1. 車査定のマニア
  2. 自動車保険
  3. ≫自動車保険は結婚時に「名義変更」「限定条件の変更」などの手続きが必要

自動車保険は結婚時に「名義変更」「限定条件の変更」などの手続きが必要

結婚は人生の大きな分岐点であり、様々な手続きが必要になります。

それは車保険でも同様で、結婚することによっていくつもの手続きや「補償内容などの変更」をしなければなりません。

また自動車保険では「結婚」という概念にとらわれず、「内縁の妻(配偶者)」がいる場合にも同様に様々な手続きが必要になります。

そこで今回は、元自動車保険営業マンである筆者が、結婚による車保険の手続きについて詳しく解説していきましょう。

手続きを怠ってしまうと万が一の事故の際に「補償されない」という最悪の事態になってしまうため、ぜひ最後まできちんと読み進めてくださいね。

【裏技】同じ保証プランなのに「5万以上」も安くなった人たくさん!

保険スクエアbank!」なら、一度の申し込みで最大19社から見積もりハガキが届く。
自動車保険は同じ保険プランなのに、保険会社によって値段がマチマチ・・・
同じ保証なのに、5万以上安くなった人もたくさんいます。

実際に私も「12万円→5万円」になりました!

最大19社の見積りを比較!
自動車保険の最安値をチェック

1.結婚時に車保険で変更の有無を確認する4つのチェックポイント

結婚

結婚した時に車保険では様々な手続きが必要だと述べましたが、チェックすべき4つのポイントについて、下記に箇条書きしておきました。

  • 保険契約者・被保険者の名義変更
  • 運転者限定条件の変更
  • 年齢条件の変更
  • 重複している特約の確認

それぞれ結婚した時の手続きとして重要なチェックポイントになりますので、以下に分けて説明していきましょう。

【チェックポイント1】保険契約者・被保険者の名義変更

車保険では

  1. 保険契約者…契約手続きをした人で、「保険料を支払っている人」
  2. 被保険者…「主な運転者」のことで、契約している車保険で主に補償を受ける人

という、大きく2種類の人に分けて考えます。

そしてそれぞれ結婚によって

  • お金を支払う人
  • 名前(苗字)

が変更になる場合には、保険会社または保険代理店に伝えて変更の手続きをする必要があります。

手続きの方法は簡単で、「結婚したので保険契約者(被保険者)の変更をしたい」と述べるだけ

ネットでの変更手続きの場合はその場で、代理店の担当者などに依頼する場合には「変更依頼書」などに記入して提出します。

また注意点ですが、基本的には「保険契約者本人」が依頼をしなければならず、それ以外の場合には「無効」とされる可能性があります。

そのため、きちんと保険契約者本人が保険会社や保険代理店に依頼をすると覚えておきましょう。

【チェックポイント2】運転者限定条件の変更

2つ目のチェックポイントは、運転者限定条件の変更です。

というのも例えばあなたが今の契約で「本人限定」という限定条件を付けていた場合、結婚することによって「配偶者の人も運転する可能性」がありますよね。

その場合には限定条件を「本人・配偶者限定」にすることで、確実に配偶者も補償を受けられるようにしておく必要があります。

もちろん「自分の車は自分しか乗らない」「そもそも家族限定だから関係ない」という場合であれば変更する必要はありません。

ただし変更せずに条件外の人が契約車両で事故を起こした場合、車保険による補償を受けることはできませんので注意しましょう。

手続き方法に関してはこちらも同様に、契約者本人が保険会社や保険代理店に直接「変更したい」という旨を届け出るだけです。

【チェックポイント3】年齢条件の変更

結婚した相手もあなたの車に乗る可能性があり、さらに年齢が異なる場合には「年齢条件の変更」もしなければならない可能性があります。

というのも自動車保険の年齢条件は、提供している保険会社によっても若干異なりますが、大まかに

  • 全年齢…~20歳
  • 21歳以上補償…21~25歳
  • 26歳以上補償…26~29歳
  • 30歳以上補償…30~34歳
  • 35歳以上補償…35歳~

という区分に分かれており、お二人がどれか一つの年齢区分に分かれていない限り、「年下の方の年齢」に合わせなければならないからです。

つまり仮に合わせず、条件外の年齢の方が運転して事故を起こした場合には、補償を受けられなくなってしまいます。

そのためあなたが契約している車保険の年齢条件の区分をきちんと確認し、「自分と配偶者の年齢」が確実に補償される区分を選択しなければなりません。

ちなみに手続きの方法に関してはこれまで同様に、保険会社または保険代理店に連絡して「変更手続きの依頼」をするだけで大丈夫です。

【チェックポイント4】重複している特約の確認

4つ目のチェックポイントは「重複している特約の確認」です。

車保険では一般的な補償+αの役割として「特約」がありますが、特約の中には「家族の中で誰かが付帯させていれば、自分も同じ補償を受けられる」というものがあります。

つまり結婚した配偶者が付帯させている場合、あなたの車保険でも付帯させてしまうと「損する」ということになるのです。

そんな重複の可能性がある特約は主に下記の4つであり、重複することによって下記の金額分の損をしてしまいます。

特約の種類「あり」の場合の
年間保険料(円)
「なし」の場合の
年間保険料(円)
差額(円)
弁護士費用特約113,460110,5602,900
ファミリーバイク特約122,850113,4609,390
個人賠償特約113,460111,3602,100
人身傷害113,460112,2701,190

※保険料試算の条件

  • ノンフリート等級:10等級(事故有係数0)
  • 車種:ホンダ ステップワゴン RP3型(初度登録:平成27年12月)
  • ASV割引:あり
  • 使用目的:通勤通学
  • 主な使用地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド
  • 運転者の年齢条件:26歳以上補償
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 車両保険:一般型
  • その他の条件:損保ジャパン日本興亜の「補償充実プラン」を選択
  • 人身傷害については「なし」を選択できないため、最低ランクの「2000万円」を選択
  • ファミリーバイク特約については「自損障害型」を選択

回試算したケースではそれぞれ数千円程度の損となることが分かりました。

もちろん年間で換算するとそれほど大きな損とは言えません。

「無くても良いものにわざわざお金を払う」というのはやはり無駄ですから、必ず配偶者の車保険の内容を確認して、重複があれば外すことをオススメします。

ちなみにこちらも手続き方法は同じで、保険会社または保険代理店に「特約を外したい」と述べるだけですから、難しいことはありません。


以上、結婚の際の車保険4つのチェックポイントでしたが、どれも重要ですが「手続き自体は簡単」ということが分かったでしょう。

ただしこれはすべて「保険会社や保険代理店に依頼する場合」の話です。

というのも車保険の変更手続きをする前に「そもそも車自体の名義変更も必要」といえるため、そちらの手続きの面倒くささは否めないのです。

そこで次章では、簡単に車自体の名義変更についても説明していきましょう。

※車の名義変更がお済みの方は、第3章にて「家計にやさしい自動車保険」の紹介をしていますので、飛ばしてご覧ください。

※また内縁の妻(配偶者)の場合には、車両の名義変更などが無くても「客観的に見て配偶者かどうか」を保険会社が判断しますので、必要ありません。

2.車自体の名義変更も必要になる

名義変更

車保険の変更をする前に、そもそも車自体の名義変更も必要になります。

そこで早速、車そのものの名義変更の手順について下記に箇条書きしておきました。

  • 必要書類をそろえる
  • 陸運支局(車検場)に行く
  • 名義変更窓口で手続き
  • 完了

それぞれ、以下に分けて簡単に説明していきます。

1.必要書類をそろえる

名義変更に必要な書類は

  1. 本人確認書類(戸籍謄本)
  2. 現在の車検証本紙
  3. 手数料納付書…車検場で入手可能(手数料は500円)
  4. 申請書…車検場で入手可能
  5. 車庫証明…ディーラーや警察署で入手可能(住所変更もする場合に必要で、おおむね2,500円~3,000円程度)

の5点です。

しかし上記のものは車検証上の所有者と使用者が同一である場合で、異なる場合で「使用者だけの名義変更をする」という場合には、+αで下記の書類が必要になります。

  • 所有者の委任状…車検場やディーラーで入手可能
  • 所有者の印鑑証明…所有者から入手

これらをそろえておけば、車の名義変更は可能になります。

ちなみにディーラーなどでは「1~2万円程度」を支払って代行してもらうことも可能であり、手続きの面倒くささを考えるとディーラーに依頼するのも一つの「賢い手」といえるでしょう。

2.陸運支局(車検場)に行く

ディーラーに依頼しない場合、書類をそろえてから車検場に向かいます。

車検上はあなたのナンバーに書かれている「神戸」などの地域にあります。

ただし手続きをする車検場は「新住所の管轄の車検場」となりますから、その点には注意が必要です。

ちなみに車検場の場所については、国土交通省の「全国運輸支局のご案内」から確認できますので、自分で手続きする場合にはこちらから検索してください。

3.名義変更窓口で手続き

車検場についたら、名義変更の手続きに対応している窓口へ向かいます。

窓口の名称はバラバラですが、基本的にどの車検場も天井や壁などの分かりやすい場所に、大きな看板で「名義変更」と書かれていますから、その場所へ向かってください。

職員は業者の人には厳しい一面もありますが、素人の一般人には非常にやさしく丁寧に教えてくれますので、書類の書き方や提出方法などを聞くと良いでしょう。

4.完了

以上を持って名義変更の手続きは完了します。

ただ、再度述べますが「名義変更手続きは面倒くさい」というのが本音ですから、正直なところ費用対効果を考えても「ディーラーなどに任せた方が賢い」といえるでしょう。

またディーラーなどに任せることで、失敗するリスクも格段に低くなり、車保険の手続きにのみ集中することができます。

そのためぜひディーラーで車の名義変更は依頼することをオススメします。

名義変更方法については、下記記事にさらに詳細を書いていますので、自分で名義変更される方はぜひご覧ください。


以上、車の名義変更の手続きに関して簡単な説明をしてきました。

そして次章では、結婚したあなたへのお得情報として「家計にやさしい自動車保険」を紹介していきましょう。

3.結婚したなら家計にやさしい「安くて安心の自動車保険」がオススメ

結婚したカップル

結婚した時、気になるのは「家計にかかるお金」でしょう。

車保険は1台分の契約でも10万円以上してしまうため、できる限り節約したいものです。

そこで筆者がオススメするのは「通販型」と呼ばれる自動車保険です。

車保険には

  1. 代理店型…店舗で加入するタイプの自動車保険
  2. 通販型…ネットや電話で加入するタイプの自動車保険

という2種類があり、通販型の自動車保険の方が圧倒的に保険料が安くなります。

下記に実際の比較結果を載せておきますのでご覧ください。

自動車保険の種類保険会社名年間保険料(円)差額(円)
代理店型損保ジャパン日本興亜113,46047,030
通販型ソニー損害保険66,430

※保険料試算の条件

  • ノンフリート等級:10等級(事故有係数0)
  • 車種:ホンダ ステップワゴン RP3型(初度登録:平成27年12月)
  • ASV割引:あり
  • 使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:11,000㎞以下
  • 主な使用地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド
  • 運転者の年齢条件:26歳以上補償
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 車両保険:各保険会社の「一般型」でオススメされたプラン
  • その他の条件:損保ジャパン日本興亜の「補償充実プラン」、ソニー損保の「安心プラン」を選択

ほとんど同じ条件で比較しても47,000円もの差額が出ました。

そのため通販型の自動車保険の方が「家計にやさしい」ということができるのです。

通販型の安い自動車保険でも事故対応は大丈夫

心配なのは「安い自動車保険は事故対応などで安心できるのか」ということですよね。

その点については心配いりません。

なぜなら代理店型の自動車保険とは異なり、通販型の自動車保険では「必ずプロが対応してくれる」という特徴があるからです。

というのも代理店型の自動車保険では担当者があなたにつき、事故対応や顧客対応をしてくれます。

しかし保険代理店の営業マンの多くは「難易度の低い試験に合格しただけの人」という場合が多く、結果的に知識量などが大幅に不足している場合が多いのです。

もちろん中にはスペシャリストもいますが、筆者の経験上「素人が多い」というのが本音です。

一方、通販型の自動車保険はお客様からの問い合わせなどを電話で対応することが多く、全国各地のお客様対応をしています。

そのため間違った情報を伝えることは許されず、必ず正しい対応をしてくれるのです。

また対面ではないため、できる限り好印象の顧客対応を心がけており、結果的にお客様側からすると「本当に良い対応だった」という人が多いのです。


以上のことからも分かるように、通販型の自動車保険は

  • 保険料が大幅に安くなる
  • 事故対応も専門家がしてくれるため安心

ということは理解できたでしょう。

とはいえ実は「まだまだ安くなる可能性がある」といえます。

なぜなら通販型の自動車保険でも「提供している保険会社によって保険料が異なる」といえるからです。

そこで次章では、家計にやさしい通販型の自動車保険の中で、最も安いものを探す方法について紹介していきましょう。

4.さらに最もお得な通販型自動車保険は「自動車保険一括見積もり」で探せ!

自動車保険の解約

通販型の自動車保険の中で、最もお得なものを探すにはたった一つの方法しかありません。

そう、「複数社で保険見積もりを作成して、それぞれの保険料を比較する」ということです。

しかし1社分の保険見積もりを作成するだけでも億劫であるにもかかわらず、何社もの保険見積もりを作成するのは「面倒くさすぎる」と思いますよね。

そこでオススメなのが「自動車保険一括見積もり」というサービスです。

このサービスを利用することで確実に最も安い通販型の自動車保険を探し出すことができるのです。

自動車保険一括見積もりの仕組み

そのためぜひ下記の説明をご覧になって、最も安い自動車保険に加入することをオススメします。

【裏技】同じ保証プランなのに「5万以上」も安くなった人たくさん!

保険スクエアbank!」なら、一度の申し込みで最大19社から見積もりハガキが届く。
自動車保険は同じ保険プランなのに、保険会社によって値段がマチマチ・・・
同じ保証なのに、5万以上安くなった人もたくさんいます。

実際に私も「12万円→5万円」になりました!

最大19社の見積りを比較!
自動車保険の最安値をチェック

5.まとめ

以上、車保険と結婚に関しての解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  1. 結婚した時の車保険のチェックポイントは4つで、それぞれを実施しないと「補償を受けられない可能性がある」といえる
  2. 車保険だけではなく「車そのもの」の名義変更も必要になる
  3. 車保険の年間保険料は高いため、家計のために「安くて安心の通販型自動車保険」がオススメ
  4. 通販型の自動車保険の中でも最も安いものを探すなら「自動車保険一括見積もり」を利用すべき
【裏技】同じ保証プランなのに「5万以上」も安くなった人たくさん!

保険スクエアbank!」なら、一度の申し込みで最大19社から見積もりハガキが届く。
自動車保険は同じ保険プランなのに、保険会社によって値段がマチマチ・・・
同じ保証なのに、5万以上安くなった人もたくさんいます。

実際に私も「12万円→5万円」になりました!

最大19社の見積りを比較!
自動車保険の最安値をチェック

【裏技】愛車の相場が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
営業電話なし、最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。
もちろん相場を知るだけでもOK!

愛車の相場を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

シェアをお願いします。