼り紙に従って、お金を支払う必要は有るのでしょうか?ここでは、貼り紙の法的効力について解説し、無断駐車が他の法律に違反するかという観点からも見ていきます。いずれにしても無断駐車は他人に迷惑をかけるので、避けましょうね。

査定額の違い

最近では殆どの方が携帯電話を持っています。中でもスマートフォンが普及し、ちょっとでも暇が有れば画面を見ている、という方増えています。携帯電話の普及に伴い、携帯電話使用時の交通事故や取締りの件数も増加傾向に有ります。ここでは、運転時に携帯電話の使用が禁止される状況や、違反の罰則等について見ていきます。

一時停止

一時停止の標識が有る場所では一時停止をしなくてはいけません。しかし、標識が無くても一時停止をしなければならない場所はいくつも有ります。ここでは、一時停止とは何か?一時停止をすべき場所や違反した場合の罰則等についても見ていきましょう。一時停止違反で取締りを受ける方は多いので、注意が必要ですよ。

飲酒

飲酒運転には酒気帯び運転と酒酔い運転が有りますが、それぞれの違いは何でしょうか?また、飲酒運転をして捕まったときの罰則にはどの様なものが有るでしょうか?飲酒運転は危険ですし、最近は厳罰化の傾向に有ります。飲んだら飲むな!飲むなら乗るな!を徹底しましょう。

警察官が貼付した放置車両確認標章

2006年から駐車違反の取り締まりが民間に委託されるようになりました。これにより民間監視員が生まれます。駐車違反の取り締まりの際に車に貼られる放置車両確認標章。これは民間監視員も警察官も貼付します。今回は放置車両確認標章を民間監視員と警察官のどちらが貼付したかを知る方法を紹介します。

駐停車

今回は駐車と停車の定義や違いについて紹介します。よく駐停車違反で問題になるのが駐停車している時間ですが、基本的に荷物の積卸以外は明確な時間は規定されていません。そのため、ちょっとでも車を離れれば駐禁となるので注意が必要です。駐車と停車の違いを理解して、無駄な販反則金を支払わないようにしましょう。

アルコール

酒気帯び運転で逮捕されるのは何もお酒を飲んだその日だけでは有りません。翌日の二日酔い状態でも体内からアルコールが検出されれば酒気帯び運転で検挙されます。昨夜、遅くまでお酒を飲んだ人は注意が必要です。対策としてはアルコール消化能力を知っておく事が大切です。

交通反則通告制度

交通違反には裁判を伴い重大な交通違反と、反則金を納付するだけで手続きが終了する軽微な違反が有ります。重大な交通違反を犯すと裁判をする必要が出てきますし前科が付いてしまう可能性も有ります。一方で軽微な交通違反の場合は前科が付くことは無く、とりあえずお金さえ払えば、一件落着です。

駐停車禁止標識

駐禁には「放置駐車違反」と「駐停車違反」が有ります。それぞれで反則金や加点される点数が異なります。また、違反した場所が駐車禁止場所だったのか駐停車禁止場所だったのかによっても反則金や点数は異なってきます。今回は放置駐車違反と駐停車違反について反則金等の紹介をしています。

運転禁止標章

使用制限命令とは放置駐車違反を繰り返した車両の利用を制限される事を言います。放置駐車違反を犯した回数が一回だけとかなら「使用制限命令」がくだされる事は有りませんが、何回も何回も駐車違反を取られるとその車を運転することが出来なくなります。必ず交通ルールは守りましょう。

車庫飛ばし

「車庫飛ばし」って言葉を聞いた事が有りますか?車庫飛ばしとは、車庫証明とは違う車の保管場所を利用する事を言います。基本的に路上駐車となるでしょう。車庫飛ばしは立派な犯罪です。罰金も結構な金額になります。つまらない事で多額の罰金を支払うのもあほらしいので、しっかりとルールを守って車庫に駐車して下さい。

車庫証明ステッカー

車庫証明のステッカーってみなさん車に貼っていますか?車庫証明のステッカーは一応法律でその貼付を義務付けられています。ちなみに、貼る位置も規定されています。では、ステッカーを貼らない場合は何か罰則・罰金が有るのでしょうか?今回は車庫証明のステッカーについて紹介します。

免許証不携帯

道交法違反の1つ「免許証不携帯」。この違反は軽微な違反とされています。運転免許証を紛失していても「免許証不携帯」で取り締まりを受けます。なお、この違反で取り締まりを受けてもゴールド免許がブルー免許になる事は有りません。今回は「免許証不携帯」の違反について紹介します。

車検証のステッカー

車検証のステッカーって見覚え有りますよね。あれ、車に貼らないと罰則を受けるって知っていましたか?かなり多額の罰金を取られるので車検証のステッカーを車にしっかり貼るようにして下さい。今回は車検証のステッカーを貼らない場合の罰則・罰金について紹介しています。