1. 車査定のマニア
  2. ≫査定・買取り

査定・買取り

スタッドレスタイヤは車査定に出すのと専門店に売るのではどちらが高く売れるか

スタッドレスタイヤ

冬になると、雪の降る地域や寒さで路面が凍ってしまう様な地域ではスタッドレスタイヤ(スノータイヤとも言います)が必須ですよね。この冬場に便利なスタッドレスタイヤですが、査定に出す場合は履いたまま出した方が良いのでしょうか?それとも取り外して専門店等で売った方が良いのでしょうか?

車の下取・買取査定のとき、純正ホイールやタイヤは評価される?

車のタイヤ

新車を購入すると、タイヤやホイールは純正品が取り付けられています。しかし、格好良さや好みなどから社外品に付け替える方もいますよね。車を下取・買取査定に出した際には、タイヤやホイールは純正品の方が評価が高いのでしょうか?また、査定時に社外品を使用している場合は、純正品に戻す必要は無いのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。いずれにせよ社外品を購入するのであれば「純正品」は保管をしておくのがベストですよ!それ単体で売れる事もありますし、スペアタイアとしても利用できる可能性があります。保管スペースが必要になるのがネックですが、節約志向で頑張りましょう。

車査定時に赤本(オートガイドのレッドブック)は使用される事が有るのか

車と赤本

赤本(レッドブック)って知っていますか?自動車業界には、車毎の参考価格が記載された本が存在するのです。そのレッドブックが「中古車の査定時にも使用されている」という噂を耳にする事が有りますが、本当なのでしょうか?ここでは、レッドブックが何なのか、どういう場面で使用される物なのかなどについて見ていきます。

車を売却する時に装備品・オプションは査定金額にどのような影響を与えるのか

車の装備品

車は高い買い物ですし、どうせ乗るのなら快適に乗りたいですよね。そして、購入時にABSやエアバッグ、カーナビなどあれこれと装備品やオプションをつけたくなるものです。購入時に付けたこれらの装備品やオプションは、車を売る際の査定ではどの様な影響が有るのでしょうか?以下で見ていきましょう。

車の「査定依頼~引き渡し」までの4つの流れと注意ポイントを解説

車を売る際の手続や書類

愛車を売るには、下取りや買取りなど様々な方法が有ります。その中でも、ここでは買取業者に愛車を売る際の査定依頼から入金入金までの流れや必要書類について紹介していきます。初めて車を査定に出す際は、手順を理解していないと戸惑う事が考えられます。ここでしっかりと手順や必要書類についておさえておきましょう。

車査定の時に査定士がチェックするポイント

査定士のチェックポイント

愛車を買取業者に買い取ってもらう場合、査定士による査定を受ける事になります。この査定によって売却金額が決定されるのですが、実際の査定の現場では車のどの様な箇所をチェックしているのでしょうか?ここでは、査定士が査定時にチェックするポイントについて解説していきます。

不正改造車・違法改造車でも高く売ることは可能なのか

車の違法改造

車を買取業者に買い取ってもらう場合、その車の人気や状態によっては高額査定が期待出来ます。しかし、中には自分好みの車に改造している方もいますよね。そこで、ここでは違法改造車や不正改造車でも業者に高く売る事が可能なのか、という点に焦点を当てて見ていきましょう。

車を売る時の”傷”の加点・減点基準

車に長年乗っていると、丁寧に使っていたとしても多かれ少なかれ車体に傷が付いてしまいますよね。この傷は車を売る際の査定で、どの様な影響が有るのでしょうか? ここでは、車に付いた傷と査定時の減点との関係について見ていきます。 …

車のフロントガラスにワイパー傷・飛び石傷があっても修理せずに査定に出した方が得

フロントガラスの飛び石傷

車を売る際には買取業者(査定士)による査定を受ける事になりますが、チェック項目には様々な物が有ります。その中でもここでは、車のフロントガラスやその他のガラスに傷や破損が有った場合に、どの様な評価がされるのか、傷が有る場合は修理してから査定に出した方が良いのかなどについて解説していきます。

スリップサインが出ているタイヤ(溝がないタイヤ)は交換してから車の査定に出すほうが良いのか?

タイヤ

車を売ろうと思ったけど、タイヤを見るとスリップサインが出ていた(いわゆる丸坊主の状態)、という事が有ります。タイヤの残り溝が少ない場合、タイヤを交換してから査定に出した方が良いのでしょうか?それとも、そのままの状態で査定に出した方が良いのでしょうか?以下で見ていきましょう。

車の保証書・整備手帳・取扱説明書は3点セットでプラス査定になる

3点セット

あなたは車の「保証書や整備手帳、取扱説明書」の3点セットをちゃんと持っていますか?これらが全て揃っていると査定額がアップします!3点セットが無かったとしても売却手続は出来るのですが、車は可能な限り高く売りたいですよね。以下では、3点セットと査定額との関係や、3点セットを紛失しないための対応策などについて見ていきます。

車一括査定でよくあるトラブル4つ・勘違い2つと対処法

トラブル

今回は車の一括査定でよくあるトラブルについて紹介したいと思います。それに合わせて”買取契約を結んだ後に発生しやすいトラブル”にも言及しておきます。今回紹介する事例は”国民生活センター”にも取り上げられている事例ですし、自分の身に降りかかってこない可能性がゼロでは有りません。しっかりと予習しておきましょう。

車検切れの車をスムーズに高く売る一括査定を使う

車検切れ

あんまり車も乗らないし「車、売っちゃおうかな・・・・」と思って、車検証を見てみたら車検が切れていた!こういうウッカリミスをしてしまう人は少なくありません。車検切れの車でも買取査定に出して売却することは可能でしょうか?この点、結論から書きますと車検がなくても車は売れます。評価額への影響という意味でも「車検が無い事」による減点はありません。ただし、車検が無いことによって無駄な費用が発生してしまうことはあるので注意が必要です。記事では他に車検証がないクルマを売却する際にはどういう手順で売却処理を行えば良いのかも解説しています。

中古車を売却した時の売り主の瑕疵担保責任の意味と事例紹介

車の売買現場

民法上、売り主には瑕疵担保責任が有ります。そして、中古車の売買ではこの瑕疵担保責任が問題となるケースが有ります。そこで、ここでは瑕疵担保責任がどういう責任なのか?中古車の売買でどの様に関係するのかについて見ていきます。車を買取り業者に買い取ってもらう時にも関係する事が有るので、車を売ろうと考えている方は必見です。

車の査定当日に売却すると買取金額が高くなるのは本当か

買取金額

車を売ろうと思って買取り業者に査定依頼をした場合、「査定の当日に車を売った方が買取金額が高くなる」という噂をたまに耳にしますが、これは本当なのでしょうか?ここでは、査定当日に売却した方が高い買取り金額となるのか?そもそも査定当日に売った方が良いのか?などについて見ていきましょう。

車の査定依頼は何社に頼むのがベストか?理想は1社!

何社?

愛車を売るなら出来る限り高く売りたいですよね。無料一括査定サイトを利用すれば、複数の買取業者から見積りをもらって、一番高い金額を提示して来た業者に車を売る事が出来るので、とても便利です。しかし、買取業者は全国にたくさん有ります。実際のところ、車を売るのに何社に査定を頼むのがベストなのでしょうか?

車買取金額の最低保証のあるお店が存在するって知ってる?

車を見ながら相談する男性

車を売ろうと思ったけど、ディーラーの下取時や買取業者に「価値がありません」と言われたことはないですか?自分の愛車が価値ゼロと言われると辛いですよね。しかし、中には買取金額を最低保証して1万円や3万円などで買い取ってくれる業者があるのです。果たしてそんな嬉しい業者は本当にいるのでしょうか?また、業者の中には「廃車費用は店負担にするから無料で引き取りますよ」といってくるケースもあります。こういったことを言って来る場合、だいたいその車にはまだ換金価値があります!諦めずに買い取ってくれる業者を探した方が良いですよ!

車を売る時にネット査定・オンライン査定の金額を鵜呑みにしてはいけない

鵜呑み

車を売る際には、予め査定の見込額を知りたいですよね。最近はネット査定やオンライン査定によって、簡単に自分の車の買取相場を知る事が出来ます。しかし、これらで得られる査定額や、一括査定で最初の連絡時に教えてもらえる査定価額鵜呑みしてはいけません、なぜでしょうか。

車を買取業者に売却後に新車が納車されるまで代車を貸りれるのか調査【大手8社に確認】

代車

ディーラーに下取りをして貰う場合、新しく購入した新車あるいは中古車が納車されるまでの間は、今まで通り車に乗り続ける事が出来ます。一方で、買取り業者に車を売却する場合は、車は引き渡してしまうので、そうもいきません。そこで、車を引き渡してから新しく買う車が納車されまでの間、買取り業者から代車を借りる事は出来るのでしょうか?

リサイクル料金は車の下取り・買取金額に含まれる?

リサイクル料

自動車を売却した場合、自動車税やリサイクル料金に関しては、本来手元に戻って来るものですが、実際にはこれらの料金は貰う事が出来ません。ここでは、下取りや買取りの際にリサイクル料金や税金が下取り額・買取り金額に含まれている点に関して解説しています。

交通事故にあった車の評価損・格落ち損を証明する「事故減価額証明書」

交通事故に遭った車には、評価損・格落ち損が発生している場合が有ります。修復歴車となった場合はその金額は10万円単位で発生します。この評価損を証明するのが「事故減価額証明書」です。事故減価額証明書は日本自動車査定協会が発行する証明書です。評価損の示談において提出して交渉するようにしましょう。

車の買取査定の流れと査定にかかる時間

査定

初めて買取業者に査定をしてもらう方にとっては、(出張)査定ってどういう事をするんだろう?どれくらい時間がかかるんだろう、と疑問がたくさん有りますよね。ここでは車の買取り査定の簡単な流れや査定のチェックポイント、査定に必要な時間などについて紹介していきます。