車査定のマニア
修復歴車

修復歴車

販売されている中古車が「修復歴のある車か否か」は、中古車を購入する上で非常に重要なポイントです。

ただ、修復歴車には定義が有り、全ての部位の修復が修復歴として表示されるわけでは有りません。基本的に、走行面に影響を及ぼす重要な部位の修復・交換を行った場合に「修復歴有」とされます。

事故車と修復歴車は定義が異なります。まだ、両者の違いを知らない人は下記記事を読んで見てください。
事故車と修復歴車は同じではない~違いを知らないと危険です。

修復歴車の定義-3団体統一基準

まずは、こちらの図とそれぞれの部位の名称を見てください。

修復歴
出典:「日本自動車査定協会

番号部位
フレーム(サイドメンバー)
クロスメンバー
インサイドパネル
ピラー
ダッシュパネル
ルーフパネル
フロア
トランクフロア
ラジエータコアサポート

修復歴車とは、上記図の①~⑧の部位等のいずれかを修復(修正・補修)した車を指します。これらの部位は「車の骨格部分」なので、非常に重要な部位です。

なお、⑨の部位(ラジエーターコアサポート)に関しては、交換されており、かつ隣接する部位に「へこみや曲がり又は修理跡がある車」であれば、修復歴有りの車となります。

また、これらの部位が修復されずに、損傷を負ったままの車も「修復歴車」として定義されます。

これは自動車公正取引協議会日本自動車査定協会日本中古車自動車販売商工組合連合会の3団体統一の定義です。

いずれの部位も、自動車の剛性や強度、走行性能等に関係しており、安全に走行するためには不可欠なものです。

修復歴車が危険な理由

修復歴車の定義が分かったところで、なぜ修復歴車が危険なのか見て行きましょう。答えは簡単。修復歴車は、車の安全な走行及び強度に支障をきたす恐れが有るから危険なのです。

例えば「①フレーム」「②クロスメンバー」に損傷が起こった場合を考えましょう。これらは車の足回りの骨格部分です。つまり、安定的な走行性を確保するために重要な部位です。従って、この部位が損傷を起こすと真っ直ぐ走れなくなったり、安定した状態でカーブを曲がるのが困難になったりします。

また、「④ピラー」や「⑥ルーフパネル」の損傷は、走行性にそこまで影響を与えるわけでは有りませんが、車全体の強度にかなり影響を及ぼします。図を見て頂ければ分かるように、これらの部位は車全体の骨格を支えている部位と言っても良いでしょう。

そこにガタが来ているということは、強度が落ちてしまっているという事です。強度が落ちている状態で衝突事故などを起こせば、車が大破する可能性が高まってしまいますね。


他にも色々有りますが、要は、修復歴車は様々なトラブルを引き起こす可能性が有る車なので、生半可の知識で購入するのは危険という事です。

そもそも、一度大きな事故で全体の骨格が変わってしまった車を、機能面まで新車レベルに復元させる事はほぼ不可能という事は知っておいて下さい。(見た目は復元できたとしても・・・です)。

ただし、衝撃の受け方によっては、元の性能通りに修復する事も可能な場合が有ります。

参考:修復歴車でも安全性のレベルは3つのランクに分けられる

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス