車査定マニア

「車のローン」の記事一覧

残クレの仕組み

突然ですが、最近CMでも見かけることの多い「残クレ」の良いところ、きちんと説明できますか? しっかりと説明できないのであれば、絶対に使わない方がいいです。 仮に説明できたとしたら、あなたが残クレを使うことは絶対にないでし …

MR.自動車ローン

金利が低くて手続きもパソコンや携帯で簡単に出来る、住信SBIネット銀行のマイカーローン「MR.自動車ローン」を知っていますか?ここでは、MR.自動車ローンの金利や審査水準、保証料などについて解説していきます。繰上返済手数料が無料で、100万円以下は収入確認書類も不要ですよ!

自動車ローン

車を購入する際、金融機関のマイカーローンを利用する方が多いですよね。マイカーローンは新車購入時だけでなく中古車を購入する際や車検費用などの支払にも使える、って知っていますか?ここでは、低金利のマイカーローンを新車購入以外で何に使えるのかについて見ていきましょう。

車代金とローン返済

車を買う際、ローンを組む方が結構多いですが、ローンでの支払にすると現金で支払うよりも金利分だけ支払総額が大きくなります。ローン金利が変わるとどれくらいローン会社への返済額は変わるのでしょうか?ここでは、金利毎の返済額を計算してみたので解説していきます。後半では、エクセルでローンの返済額を計算する方法も紹介しています

残価設定ローンの車での交通事故

残価設定ローン(残クレ)で購入した車で事故を起こしてしまった!こんな場合どうなるのでしょうか?この点、事故を起こした事で車に傷がついたり修理が必要になった場合には、残価設定ローン終了期間後の車の評価額にマイナスの影響を及ぼします。つまり、売却するにせよ乗り換えするにせよ追加支払うを求められる事になります。もらい事故など自分に過失がない事故でも愛車の評価額は下がります(追加支払いを求められます)。では、このような被害分を交通事故の相手方に損害賠償請求することは可能なのでしょうか?判例などを見ながら、どの程度認められるのかチェックしておきましょう。

ローン残債

ローン残債が残っている車でも下取りに出す事は出来ます。ただし、下取り車のローン残債を処理しなければなりません。1つの処理方法として「新車のローン」に「下取り車のローン残債」を組み入れる方法が有ります。2つのローンを1つにまとめるわけですね。上乗せローンなんて言う人もいます。但し、下取り車の残価額(下取り価額・評価額のこと)が、ローン残債を下回った部分は少し金利が高くなってしまうというリスクがあるようです。車が故障してしまいどうにもならない!という状況であれば話は別ですが、基本的に上乗せローンを契約するのはデメリットのほうが多いので、新しい車が欲しくても我慢してローンを完済してから次の車に乗り換えた方が良いかも知れません。

公正証書

ローンを組んで車を購入する事が多いですよね。ローンを組む際に注意して欲しい書類が「公正証書」です。全てのローン契約で公正証書を作成するわけでは有りませんが、注意が必要です。間違っても公正証書を作成するための委任状の内容を確認せずに押印する事は避けて下さいね。

車に乗る女性

車を購入する際にマイカーローンを利用する方は多いですが、このマイカーローンの金利相場はどれくらいでしょうか?結論から書きますと2018年2月時点では1%台のローンが最安値と言えます。注意が必要な点としては信販系のローンだと1%台では借りられないということ。1%台で借りられるのは主として銀行系のローンだけです。しっかりとオートローンを比較して損が出ないように申込先を決定して下さい。また、フリーローンや住宅ローンなどの他のローンと比べると、マイカーローンの金利は高いのか?低いのか?を見るためにマイカーローン以外の様々なローンの金利相場も見ていきます。

金利計算

金利の計算方法には、実質金利を使用する方法とアドオン金利を使用する方法があります。実質金利は金融機関が使用する計算方法で、アドオン率はディーラーの信販系ローンなどで使用されますが、それぞれどの様な違いがあるのでしょうか?この記事では両者の違いを解説していきます。

自動車ローン

自動車ローンで自動車を購入する場合、保証には必要になるのでしょうか?金融機関でローンを組む場合は、保証会社が付くので保証人は不要になる事が多いですが、自社ローン等の場合は必要となる事も有ります。ここでは、自動車ローンの種類に応じて保証人の要否や不要となる為の条件等を見ていきましょう。

車のローン

残価設定クレジット(残クレ)ってなんてお得なの!?CMとか見てるとそう思ってしまいますよね。しかし、残クレはそんなにお得ではありません。残クレの仕組みをしっかりと理解せず、営業マンに勧められるがままに契約をしてしまうと大損してしまう可能性大ですよ!しっかりデメリットも理解した上で契約しましょう。代表的なデメリットとしては「ペナルティ(追加料金)が発生することがよくある」という事です。結局、残クレって3年とか5年後に買い取ってもらうんですよ。なので完全に自分の車ではありませんし、自分の車だから良いだろうと改造したり、事故ったりしちゃうと契約期間満了時にペナルティが発生しちゃうんですね。

残クレ

残価設定クレジット(残クレ)は、月々の支払額を抑える事が出来る購入方法です。ローン金利や返済期間は各メーカーによって異なり、特別金利等のキャンペーンも用意されています。ここでは、主要な自動車メーカーの残クレ金利や支払期間等を比較・紹介していきます。

マイカーローン

個人間売買を利用して中古自動車を購入する場合、いわゆる銀行や信用金庫が提供してくれている低利率のマイカーローンを利用する事は出来るのでしょうか?ちょうど知人が中古自動車を個人間売買で購入しようとしていたので、その結果を簡単にまとめてみたいと思います。

元利均等と元金均等

元利均等返済と元金均等返済の計算方法の違い

公開日: 更新日:

ローンを組む際、返済の方法として主に「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」の2種類があります。この2つの方法は毎月の返済金額にどの様な違いがあり、どちらの方が最終的な利息負担額を減らす事が出来るのか?実際の計算例を見ながらチェックしていきましょう。

利息計算

車の利息って本当に勿体無いですよね。無駄に支出が増える訳ですから、誰だって利息を減らしたくなると思います。そして、利息を減らす一番簡単な方法と言えば【一括返済】ですよね。この記事では一括返済する時の返済額を計算する方法とその際の注意点を紹介していきます。

おまとめローン

おまとめローンは、複数の金融機関や消費者金融等からの借入が有る方(いわゆる「多重債務者」)を対象にした、「新しいローン契約により複数の借入を一本にまとめてしまおう」というサービスです。このおまとめローンに「自動車ローン」を含める事が出来るのでしょうか?また金融機関系のマイカーローンと信販系のマイカーローンでは違いが出てくるのでしょうか。

借り換え手続きに関する疑問

マイカーローンの借り換えをする時に、借り換え元(現在ローンを支払っている会社)にはいつ連絡すれば良いの?借り換えの審査は新規借入の場合と違うの?などなど借り換え特有の疑問点というものが存在しますよね。この記事ではそれらの疑問を解消していきます。

自動車

自動車ローンの借り換えの判断をするに当たって知っておいて欲しいポイント・注意点をまとめました。端的に言えば、どれだけ金利負担が軽くなるかで判断して下さいという事を書いています。ただ、借り換えの検討項目は金利だけでは有りません。

頭金

車をローンを組んで購入する場合、頭金をそれくらい用意すれば良いのか?頭金の目安を知りたい人も多いのでは?今回はローンを組む際の頭金の目安や組み方などを紹介しています。フルローンは金利が高くなるので、頑張って貯金をして頭金をなるべく多く用意するようにしましょう。

車ローンの申し込み

自動車ローンの審査に通らない理由をまとめています。また、それぞれの理由でどのような対策を打てば良いのかも併せて紹介しています。自動車ローンの審査に通らなかった場合に気になるのが「その理由」です。通らない理由を知って、今後の審査に備えて下さいね。

住宅ローンと車ローン

住宅ローンと車のローンの関係性まとめ

公開日: 更新日:

2大ローンである「住宅ローン」と「車のローン」。両方のローンを申し込む人も多いのではないでしょうか?その場合気になるのがローン残高の審査や借入限度額に及ぼす影響です。今回は住宅ローンと車のローンの関係性についてまとめたので参考にして下さい。

自社ローンについて疑問を抱く女性

自社ローンとは、信販会社を介さずに、中古車販売店と分割払いの契約を結んで中古車を購入する方法です。今回はこの自社ローンのメリット及びデメリット・注意点について紹介します。主なメリットしては「金利が0%である事」や「審査基準が甘い事」など。ただし、価格が高くなったり、保証人を要したり、支払い回数が少ないなどの多数のデメリットがあるので注意が必要です。これらのデメリットを知らずに自社ローンを利用するのは危険です!自社ローンの仕組みやメリット・デメリットについて理解した上で審査を受けましょう。なお、自社ローン対応の中古車販売店の探し方も紹介しているので、当記事を読んだ後にそれでも利用したい人は参考にしてください。

中古車販売店

中古車販売店の自動車ローンは、一般的に金利が高く、そして審査が甘いと言われています。なぜ、このような事が言われているのでしょうか?今回は、この中古車販売店が提供する自動車ローンの金利が高い理由、そして審査が甘い理由について紹介します。

ローンの金利

自動車ローンの金利は支払い総額を左右する大きな要素の1つです。金利が高ければ当然金利費用が大きくなり、支払い総額も大きくなります。そのため、自動車ローンを組む際には、金利の値引き交渉をして、金利費用の節約を図りましょう。

車を担保にする

車を担保に融資を受けられるのが「車金融」というサービスです。「審査なし」「車に乗ったままお金を借りられる」など、甘い言葉を並べて宣伝が行われているので、銀行などでお金を借りられない人や今お金が欲しい人が利用する事が多いようです。しかしながら、この車金融はあまりオススメ出来ません。金利が高い事に加え、その他の費用も発生する可能性があるので、損をする場合が多いです。人間、目先のお金に目がくらんで行動するとほぼ必ずと行っていいほど損してしまいます。車を担保にお金を借りるくらいなら売ってしまった方がまだマシです。

保証料

銀行系のマイカーローンの特徴の1つが「保証料」です。金利とは別にマイカーローンの契約者が負担しなければならない費用です。この保証料は保証会社が保証人の代わりになってくれる事に対して支払わなければならない金額です。保証料を甘く見ていると、痛い目に遭うので、契約前にチェックしましょう。

労金のマイカーローン

労金(ろうきん)のマイカーローンは金利が低く非常に人気が有ります。保証料を加えても銀行系のカーローンと遜色有りません。その分審査水準は厳しくなっています。ただし、団体会員や組合会員で有れば、審査は少し緩くなっているようです。金利も優遇されるので、組合に加入するのも有りですね。

JA

JAのマイカーローンの特徴を紹介しています。金利や保証料、審査水準など。金利はマイカーローンの中では低い部類ですが、JAの窓口によって異なるので最寄のJAで確認が必要です。なお、JAのマイカーローンの審査水準は、基本的にやや厳しいと考えて良いでしょう。