車査定のマニア
自動車保険 見直しガイド

車を購入したら絶対に加入しなければならないもの。それが【自動車保険】です。

しかし、初めて自動車保険に加入する人にとって特に任意保険は複雑怪奇な物です。保険料の決まり方もイマイチ納得出来ない事も多いでしょう。「なんで俺の保険料こんなに高いの!?」と疑問に思ったことは無いでしょうか。

そんな悩みを解決するのが当サイト「車査定マニア」の姉妹サイトである「自動車保険 見直しガイド | 一番安いおすすめの任意保険の選び方」です。

自動車保険 見直しガイド

まだデザインが入っていないので、少し無味乾燥なWEBサイトになっておりますが、2015年12月のアクセス数は12万セッションを超えており、如何に多くの人が「自動車保険」に興味を持っているかが分かります。

自動車保険 見直しガイドのアクセス

自動車保険 見直しガイドで勉強できる事

姉妹サイトで勉強できることを以下で抜粋して紹介していきますので、興味の有る方は御覧ください。

自賠責保険の制度概要の紹介

ご存知の方も多いと思いますが、日本の自動車保険制度は強制加入保険である「自賠責保険」と契約者が自由に加入するか否か決定することが出来る「任意保険」の二本立ての保険制度となっています。

一見すると強制保険である「自賠責保険」にさえ入っていれば、交通事故を起こしたとしてもある程度の補償をしてくれるのではないか?と思ってしまうのですが、そんな事は有りません。

交通事故

最近の高額賠償事例では3億円を超える賠償命令が出ることも珍しく有りません。しかし、自賠責保険の最大補償金額は3,000万円(死亡事故の場合)しか有りません。どう考えても自賠責保険だけでは足りませんよね。

しかも、自賠責保険は「対人賠償」にしか使えないません。家屋に突っ込んだり・相手の車両を壊してしまった場合(いわゆる対物事故)には全く補償してくれないのです。

自賠責保険の役割を知って、それを任意保険で補完する必要が有るという事ですね。

損害賠償金額の計算例

こちらは自分が被害者になった場合でも加害者になった場合でも役に立つ情報です。「車査定のマニア」でも、自動車保険の概要部分についてある程度は解説していますが、賠償金額の計算方法については解説していません。

自分が被害者となった場合には「相手に請求できる賠償金額」を把握して細部を詰めていくことが重要です。基本的に相手の保険会社は賠償金額を払い渋る方向に有ります。賠償金額の計算方法の基礎の基礎すら知らなければ、相場よりもかなり下の金額で示談が成立することも有るんですよ。

賠償金額の計算

最近は被害者側の損保が示談の代行をしてくれるので、賠償金額の計算方法を知らなかったとしてもそこまで損を被ることは無いのですが、知らないよりは知っておいた方が良いのは間違い有りません。

また、加害者側としても「賠償金額の相場」を知っておくことで心の準備が出来ますよね。

行政処分の例

こちらは自動車保険や交通事故というよりも、交通違反をした時の「罰則」の紹介が主だった内容になっています。

交通違反の中には、一発で免許取消になったり免許停止になってしまう物も少なからず有ります。特に仕事で車を使う人にとって免停や免取は死活問題でしょう。

行政処分

そうならないためにも車に乗る前に「交通違反の罰則」を確認しておくことが重要です。もちろん、交通違反を犯さない事が一番良いので、自分への戒めのためにもどういう運転の仕方が問題になるのか?キッチリと把握しておきましょう。

また交通ルールを順守すれば、自分が交通事故を起こしてしまう可能性も低くなります。そういう意味でも交通違反の把握は大事ですよ。

年代別の保険料試算記事

自賠責保険の保険料は「地域」や「乗っている車両(普通車か軽自動車かバイクなど)」によって変わるだけで、基本的に誰が加入しても同一です。そこにはいわゆる「ノンフリート等級」の概念も無ければ「年齢による保険料の割引」という概念も有りません。

しかし、任意保険は違いますよね。貴方が事故を起こしやすい人なのか、それとも事故を起こしにくい人なのか?どんな車に乗っているのか・・・etcによって、保険料は大幅に変わってきます。

ちなみに、概してお金のない若年者に不利な保険料体系になっています。まぁ、若年者の交通事故率は30代~60代の現役世代に比べると高いので仕方が無いんですけどね。


そこで、このカテゴリーでは「年代別の保険料相場」や「この車に乗っている○○歳の人の保険料はこれくらいだ!」という物を試算して紹介しています。

100人いれば100通りのプランが出来る自動車保険の世界で、完全に自分の状況と同じ保険プランを見るのは難しいことですが、状況が似通った保険プランを見ることが出来れば、それはそれで参考になりますよ。

自動車保険を安くするために何をすればいいか?

自動車保険を安くする為に何をすれば良いのか?

保険に馴染みの薄い人にとっては頭の痛い問題です。そこで、姉妹サイトでは以下の様な方法を紹介しています(抜粋です)。

  • 車両保険の設定金額の操作
  • 車両保険の免責金額の設定
  • 運転者範囲の限定・運転者年齢条件の設定
  • 不必要な特約の除外と除外するときの考え方
  • 親を含む親族の等級を引き継ぐ方法

いずれも保険料を安くするために有益な方法なのですが、使い方を間違えると大やけどをしてしまう可能性も有ります。保険料が安くなるという事は、それだけ補償範囲が狭くなるという事ですので、「保険料」と「補償」のバランスをしっかりと取る必要が有ります。

このカテゴリーではそこら辺の考え方も紹介しています。

まとめ

姉妹サイトの内容を抜粋して紹介しましたが、かなり盛り沢山な内容となっていますね。

とは言え、多くの人が一番気にしているのは「どうすれば任意保険の保険料を安くすることが出来るのか?」だと思います。その方法は非常に簡単で【毎年自動車保険を見直す事】です。

姉妹サイトでは、自動車保険を簡単に見直す方法も紹介していますし、保険会社毎の割引制度の紹介なども行っています。私も自動車保険の見直しをすることで年間4万円強の節約に成功したことが有ります。

面倒臭がらずに、下記姉妹サイトも見ながら、年に一度は保険内容を見直すようにして下さいね。

自動車保険 見直しガイド | 一番安いおすすめの任意保険の選び方

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の一括見積

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら