1. 車査定のマニア
  2. ≫自動車保険

自動車保険

【年代別】10代から60代までの自動車保険料の相場と安くする方法

自動車保険の保険料は様々な要因によって変わるので、「自動車保険の保険料はいくらぐらいが妥当か?」と漠然とした質問をされると、即答するのはとても難しいです。そこで、ここでは10代〜60代の各年代毎に自動車保険料の見積りを取り、その結果を保険料の相場としてまとめて紹介していきます。

中古車に「車両保険」は必要なの?目安や必要性・節約方法

車両保険

相手方の被害やこちらの身体に関する被害は、対人・対物・人身傷害保険等で補償してくれるのですが、自分の車に対する補償は車両保険で賄う必要があります。車両保険は、購入後数年経っても加入しておく必要が有るのでしょうか?まここでは、新車購入後数年経ったタイミングや、中古車購入時の車両保険の要否について見ていきましょう。

自動車保険シミュレーションはこの2サイト!図解付きで解説【全20サイトを検証】

自動車保険のシュミレーション

自動車保険に加入する前に、しっかりとシミュレーションをしていますか?自動車保険は、保険会社によって保険料や細かい補償内容が異なるので、自分に合った最適な保険に加入出来る様に、加入前にしっかりとシミュレーションをする必要が有ります。ここではシミュレーションをする前に予め把握しておくべき事について解説していきます。

自動車保険の乗り換えをする時は等級の引継ぎをしっかりと行う

自動車保険の乗り換え

自分が加入している自動車保険の補償内容が最適なものなのか、保険料は一番安いものなのか、という点は気になりますよね。自動車保険の契約はいつでも他社に乗り換えする事が出来るので、今より良い保険が見つかったらすぐに乗り換えるのもアリです。但し、自動車保険を乗り換える際にはいくつか注意点が有ります!

ノンフリート等級制度の意味と等級ごとの割引率

ノンフリート等級

自動車保険の保険料を決める大きな要素として、「ノンフリート等級制度」が有ります。制度が少しややこしいので、きちんと内容を理解している人は意外に少ないかもしれないですね。そこで、ここではノンフリート等級制度の内容や、等級毎に適用される保険料の割引率などについて解説していきます。

新車特約(新車買替特約)って必要なの?いつまで付けられる?

車に乗る女性

新車特約(保険会社によって車両新価特約とか新車買替特約と呼ばれます)とは、車両保険に付帯させることが出来る特約の一種で、車両保険金額以上の補償を受けることが出来る特約です。「新車」という名前がついている事から分かるように、車両登録後2年~5年程度の一定期間しか付帯させることが出来ない、レア特約的なものですが、もし付帯させることが出来るであれば積極的に付帯させた方良いでしょう。特に新車を購入して1年~2年目の契約の方は必要かなと思います。その他、記事内では車両保険との違いやその他の似たような特約との違いまで網羅していますので参考にして下さい。

車両保険金額(協定保険価額)の決め方!ベストな金額はコレ!

車両保険

自動車保険を契約する際に、車両保険もセットで加入する方が結構多いですが、車両保険金額(協定保険価額)をどのように決定すべきか?その決め方を知っていますか?実は、付保できる車両保険金額は車の年式によって結構幅があるのですよ!保険会社の見積もり結果を見て「車両保険金額の設定」って変えられるんだ!とビックリした人も多いのでは?そこでは今回は車両保険金額の設定方法について詳しく解説していきたいと思います。当サイトのオススメは「付保できる車両保険金額の上限」に設定することです。上限に設定しても保険料はそこまで高くなりませんし、事故時の補償金額を大きくすることが出来るからです。

ネット自動車保険の割引率一覧と3つの特徴・メリット・デメリット

ネットで自動車保険に加入

最近は、インターネットを介して自動車保険に加入出来るネット保険が人気ですが、なぜそこまで人気が有るのでしょうか?ここでは、自動車保険にネットで加入するメリットやデメリットについて見ていきましょう。人気だからと飛びつくと、場合によっては逆に損をしてしまう方もいますよ。

自動車保険の見直しは「更新」を含めた4つのタイミングが重要

自動車保険の見直し

自動車保険は万が一の時に備えて加入するものです。契約内容を見直すのを怠って、万が一の際に補償が受けられないというのでは意味が有りません。また、見直しをしなかった為に高い保険料を払い続けていた、という人が続出しています。つまり、自動車保険の見直しをしないのは非常に損だ!という事です。そこで、ここでは自動車保険の見直しをするタイミングや、チェック項目について見ていきましょう。なお、本文では見直しタイミングの例示をしていますが、一番良いのは毎年しっかりと保険内容を確認して適時に見直しを図っていくことです。その事を忘れずに覚えておきましょう。

実際に見積もりして検証!安い自動車保険7選と最安保険を見つける裏技

任意保険の保険料

任意保険を契約している方は、毎月若しくは毎年の様に保険料を支払わなければなりません。車を持っていると、他にも色々維持費がかかるので、出来る限り保険料は安く抑えたいですよね。任意保険には、色々と保険料の割引制度が有るって知っていますか?ここでは任意保険の保険料が安くなる割引制度に、どの様なものが有るかを紹介していきます。

【一目でわかる一覧表付き】自賠責保険と任意保険の違いを6つの項目で比較

強制保険と任意保険

自動車を購入する際に加入する保険といったら、「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と「任意保険」ですが、この2つの保険の違いを知っていますか?「同じ自動車の保険なのに、なぜ2つ加入するんだろう?」って疑問に思った事は無いでしょうか。ここでは、そんな自賠責保険と任意保険の違いやそれぞれの特徴について解説していきます。

車両保険が使える事故・使えない事故のまとめ

交通事故

車両保険に加入していれば、修理代は大丈夫!と安心しきっていませんか?車両保険に加入しているからといって、必ず事故等による修理代に対して保険金がもらえるとは限りません。ここでは、車両保険が使える事故や使えない事故について解説していきます。なお、一般型かエコノミー型かによる使用の可否、等級のダウンについても解説します。

車の任意保険に1ヶ月だけなどの短期間限定で加入する方法はある?

車の模型を持つ女性

車の任意保険って1日や1ヶ月だけなどの短期間で加入する事は出来ないの?友人の車を借りたり、家族の車を借りたり(あるいは自分の車をとある事情で短期間だけ乗る場合)、色々なシチュエーションで短期の自動車保険の必要性が増えてきていますよね。コレに関しては安心して下さい!短い期間だけ自動車保険に加入したい方向けの任意保険も今は色々とありますよ。1年単位の任意保険と比べると価格的にはかなり割高になってしまいますが、もしものことを考えると加入しておかないと不安ですからね。本文で紹介した方法それぞれのメリット・デメリットを把握した上でどの方法を利用するか検討してみて下さい。

車の任意保険の主な補償項目と必要性

任意保険の補償項目

車の任意保険といっても、補償項目は対人や対物、車両保険など多岐にわたります。そして、何でもかんでも補償を付ければ良いと言う訳では無く、自分に合った補償を付ける事が重要です。そこで、ここでは任意保険の主な補償項目や必要性について解説していきます。

【車2台持ち必見】自動車保険(任意保険)を安くする方法

車が2台

車の2台持ちの人の自動車保険を安くする方法を紹介!車を2台所有する人にとっては死活問題となる任意保険の保険料。「なるべく安く!」というのが切なる願いだと思います。そこで今回は2台目以降の自動車を購入する際に等級が6等級から7等級にあがる「セカンドカー割引」や2台以上所有している人が利用できる「ノンフリート多数割引」」などの割引率や条件について解説します。他にも、2台持ちの自動車保険における注意点である「補償の重複」や効率的な補償の組み方についても触れていきます。また夫婦別々あるいは一人で2台持つことが本当に必要なのか?についても考えてみましょう!

車を売却する時は忘れずに任意保険の解約・中断・乗換手続きを行う

自動車保険の解約

車を売却したり新しい車に乗り換える際、加入している任意保険はどうしていますか?そのまま放ったらかしにしていないですか?車の売却時や買替え時に必要な手続を怠ると、後々損をしてしまう事が有るので注意が必要です。そこで、ここでは任意保険の解約や中断、乗換等の手続について見ていきます。

ゴールド・ブルー・グリーン!免許の色で自動車保険料は変わる!?

車に乗る女性

ゴールド免許割引は自動車保険に加入するのであれば必ず利用した割引制度の一つです。この、ゴールド免許割引、保険会社に寄っては最大18%も保険料が割引になるので、非常に大きな割引効果を持っています。この記事では各損保会社のゴールド免許割引の割引率を一覧形式でまとめるとともに、免許証の色でどの程度任意保険の保険料が変わるのか実際に見積もりをとって検証しています。具体的には「ゴールド・ブルー・グリーン」毎の保険料を他の条件は同じものとして「イーデザイン損保・東京海上日動・三井ダイレクト損保」など複数の保険会社で見積もりを取っています。

即日加入可能(当日加入)な自動車保険と必要書類・注意点のすべて

即日加入

自動車を購入したものの、保険の手続を忘れたまま納車日当日になってしまった、というケースが起こる事が有ります。任意保険は入るかどうかは自由ですし、自分で保険会社を選ぶという方も増加しています。任意保険に加入するのを忘れていた事に気付くと焦りますよね。そこで、当日申込みですぐに補償が有効となる様な保険は有るのでしょうか?

JAFいらず?自動車保険のロードサービスを8社を徹底比較!1番良い会社は?

ロードサービスは車のもしものトラブルには欠かせないサービスです。サービス先を決定するにあたって、悩むのが「JAF」か「自動車保険」か、という事。そこで今回はJAFのロードサービスと自動車保険のロードサービスを比較してみました。違いを比較してロードサービスを決定して下さいね。

自賠責保険の解約手続きに必要な書類や手続きの内容

自賠責保険

自賠責保険を解約するには、まず自動車の廃車手続きが必要です。それから自賠責保険の解約手続きを行います。解約手続きには廃車手続きにて交付された書類も必要になります。今回は自賠責保険の解約手続きに関して必要書類や解約返戻金がいつ振り込まれるかなどについて紹介します。

自賠責保険の解約返戻金(還付金)の一覧表

自賠責保険

車を廃車にする場合、車に付帯されている【自賠責保険】を解約しましょう。解約場所は保険会社の窓口にて行います。今回は、自賠責保険を解約した際に戻ってくる「解約返戻金(還付金)」の一覧表を紹介します。解約手続き等を早く行わないと自賠責保険の解約返戻金は少なくなってしまうので注意して下さいね。

【総まとめ】車両保険の基礎!等級への影響や全損時の取扱・判断など。

事故

事故を起こして車両保険を利用すると等級にはどのような影響があるのか?や全損・分損の判断、全損時にどの程度の保険料が支払われるのか?など車両保険の事を理解していますか?自動車保険を契約する際に、車両保険を付帯させる人が多いですが、車両保険がどの様な補償内容なのかしっかりと理解していない人が多いです。補償内容の理解が足らずに、思っていたような保険金を得られなかった・・・という話はよくあることですので、このタイミングで車両保険についてきっちりと理解しておきましょう。どこの世界でも知ってる人が救われるのです!

虚偽申告になる!?自動車保険で走行距離がオーバーした時の事故は補償されるのか?

走行距離

いくつかの自動車保険では契約時に年間の予想走行距離又は過去1年間の走行距離を申告して、それに基づいて保険料が計算されます。この契約には1つ疑問が生じますよね。契約期間中に申告距離より多かくなってしまい事故を起こした時に補償されるのか?という疑問です。深く物事を考える人は「虚偽申告」になってしまうのでは?と考えてしまうかもしれませんが、そこは大丈夫です。しかし、保険会社への連絡はしっかりしておきましょうね。また、ソニー損保やイーデザイン損保など主要ダイレクト型自動車保険について”どういう走行距離区分制”を採用しているのかもまとめています。

車保険は中断したほうがお得?どんな人が中断すべきなのか完全ガイド

自動車保険の等級は、無事故であれば毎年1個ずつ上がっていきますが、解約すると等級がリセットされて6等級になってしまいます。そんなときの為に、中断証明書があり、これを取得すれば10年間等級を維持する事が出来るのです。。ここでは、中断証明書の取得条件や手続について紹介していきます。